その暖房、間違ってない!? 採暖と暖房の違いを知って、賢く快適な家づくりを!

2022.03.02 烏田千洋
冬の寒さも落ち着いたといっても、身体の冷えはまだ感じる……。お家のなかに居てもすきま風やからの冷気で身体が冷えるから、いまだに電気ヒーターやこたつにかじりついている……という人も多いのではないでしょうか。


電気ヒーターやこたつは暖かいけれど、一歩そばを離れてしまうと寒いですよね。それって、暖房の仕方が間違っているかも!?

賢い家づくりのために知っておきたい、暖房の豆知識をご紹介します。


「採暖」とは?

こたつといえば、冬の風物詩ともいえる暖房器具。あったかーいこたつに入って、みかんやアイスを頬張る……冬の楽しみのひとつでもありますよね。


でも、厳密にいうとこたつがしているのは「暖房」ではなく「採暖」なんだとか。

採暖とは、家全体ではなく局所的に「暖」を「採」る暖め方のこと。こたつや電気ストーブ、古くは火鉢など、日本の暮らしにはなじみ深い冬のアイテムですが、これらがしているのはすべて採暖なんです。

人が居るところだけを暖めて、離れるときは器具の電源を切るというのが基本的な採暖の考え方。家の中でも一部屋だけをエアコンで暖めることも採暖とされます。

では、「暖房」というのは何かといえば、本来は「家全体を暖める」こと。欧米では、セントラルヒーティングといって家全体を暖めるという考え方でつくられた暖房システムが多く、日本でも寒冷地の北海道ではセントラルヒーティングの住宅が一般的といわれます。

採暖のメリット・デメリット


採暖のメリットは、なんといってもすぐ暖かくなること。電気ストーブやこたつは瞬間的に暖かくなり冷えた手足を暖めてくれます。

でも、当たっている部分は暖かいけれど、電気ヒーターに向いていない背中側は寒いし、こたつも一歩出れば寒い……。さらに、エアコンで暖めた部屋を出て、トイレやお風呂場に行くと外のように寒い!

これらは、まさしく採暖のデメリット。暖かい部屋と寒い風呂場の温度差は、気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こるヒートショック現象の原因にもなってしまいます。

それでは、家中に電気ストーブやこたつやエアコンを設置して家全体を暖房すればよいかといえば、それでは光熱費がかかりすぎてしまいます。


寒さ対策の決め手は「断熱」

光熱費の心配をせず、効率的に家全体の快適性をあげるために大切なのは、家の「暖め方」ではなく、建物自体の「断熱」です。

断熱とは、冷気や熱が建物のなどの開口部や躯体を伝わって出入りするのを防ぐこと。そのために、住宅の壁や屋根、床などには断熱材が使われています。

断熱材がきちんと設置された建物の室内では、外気温の影響を受けにくいだけでなく、エアコンで暖めた/冷やした空気の温度も変化しにくく、冷暖房効率が上がります。

外気温に影響されにくいということは、エアコン使用率自体も下がるため、快適な上に光熱費の心配も少なくなるという嬉しいおまけまでついてきます。

日本では古くから、住宅の換気をよくして採暖で寒さをしのいできたという歴史があり、古い家では断熱材が入っていない、もしくは入っていたとしても老朽化によって、断熱効果がない/少ないという場合もあるそう。

お家の断熱性能は、リフォームで強化することもできます。しっかりわが家の断熱状況を把握して、適切な断熱性能を備えた住まいにしたいものです。



必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

地震に強い家を建てるには? 地震の力を面で分散する「耐力面材」とは【メーカーインタビュー】

2022.11.7

【お宅訪問】無垢材は経年でどうなる?築17年の建築家の家で教えてもらいました

2022.9.12

新築住宅の「つけてよかった!」ちょっとしたオプション、どんなもの?

2022.7.29

やってよかった施主支給品!お気に入りのアイテムを先輩たちに聞いてきました

2022.6.29

「ニッチ」と「ヌック」、2つの小さな空間でインテリアにメリハリを!

2022.4.20

土地購入で気をつけたい!土地の境界線トラブル防ぐには?

2022.3.21

この記事を書いた人

烏田千洋

編集・ライター
家の建て替えか、リフォームか迷いつつ情報収集の日々。憧れは、トリプルガラスの樹脂窓と、全自動おそうじ機能付きの換気扇、朝日の入る日当たりのよいお家! 趣味、園芸。日本のいいね!が、見つかるメディア『japonism』編集長