いくらのマイホームを買えるか、把握できていますか?【WEBデザイナー小林、注文住宅を買う。第4回】

2021.05.10 ieny編集部
―― これは、妻子持ちのサラリーマン クリエイターが紆余曲折のすえに夢のマイホームを建てるまでの物語である。

サムネイル
1月が過ぎ、2月、3月になると、時が経つスピードが途端に早くなる気がするのは、僕だけでしょうか?

あ、みなさんこんにちは、都内のWEB制作会社でデザイナーをしている小林徹(32歳)です。妻・ヨシ子(27歳)と息子の太郎(3歳)の3人で、練馬区某所、2DKの賃貸マンション(月12万円)に暮らしています。

マイホーム購入のために、前回はファイナンシャルプランナーの飯島さんの元を訪れ、マイホームにかかる諸費用について具体的に教えてもらいました。

今回は小林家が、実際にいくらくらいのマイホームを購入できるのかを、飯島さんに教えてもらいました。

そもそも、いくらまでが現実的なのかなんて、正直考えたこともなかったです……。


頭金は、マイホーム金額の2〜3割を目安に

FPとの相談
FP飯島さん:前回に引き続き、今回は小林家が、どのくらいの金額のマイホームを購入できるのかを見ていきましょう。

小林:ちょっとドキドキしますね。そういえば、飯島さん、よく「頭金ゼロでもOK」と謳った不動産広告を見かけるのですが、僕も頭金無しでもいけますかね!?

FP飯島さん:そうですね、確かに頭金ゼロでも100%融資が受けられる金融機関も多数あります。でも、基本的に自己資金無しで家を建てることを考えてはいけません! なぜなら「借りられること」と「返せること」はまったくの別物。夢のマイホームを建てた後に、家計が火の車になってしまったらと考えてみたら、どうですかね?

小林:確かに、恐ろしいです。息子も大学までは行かせてやりたいし……。

FP飯島:頭金の目安としてはマイホームの金額の2〜3割を目安としましょう。もちろんこれはあくまで目安ですから、多ければ多いほどいいです。では、その自己資金を確実に用意しておくためには、どうすればよいと思いますか?

小林:貯金ですか?

FP飯島:そうですね! とくに「積立定期預金」がオススメです。一定の額が毎月、自動的に貯金にまわりますし、引き出すためには解約する手順を踏まないといけません。だから貯まりやすいんです。

小林:そういえば妻が「積立定期預金」をしていると言っていたような……。

妻が積み立てをしていることを思い出す
FP飯島:素敵な奥様ですね! では、次に借り入れ可能な金額を見ていきましょう。


ローンを組む時は、「いくらなら安心して返せるか」を基準に

FP飯島:借入金についてですが、借り入れする人の収入で限度額が決まります。また、銀行などの金融機関は、年間の返済額が年収の25〜40%の範囲で借入限度額を設定しているんです。下の表を見てください。小林さんは年収500万円とのことですから、返済比率40%(金利3%)で考えると約4300万円を借りられるわけです。


小林:え! そんなに!! じゃあいい家が建てられますね!!

FP飯島:ちょ、ちょっと待ってください! 先ほどの頭金でも言ったように、「借りられる額」と「返せる額」は全然違うんです。奥様と作成して頂いたライフプランシート(※詳しくは第1回記事をチェック! )にも書いてくださったように、今後は息子さんの教育費もかかりますね。あとはお二人のご両親も今はご健在かと思いますが、これから介護費用がかかることも想定されます。小林さんや奥様が病気になってしまう可能性だってありますよね。そうした先々のリスクも鑑みながら、「無理なく返せる額」を算出していきましょう。

小林:あ、ありがとうございます!


無理なく払える、「返済可能額」を計算する

FP飯島:まずは「現在の払っている家賃」と「月々の住宅資金として貯蓄している金額」を足してみてください。それが将来、「住居費」に充当できる金額になります。


FP飯島:ただし! 月々の貯蓄をすべて住居費にしないようにしてくださいね。小林家はまだお子さんが小さいですから、今後教育費もかかってきます。また先ほど申したように、ご両親の介護費やお二人が病気になった際の治療費、そして老後資金など、ライフイベントで想定される貯蓄は残しておく、さらには貯蓄をコツコツ増やしていく必要がありますからね。

小林:なるほどー。

FP飯島:1の金額が算出できたら、次にそこから「住宅の維持費」を差し引きます。家は購入したら終わりではありません。固定資産税や修繕費など、家を維持していくためには、意外とお金がかかるんですよ。ほら、台風などが来て、家を補修しなきゃいけなくなることだってあるわけですからね。

小林:確かに。でも、修繕費がいくらくらいかかるなんて見当もつかないのですが。

FP飯島:そうですね。一戸建ての場合は、年間で15〜20万円を目安としておきましょう。この「住宅の維持費」を先ほどの「1」の費用から差し引きます。こうして出た金額が小林家の“年間”の返済可能額になるんです。


FP飯島:次に返済できる期間を算出していきます。住宅ローンは定年までに完済するのが普通です。小林さんの会社の定年は何歳ですか?

