住宅をオール電化にすると火災保険が安くなるのは本当?

2016.08.19
最近では新築やリフォームする場合、オール電化を検討することは当たり前になりました。オール電化はガス代や電気代がお得なことや、安全性や快適性が高いことが知られています。しかし、オール電化で保険が割引になる、オール電化割引があることはあまり知られていません。ここではオール電化割引について詳しく紹介していきましょう。


オール電化で安くなる保険とは


オール電化で安くなる保険というのは火災保険です。そもそも火災・落雷・爆発などが原因で、家や家財道具が損壊した場合に補償が受けられるものです。対象は建物か家財のどちらか片方か両方になります。せっかく購入した一戸建てには火災保険は必須ですが、無駄な補償が付いた保険で保険料を支払うことはさけたいものです。そこで保険を見直す方や、オール電化を導入したい方におすすめの保険がオール電化割引の火災保険なのです。

取り扱っている会社は2社


火災保険でオール電化割引をおこなっている保険会社は2社です。2016年4月現在はAIU保険とセコム損保がオール電化割引を扱っています。同じ名称の割引制度ですが適用される条件は細かい点が違いますので、条件を確認する必要があります。適用条件とは住宅内の設備の熱源が電気を使っている住宅です。2社のオール電化割引の割引率を比較すると、結果的にAIU保険の方が高いです。AIU保険の規定は、建物・家財を収容する建物がオール電化であるというものです。また、可動式の灯油ファンヒーターやカセットコンロの補助目的での使用は問わないので、多少、規定が緩くなっています。一方でセコム損保の規定は、住宅内の空調・給湯・調理など全部の施設を電気で動かす住宅というものです。しかし、石油ストーブやガスヒーターを使用している場合は適用とならないので、条件が厳しいという点が大きく違います。

オール電化住宅の割引率


オール電化住宅のオール電化割引の割引率は保険会社によって違いがあります。AIU保険のオール電化割引の割引率は約20%割引です。次にセコム損保のオール電化割引の割引率は約7%から17%の割引です。この差は家の構造が全て同じではないためです。家を建てるだけでもお金がかかるので、みなさん火災保険料の負担を軽くしたい方がほとんどです。そのためオール電化割引を念頭に置いた計画を考えれば、負担が軽く補償が手厚くなります。

まとめ

オール電化はガス料金や深夜料金などでお財布に優しく、環境にも優しいことは知られていますが、火災保険の保険料が割引になることはあまり知られていません。この機会に自宅を改築したり、新築しようとしたりと考えている方は、AIU保険とセコム損保の火災保険のオール電化割引の適用を目指して計画を検討することをおすすめします。