引っ越し祝いはアレンジ蕎麦でおもてなし♪ 「カップサラダ蕎麦」のレシピ

2016.10.13 平沢あや子

引っ越しのご挨拶に「引っ越し蕎麦」を配るようになったのは江戸時代中期の頃、江戸を中心に始まった習わしだそうです。その意味は、江戸っ子の洒落をきかせた『おそばに細く長くお付き合いを』『そばに引っ越してきました』などという意味があるようです。近年では配ることは少なくなり、ご家で食べることが多いみたいですね。そんな時はご近所の方とのご挨拶がてら、お家でさっと食べられるお蕎麦はいかがですか!ひとつひとつグラスに入れているので、立食でも楽しく食べられます♬

<材料>6 人分

  • 蕎麦(乾麺) 2 束
  • ミニトマト 3 個
  • アボカド 1/2 個
  • むき海老 6 尾
  • 水 300ml
  • コンソメ 小さじ 2
  • 塩 少々
  • A:粉ゼラチン 5g
  • A:水 大さじ 1 
  • 小ねぎ 2 本

<作り方>


1. ボウルに、Aの水と粉ゼラチンを加えて、ゼラチンを溶かす。 



2. 鍋に水・コンソメ・塩を入れて沸騰させたら火を止めて、1のゼラチンを入れる。ゼラチンが溶けるまでしっかり混ぜる。 



3. バットに入れて粗熱を取り、冷蔵庫で30分ほど冷やし固める。



4. 蕎麦を、パッケージの表示通り茹で、冷水で冷ましてから水気を切っておく。



5. 小ねぎは小口切りに、むき海老はさっと茹でる。アボカドは、薄切りにする。 



6. カップに、そば・アボカド・海老、ミニトマトの順に詰め、最後に冷やした3をスプーンで崩してジュレ状にしたものをのせる。

<ポイント>

ジュレは大胆に崩すと、きらきらとしたきれいに仕上がります。食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておきましょう。アボカドに塩水を少々かけておくと、変色を防げます。中に入れる具材は、季節のお野菜をのせて楽しむのがおススメです。


平沢あや子
料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。

関連記事

新築一戸建ての「冷蔵庫」選び、知っておきたいことを経験者に聞きました

2022.2.18

寝正月にもピッタリ!イッキ読みしたいお家づくり記事6選

2022.1.1

新築キッチンで使いたい!「ホットクック」試用レポートとキッチンづくりで気を付けたい点

2021.9.1

ヨーグルトで健康をキープ!料理への活用レシピをご紹介

2020.5.15

今日の献立で迷わない! シンプル調理の簡単おかず【5選】

2020.5.11

気になるキッチンや水回りの掃除に!重曹、セスキなどの使い分けをマスターしよう

2020.5.1

この記事を書いた人

平沢あや子

料理家
料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。