これは使える!リフォーム補助金活用術3選

2016.10.09


リフォームをする際に有効活用したい「補助金」ですが、一概に補助金と言っても様々…。期間限定で募集されたかと思うと、ふと気が付いたら終了、かと思えばまた新しい補助金の公募が開始している?!なんてこともしばしば。全てを把握するのは難しい部分がありますよね。そこで、今回はリフォームの補助金を有効活用するための方法をポイントを押さえて分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

1. まずは補助金を一気にWeb検索!

補助金の情報に辿り着くにはWeb検索をフル活用しましょう。検索には以下のような関連ワードを入れましょう。

  • 国 リフォーム 補助金(支援)
  • 横浜市(住んでいる地域) リフォーム 補助金(支援)
  • 社団法人 リフォーム 補助金(支援)
  • 窓 リフォーム 補助金(支援)
  • 屋根 リフォーム 補助金(支援)
  • 玄関 リフォーム 補助金(支援)
  • 耐震 フォーム 補助金(支援)
  • 介護 フォーム 補助金(支援)
  • 省エネ ォーム 補助金(支援)

細かく調べることで最適な補助金に出会うことができます。

2. さらに最新の情報を検索!

さて、上述のような検索方法だけでは最新の情報が出てきません。そこで最新情報だけに絞って検索してみましょう。GoogleやYahoo!には「検索ツール」という項目があり、ここで、公開された期間を絞ることが可能です。例えば、「国 リフォーム 補助金」の検索結果に対して「1ヶ月」の期間を指定して絞り込むと、ここ1ヶ月内に公開された「国 リフォーム 補助金」に関する情報に辿り着けるというわけです。「この補助金がいいな」と思っていたのに、実は情報が古く、ずっと前に公募が終わっていた、というようなミスもなくなります。

3. 移住して中古物件をリフォーム

空き家対策から、中古物件のリノベーション、リフォームの支援に力を入れている自治体があります。

  • 長岡市住宅リフォーム支援事業
  • 越前市まちなか空き家等リフォーム支援制度
  • 岡山市空家等適正管理支援事業(リフォーム)
  • 福井市空き家リフォーム支援事業
  • 鹿児島市安全安心住宅ストック支援事業
  • うるま市住宅リフォーム支援商品券発行事業

移住を検討しておりそのチャンスをうかがっているなら、これらはぴったりの自治体です。住みたい地域・補助金額・引っ越し費用などを加味して検討してみてください。補助金が移住を実現させる最後のひと押しになることも!

補助金は自分にフィットした最新のものを、いかにきちんと探すのかが重要になります。また、常に補助金の情報をリサーチしておけば、補助金額の相場を掴むことができるため、お得な補助金を見つける可能性がぐっと高まります。ぜひ、今回の記事も参考にしてみてください。