まるで本物?敷地をかっこよく仕上げる「スタンプコンクリート」のエクステリア

2021.06.30 地域ライターE
家の外観にもこだわりたい。どこから眺めても「お気に入り」のデザインに統一したい!

そんな要望を叶えるために必要なのが「エクステリアと家のコーディネート」です。

内装や設備にお金をかけすぎてしまった結果「家の外側」のための余地がなくなってしまった……というのはよくある話です。


しかし、「仕事から疲れて帰ってきて、遠くからだんだんわが家が見えてきたとき、本当に幸せを感じるんです」という満足感を得るためにも、外観にもこだわりたいところです。

  • 家に見劣りしない、統一感のあるコーディネートをしたい!
  • デザイン性の高さと便利さを両立したい!
  • 費用はできるだけ抑えたい!
  • 工事期間はできるだけ短くしたい!
こんな“ワガママな希望”を叶えてくれるエクステリアの工法「スタンプコンクリート」をご存じですか?

今回は、知名度急上昇中のエクステリアキーワード「スタンプコンクリート」についてご紹介します!


スタンプコンクリートとは?


ある時は重厚感のある石畳風、ある時は華やかなレンガ調、ある時はシックなタイルスタイル、ある時はナチュラル感あふれる枕木風……駐車場玄関アプローチ、の「舗装材」にはさまざまな素材があります。

家の外観にテーマ性を持たせるなら、面積が大きくイメージを左右しやすい「舗装部分」にも統一感が必要です。しかし、このような「天然素材」は費用が高く、扱う職人さんに熟練の技術が必要で、施工期間も長くなりがち……。

これらの問題を一挙に解決してくれる工法として、最近人気急上昇しているのが「スタンプコンクリート」です。

スタンプコンクリートとは、コンクリートに「型押し」をして天然素材本物そっくりの凹凸を表現しつつ、染料を使って色まで再現する工法のこと。

素材がコンクリートのため材料費が天然素材と比べて安価なうえ、一気に広範囲の施工が可能で工期が早いことで、天然素材と比較すると費用を抑えることができます。


こんなエクステリアにしたいならスタンプコンクリート!

なんといってもスタンプコンクリートの魅力は「デザインの自由度」。

同じコンクリートで作られているとは思えないほどさまざまなイメージをつくることができます。中でも人気のスタイルをピックアップしました!

重厚な石畳風で、和風にもモダンにも対応できる!



石畳は家の外観を問わずあわせやすい王道エクステリア素材。スタンプコンクリートなら、石の素材感や形、色味合わせも自由自在です。

駐車場の舗装材として天然石を敷く場合は浮き上がりやズレが発生しないよう特に注意が必要ですが、コンクリートならその心配もありません。

南欧風の赤やオレンジのカラーで温かみのある雰囲気づくり



日本ではなかなか手に入らないカラフルな素材感を出すのもスタンプコンクリートの得意分野。南欧風、プロヴァンス風な赤味の強いレンガやオレンジを組み合わせれば、パッと目を引く明るい雰囲気が作れます。

オリジナリティーを出したい! 誰が訪ねてきてもすぐにわが家を覚えてもらえるようなインパクトが欲しい! という方にもぴったりです。

曲線のアプローチでまるでテーマパークのような楽しい雰囲気!



レンガや自然石のような凹凸のある表情だけでなく、タイルのようなスッキリとした表面仕上げも可能なスタンプコンクリート。

高低差をスムーズにつなげて、奥行き感を出すと、まるでテーマパークのエントランスのような雰囲気になります。アプローチのバリアフリー対策にもいいですね!

本当にコンクリート? 駐車場には難しい「ウッド」調



石やタイル、レンガといったコンクリートに近い質感が出しやすい素材だけでなく、なんと「ウッドデッキ」のようなまるで本物の木を敷き詰めたようなスタンプコンクリートまであります。

触ってみるまで「コンクリート」でできているなんて信じられないかもしれませんね。

アプローチと玄関土間の一体感で広々と



スタンプコンクリートは駐車場やアプローチといったエクステリアだけでなく、「家の中」にももちろん使えます。

たとえば玄関土間も、単なる土間コンクリートではなく意匠を施すことで、デザイン性が一気に高まります。


スタンプコンクリート工事はどこに依頼すればいいの?


遊園地やテーマパークの舗装材としても使われるほどの工法ですが、実はスタンプコンクリートを扱える業者さんは限られています。

コンクリートに関する経験や知識が重要であり、さらにデザイン力、お客様のイメージを形に起こす力、それを実現するスタンプや色の出し方についてのノウハウも必要となるからです。また、美しいスタンプ(模様や色)を保つために10年スパンでのメンテナンスに対応してくれるかも業者選定のポイントになります。

他のエクステリア工事業者と同じように、地域密着スタイルで工事を請け負うことが多いため、基本的な探し方としては「市区町村名+スタンプコンクリート」で検索し、スタンプコンクリート施工例を豊富にもつエクステリア工事業者に依頼するという流れがオススメです。


エクステリアもこだわりたい! スタイルブックで理想の家づくり

せっかくの家づくり間取りはもちろんですが、エクステリアにまでこだわって、理想を叶えたいものです。家族が快適に過ごせる、希望を叶える家づくりのヒントがつまったプランスタイルブックを今なら無料でプレゼント。
リビングから続くテラスはガーデニングにもピッタリ
光と風を取り入れるバルコニーデッキ
家づくりを考えている方には、ぜひ手にとっていただきたいカタログになっています。もちろん、キッチンや家事スペースのアイデアも盛りだくさん! 家づくりで知っておきたい工夫をまとめたカタログですカタログの申し込みはこちらから、もしくは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。お問い合わせやご相談は無料。完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意です! 経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できますよ♪

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

植栽なしで雰囲気がある外構をつくるには?アイデアをご紹介!

2021.10.4

一戸建てを建てたら作りたいお庭スタイル「純和風」取り入れ方は?

2021.9.6

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~ウッドデッキ・テラス編~

2021.6.25

リビングに面した庭、玄関アプローチ、どちらを広くした?家づくりの先輩に聞きました!

2021.5.21

「砂利敷きの駐車場」ってどうですか?本当のところが知りたい!

2021.5.17

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~中庭編~

2021.4.12

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります