家事動線はローコスト住宅でも実現可能!家事ラクを叶える間取りを学ぶ

2019.10.16
毎日の生活から切っても切り離せない「家事」。

料理に洗濯に掃除に…… 忙しいときは勘弁してー! と叫びたくなってしまうこともしばしば。

そんな面倒な家事を少しでもスムーズにできたら……と考えたことはありませんか?

そこで、今回はこれから家を建てたいと考えている人に知ってほしい「家事動線」について解説!


「よく聞くけれど、意味は分かっていないかも……。」
「具体的に、“家事動線”を踏まえた家づくりってどうすればいいの? 」

そんな悩みを解決! 家事動線の基本はもちろん、間取りまで解説していきます。

これを読めば、あなたも家事動線マスター

【みんなの“間取り”の悩みを見てみよう! 】


「家事動線」とは

「家事動線」とは、文字通り家事をする際に移動する経路のこと。この動線が短ければ短いほど、家事をスムーズにこなせるとされています。

朝や夕方、家事をする人たちは、料理をしながら洗濯や掃除、子どもたちの世話など、いくつもの家事を同時に進行することが多いですよね。気づけば、キッチン洗面所を何度も往復していた……なんてことも当たり前。

この何度も行われる移動を「少しでも短くしよう! 」、つまり「無駄な移動を無くそう! 」というのが家事動線の考え方となります。

では、日常で生じる“無駄な移動”をなくすにはどうしたら良いのでしょうか?


家事動線に大切なのは“間取り”!

“無駄な移動”をなくすために工夫をしなくてはいけないのは、ずばり「間取り」です。

一般的に、無駄をなくす間取りとされているのは

1. 水廻り(キッチン・洗面室)を近接させていること
2. 洗濯物を干すスペース(ベランダやサンルーム等)をなるべく近い場所に配置すること

の2つとなります。

また、食品を保存しておくパントリーなどの収納が近くにある等も大切なポイントの一つ。

たとえば、キッチンから洗面室までの間で曲がらなくてはいけなかったら……距離・時間を無駄にしていることがわかりますよね。

では、どんな間取りが家事動線に対応しているのでしょうか。

「キッチンと洗面室が近ければいいんでしょ! 」というのは少し乱暴すぎます。ここからは、具体的に家事動線にこだわった間取りをみていきましょう!


“平屋”でも叶う動線を意識した間取り


朝のバタバタは“複数設置”で解決!

出典:間取りプラン集|アイダ設計ハウスメーカー
★ポイント 
洗面台が2つ設置しているので、朝のバタバタが解決!

朝といえば、家事はもちろん、身支度にも時間がかかります。
家事を終えても、家族でごった返した洗面室を見たらイライラも募るというもの……。

そんなイライラを解消してくれるのが、こちらの間取り。
洗面台が2つ設置しているので、朝の身支度も待ち時間なくスピーディーに終わらせることができます。

十分な収納で家事のしやすさをサポート!

出典:間取りプラン集|アイダ設計(ハウスメーカー)
★ポイント
調理器具や日用品がしまえるパントリーをキッチン横に配置

こちらの間取りでは、キッチン横にパントリーが配置されています。そのため、忙しい朝でも余計な移動なく、必要なものを取りだすことができます。
デッドスペースを収納に活用した間取りとなっています。

洗面室から直線で行けるウッドデッキで洗濯物干しのストレスをゼロに!

出典:間取りプラン集|アイダ設計(ハウスメーカー)
★ポイント
洗面室から、スムーズな移動を叶えるウッドデッキ

こちらの間取りで注目したいのは、リビング横の広々としたウッドデッキ。

洗面室からまっすぐな動線で配しているため、洗濯物を干すまでの動線がとてもスムーズです。

ウッドデッキのかわりにサンルームをつければ、外に出なくても洗濯物を干せますし、雨の日の心配もいらなくなりますのでもっと便利になりますよ!


狭小住宅でも問題なし! コンパクトな間取りで家事ラクな動線を実現

キッチンから直接洗面室への移動が可能!

出典:間取りプラン集|アイダ設計(ハウスメーカー)
★ポイント
ひとまとめにした水回りで動線がコンパクトに!

狭小住宅といえば、「狭くて不便」というイメージがあるかもしれません。しかし、狭い土地も間取りを工夫するだけで、家事ラクを叶えることができるのです。

キッチンや洗面室、浴室をひとまとめにしているので、家事動線がコンパクトに。
狭い土地に建てる狭小住宅だからこその間取りといえます!

階段を降りたらすぐに洗面室へ! 忙しい朝もスムーズな身支度を叶える

出典:間取りプラン集|アイダ設計(ハウスメーカー)
★ポイント
階段を降りて広がるキッチンで、家事のスタートがスムーズに!

限られた土地に建てる狭小住宅は、2階、3階が当たり前。平屋に比べて家事がしにくい間取りになるのでは……? と思う方も多いでしょう。

こちらの間取りでは、階段を降りるとすぐにキッチンや洗面室に足を踏み入れられるようになっているので、家事のスタートがスムーズに。
2階のバルコニーに洗濯物を干しに行くことを考えると、洗面室と階段が近いのも嬉しいですね。

洗面室→キッチンの移動スペースも無駄なく収納に!

出典:間取りプラン集|アイダ設計(ハウスメーカー)
★ポイント
キッチンから洗面室へのスペースをパントリーにして無駄なく!

この間取りのポイントは、ずばりキッチンから洗面室へ抜けることができるパントリーです。

キッチンから洗面室のスペースを廊下にするのではなく、パントリーにすることで収納スペースを確保! キッチン横にあるため、余計な移動をせずに、必要なものを取ってくることができます。


ローコスト住宅でも間取りはこだわれる!

家づくりをするとなったとき、気にしなくてはいけない予算や土地。ローコスト住宅でないと新築一戸建ては難しいという方も少なくありません。

せっかく新しい家を建てるなら、「家事動線」を意識した間取りにしたい! 
ランドリールームやファミリークローゼットも考えたい!

などなど、それぞれのご家で叶えたいご希望はきっとたくさんあるはず。すべてを叶えることは難しいかもしれませんが、間取り次第では毎日の家事をラクにしてくれる家を作ることはできますし、また間取りにこだわった家づくりも可能です!


アイダ設計の家づくりは、完全自由設計! それぞれのご家庭に合わせた間取りのご相談をお受けし、ご家族全員が納得家づくりをご提供いたします。

一世一代の大きな買い物、プロの力を借りて、後悔しない家を建ててみませんか?

条件をお伝えいただければ、無料で間取りの作成もいたします。

アイダ設計への資料請求・お問い合わせはこちらから。