住宅ローン、みんなはどんなことで悩んでる?一戸建てづくりの先輩たちに聞いた体験談

2019.09.24
「現金一括払いで!」とはなかなかいかない住宅購入の資金。

多くの方が住宅ローンを組んで物件を購入をすることになりますが、結局「よくわからないから、任せる!」……なんて、調べたり考えることを放棄したりしていませんか?


今回は、ieny地域ライターEが新築一戸建て購入の先輩に聞いた、「新築一戸建て建築にまつわるちょっとした後悔」の中で、住宅ローンに関する問題をピックアップしてご紹介します。


信託銀行でローンを借りたけど、毎月の口座の移し替えが面倒くさい!


「信託銀行」って、聞いたことはあるけど正直普通の銀行との違いはよくわからない!という程度の知識しかなかった私たち夫婦。

住宅ローンの事前審査で、ネットで調べた「いちばん金利が安そうなところ」は落ちてしまったので、慌てて金利が安くて保険が手厚いと紹介されていた信託銀行に事前審査を依頼しました。無事に通過したときはホッとしましたね。

もちろん夫婦そろってその信託銀行に口座なんて持っていなかったので、それを作るところから始めたわけですが……微妙にめんどうくさいことがあります。

それが、口座間の引き落とし分の現金移動!

夫の会社の給料振込先が自由に決められたら何の問題もないんですが、残念ながら給与振込先は銀行だけでなく「支店名」までバッチリ指定されています。

私はその給与振込口座から毎月ローンの返済額を下ろして、信託銀行に入金しに行く……という面倒くさいことを毎月しないといけないんです。しかも結構綱渡りな日程なので、毎月慌てるはめに。信託銀行の店舗が近くにあればまだいいんですけど、大きな駅まで行く必要もあります。

母には「送金すればいいじゃない」と言われましたけど、送金手数料って結構高くて毎月となるとバカにできません。

ローンを返し終わるまで、毎月の銀行回りを続けないといけないですね……。
(Aさん・新築注文住宅建築後2年)


出入りの信金さんに選ばなかったらぶつぶつ言われる

一部上場の「大手優良メーカー」に勤めている夫。福利厚生も手厚くて、その一つに会社を通じて申し込むと金利が優遇される住宅ローンがありました。

審査の面倒くささもないし、せっかくの福利厚生、使わない手はないよね、とそちらで申し込むのは即決だったのですが、面倒くさかったのが義父の知人!

家を建てるのは義父の持つ土地だったので、「工務店ならここがいい」「ハウスメーカーならあそこでないと」なんてなんやかんやと口を出されてしまったのですが、いまだに信用金庫にお勤めの義父の知人さんが「いやー住宅ローンだったら、任せてほしかったなあ」って顔を合わせるたびに言ってきます。

そりゃ、義父とは長い付き合いかもしれませんけど私たちは関係ないし!なんでわざわざ福利厚生使わないでちょっと高い金利を選ばなきゃいけないの?って思いませんか?

「なんなら、住宅ローン借り換えませんか? 車のローンは? 」

地方ならではの密着感でぐいぐい来られるので大変です……。
(Bさん・一戸建て建築後3年)


10年前に組んだローン。最近の金利を知って超ショック。


家を買って初めて「ローン」を組むことになった私たち夫婦。どんな家を建てるかばかりに気が向いていて、住宅ローンについては正直あまり意識していませんでした。

それに、普通預金をするときだって「近所にある銀行」「ATMが便利な銀行」くらいのイメージで口座を作っていて、金利が大きく違うこともないじゃないですか。住宅ローンなんてどこでも同じ印象があったんです。

なので、「このハウスメーカーさんにお願いしよう!」と決めたとき、あわてて仮審査に出す銀行を探したくらい。結局、そのハウスメーカーさん提携の銀行におねがいすることになりました。すべて書類も整えて、あとはサインするだけで全部お手伝いしますから……というのが頼もしかったのと、何しろトップクラスの都市銀行さんだから安心だと思って。

今思うと、最初に勉強をきちんとしなかったのが悪かったんですね。金利が0.2%違ったら、何十万円も支払総額が変わるなんてピンと来ていませんでした。

同じころ家を購入した義兄夫婦が何年か前にローンの借り換えをして、総額200万近く返済額を減らしたらしいんです。そう教えられてもイチから勉強しなおすにはハードルが高くて……単純に今の金利を見て、ため息の毎日です。
(Cさん・新築一戸建てを建築後3年)

「一戸建てで後悔したこと~住宅ローン編」をお送りしました。

「お金のことはしっかり考えなきゃ! 」と思っていても、専門用語や書類も多く、しっかりすべて把握してチェックするのはハードルが高いのが住宅ローン。

「土地売買契約を済ませて、建物の契約までの時間がないなか、急いでローンを通したいから焦って契約しました!」という時間のなさが慌ててしまった原因かも……というお声もいただきました。

「どこでも同じでしょ?」と思わないで、プロに相談するなどしながらしっかり比較検討することが必要です!

完全注文住宅のハウスメーカー・アイダ設計では、あなたのお家づくりを資金のご相談からしっかりサポートします。

一戸建ての資金計画、はじめてでは誰でも悩んでしまうものです。そういうときに聞きたいのは、やっぱりプロの話!

アイダ設計では、ローンアドバイザーが多数在籍。資金の計画からしっかりと相談に乗り、無理がなく、金利の負担も抑えたプランをご提案します。

家づくり・資金計画のご相談は無料です。どんなことでもお気軽に、お問い合せフォームからどうぞ。資料請求もこちらのフォームから可能です。