小林:65歳です。まだまだ先は長いなー。

FP飯島:では、「定年退職の年齢」から「返済開始の年齢」を差し引いてみましょう。これが「返済可能期間」です。


FP飯島:そして、金利別での借入可能額も見ていきましょう。下の表を確認してください。たとえば、返済期間が35年で金利1%のローンを利用したとすると、借入可能額は2952万円です。最後に、これまでの集大成です! いよいよ「返済可能額」を算出します。表Bの金額は年間返済額100万円あたりの借入可能額ですから、そこに2(=年間の返済可能額)を掛けて100万円で割り、適切な借入可能額を出します。これが、安心して返済できるローンの金額になるわけです。

ローンの借入可能額と金利

FP飯島:また頭金に、上で計算した「4」の金額を足すと、無理なく購入できるマイホームの上限費用が算出できるんです!


小林:す、すごい。こんなにしっかり計算していくんですね。でも確かに、一生ものの買い物なわけだし、購入前に自分たちが現実的に購入できるマイホームの額と、無理のない返済可能額を知っておけば、購入後の安心にもつながりますね。漠然としたローン返済の不安が、すっきりした気がします。


マイホーム購入後の「安心」を得るために、購入前に「計算」を。

WEBデザイナーの小林さん、FP飯島さんのレクチャーを受けたあとに、早速、奥様と「積立定期預金」がいくらあるのか? 頭金をいくらにするのか? 「月々の住宅資金にまわす金額」をいくらにするのかを話し合い、共有して、小林家が無理なく購入できる「マイホームの金額」と「ローン返済可能額」を計算したようです。

小林家のマイホーム購入計画、いよいよ本格的に動き出してきましたね!

さて次回は、奥様と話合いを重ねている中で出てきた疑問に触れていきます。それが「ローンの種類」。

ローンを組むと一言でいっても、さまざまな種類があるようです。小林さんと一緒に勉強していきましょう。


家族の理想を叶えるなら、やっぱり注文住宅

初めての家づくり。分からないことが多く、理想の家を作ることができるかな……と不安な方もいらっしゃるでしょう。

不安が多い家づくりも、プロと一緒なら安心! 完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計は、わが家の理想を叶えてくれるお家づくりのアイデアがとても豊富です。

今なら、アイダ設計では毎日を過ごしやすくしてくれるさまざまな間取りアイデアが掲載されているカタログを無料でプレゼント中です!

在宅ワークにもピッタリのプライベートスペース

陽光を取り入れてくれるバルコニーデッキ

カタログの申し込みはこちらから、もしくは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

家づくりを考えている方にとって、お役立ちな情報が盛りだくさん! ダウンロード方法は簡単♪ 下のフォームからメールアドレスを登録する登録だけなので、気になった方は、ぜひダウンロードしてみてください!

アイダ設計では、経験のある設計士が一から図面を起こしてくれるので、さまざまな工夫がつまった、敷地の面積や形にあったお家づくりを実現します。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

【経験談】いよいよ新築に引っ越し! 家電は一気に買い替える? 買い替えない?

2021.3.1

家づくりにかかる税金と軽減措置、段階別でまとめました【2020年版】

2020.7.13

住宅ローンの金利をお得にするには?ハウスメーカーでのローンを一から教えてもらいました

2019.9.18

良質な住宅でポイント発行! 次世代住宅ポイント制度を詳しく解説!

2019.8.13

モデルケースで考えてみよう・後編~家を建てたくなる?!ゼロから教えて!住宅ローン ~初心者必見!ベテランFPに聞く住宅ローンの基礎知識~ Vol.4

2017.7.6

モデルケースで考えてみよう・前編~家を建てたくなる?!ゼロから教えて!住宅ローン~初心者必見!ベテランFPに聞く住宅ローンの基礎知識~ Vol.4

2017.7.4

この記事を書いた人

ieny編集部

皆さまの“楽しい家づくり”をサポートしたい! 『楽しく、後悔のない』家づくりをするために必要な情報を、日々こつこつと集めては吟味をしている。息抜きは100均パトロールで、お得に便利なものを探して報告しあう毎日です。