自宅で心置きなく洗車したい!新築一戸建て「洗車スペース」づくりのポイント

2022.08.08 烏田千洋
「自宅で時間を気にせず、心ゆくまで愛車を洗いたい」「一戸建てを建てるなら、ぜひ洗車スぺ―スをつくりたい」

「家で洗車をするために一軒家を建てようとしている」と言っても過言ではない、という人は少なくないはず。

とはいえ、洗車問題は近隣トラブルの原因になったり、思いのほか使い勝手が悪くて満足に洗えないなどの課題もつきまとうようです。


充実した洗車ライフのために、戸建て住宅での洗車スペースづくりで注意したいポイントをまとめました。


洗車スペースのエリアについて

スペースは余裕をもって


限られた敷地面積で洗車できるスペースを確保するためには、駐車スペースで洗車できるようにするケースが大多数ではないでしょうか。

駐車スペースは、使用している車の大きさや台数を考慮して、スムーズに駐車できて、乗車する人が車から乗り降りしやすいスペースをとることが理想的。さらにそこで洗車をするためには、所有台数×1.5程度の余裕をもった広さを確保できるとよいようです。

車のまわりをぐるりとまわって洗ったり、ホースや脚立などの洗車道具を置いておくスペースも必要になります。

地面は、コンクリートがよい



地面は、少なくとも水を吸い込まないタイルや、できればコンクリートが適しています。脚立を使う場合も、安定して立てられますよ。

洗車では水を使うため、芝生や土だと水を吸い込んでぬかるみになってしまい、せっかく洗った車に泥はねなどの汚れがついてしまうなんてことに……。

さらに排水を考えると、地面には微妙な傾斜を付けておくことが重要。これは雨水の排水にも関わる問題ですので、カーエリアの設計においては洗車を抜きにしても配慮されるべきポイントですね。

周囲は、壁があると“なおよし”


洗車中に、ホコリやゴミなどが飛来してくっついたところをタオルで拭いて傷になった! なんてことがないよう、周囲は壁や高い建物があるといった風が吹き込まない条件の場所が理想的。

塀がある敷地、もしくは塀をつくる予定なら問題ありませんが、フェンスを建てるもしくは塀は作らない予定という場合は、隣地への水の流出を防ぐためにも側溝か、ワンブロック積み上げた境界を設けるとよいでしょう。

日差し除けに、屋根付きカーポート


日差しを遮ってくれる屋根があると、濡れた車体が日差しで乾いてしまってシミになるといったことも防げます。何よりも、洗車している人間も日差しから守られるので安心です。

また、洗車は雨の日に限るという人にとっては、雨除けの屋根は必須ですよね。

接面道路の排水環境もチェック



接面道路に排水溝がないという場合は、接面道路を伝って洗車の排水が道路へ流れ出てしまうことになります。カーシャンプーを使って洗車している場合ならなおさら、泡が道路に流れ出て近隣の迷惑にもなりかねません。

洗車スペース内だけでなく、周辺の排水環境についても配慮した位置取りをしたいものです。


洗車スペースの設備について

水道は、近くに



なかには家の中の蛇口から長いホースで水を確保するという猛者もいるようですが、理想的には洗車スペースの周辺に水道の蛇口をとりたいところ。

さらに水を流すホースは、車のまわりをぐるりと一周できる程度の長さがあると、愛車の全方位を心置きなく水で流せますよ。

高圧洗浄するなら、電源を


高圧洗浄機で洗車をしたいという場合は、電源の確保もお忘れなく。

延長ケーブルで電源を確保するという手もありますが、ケーブルの取り回しが面倒だったり、使っていない場合の保管場所も必要になり何かとハードルが高いケースも。

水道や電源といった設備は、新築工事の際にまとめて対応しておくのが得策です。住み始めてから気付いてリフォームをとなると、余計な費用だけでなく、せっかくきれいに仕上がったコンクリートを剥がす・外壁に穴を開けるなど物理的な負担もかかってしまいます。

>>屋外コンセントって必要?実はかなり使えます!【新築一戸建てに入れたい設備】


地域のルール・マナーを守って快適な洗車ライフを!

今回は、快適な洗車スペースづくりのポイントをご紹介しました。

ときには排水や水の飛び跳ねなどで近隣トラブルになることもある洗車問題。家での洗車は水洗いにとどめて、カーシャンプーを使った洗車は、コイン洗車場で行うという人もいるほど。さらに、地域によっては、排水がそのまま河川に流れ出て農業用水になるというエリアもあるようです。

お住まいの地域のルール・マナーを守って、最高の洗車スペースづくり・洗車ライフを叶えてください。

>>駐車場・自転車置き場の確保ってどうしてる? 狭小住宅でも失敗しないコツ
>>まるで本物?敷地をかっこよく仕上げる「スタンプコンクリート」のエクステリア


必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

自宅でサウナ三昧したい! 戸建て住宅にホームサウナを設置するには?

2022.9.9

「水槽がある家」を作るときに考えておきたいこと

2022.1.24

「書庫のある家」を建てたい!本の保管、新築の際に気をつけることは?

2021.12.6

趣味を楽しむ一戸建ての工夫、先輩たちに実例を聞いてきました!

2020.6.10

一戸建てのインターホン&ポスト、門扉につける?玄関につける?

2020.2.13

車は持っていないけど...駐車スペースを一戸建てに作るメリットとは?

2020.1.15

この記事を書いた人

烏田千洋

編集・ライター
家の建て替えか、リフォームか迷いつつ情報収集の日々。憧れは、トリプルガラスの樹脂窓と、全自動おそうじ機能付きの換気扇、朝日の入る日当たりのよいお家! 趣味、園芸。日本のいいね!が、見つかるメディア『japonism』編集長