ランドリールームの良かった点・イマイチだった点~家づくりの先輩に聞く「後悔したこと」

2019.04.15 地域ライターE
「今はなくても生活できているけれど、こんなものがあったら便利だろうなあ! でもお金がかかるなあ~」という設備注文住宅新築一戸建てに導入するか迷いませんか?


「我が家にとって」必要かどうか、しっかり検討してもらうために「よかった点」「イマイチだった点」両方の声を参考にしてもらいたい!ということで、ieny地域ライターEが新築一戸建て購入の先輩に聞いた、「新築一戸建て建築にまつわるちょっとした後悔」の中で、新築一戸建てに導入した設備について、「入れてよかったこの設備VSイマイチだったこの設備」の両方の意見をご紹介するこの企画。

今回はランドリールーム編!いま人気の間取りですが、いい点、悪い点の両方を聞いてきました!

【知っておきたい! お家にまつわる意見の食い違いあるある】


まずは「良かった!」派からのご意見をどうぞ

共働きには欠かせない設備です


夫婦ともにフルタイム、残業ありの共働き家族。子どもは小学生と中学生の姉弟2人兄弟です。下の子が小学生になるタイミングで妻である私がフルタイムに復帰し、その直前に家を建てて引っ越ししました。
家族構成や住みたいエリアもキッチリ決まっているタイミング、しかも私もフルタイム復帰に向けて着々と計画したうえでの家づくりをしました。

なかでも「設置してよかった! 」設備ナンバーワンがこのランドリールームですね。
衣食住のうち、掃除は週末にまとめてもよし、食はケータリングでも外食でも代替え案がすぐ手に入る、でも「衣」に関しては、子どもの体操服やらタオルやら、それなりにこまめに洗わないといけないうえに、まさかパンツまでクリーニングに出すわけにいきません。

洗濯機と乾燥機を別々に設置して、それぞれ使えるようにすると本当に時短なんです! さらに、アイロンとアイロン台を出しっぱなしにしておけば、乾燥機から出して直接パパっとかければOKにしたのも、お姉ちゃんの制服のスカートを自分でお手入れできるようになったきっかけだと思います。

普通の洗面スペースでは2台置きは無理。これが新築戸建てのメリットだな~と実感します。

天気と花粉を気にしなくていい



天日干しは気持ちがいいけれど、我が家は全員重度の花粉症持ちです。しかも、春だけではなく、秋にも花粉症が出るので、お外に気持ちよく干せるのは一年のうちほんのわずかな期間だけです。

基本室内干し、乾燥機併用を考えていますと設計士さんにお話ししたところ勧められたのが、乾燥機能付きのランドリールームでした。最初は「少し乾くのが早くなればいいな~」くらいの期待度だったのですが、全然違います! いわゆる「生乾き」がなくて、夜干しておけば朝にはほとんど乾いた状態に。

あさイチに洗濯物作業が全部終わっているって、とっても楽ですね!


それでも「イマイチだった」派もいらっしゃいました!

畳むのが面倒くさくなった



子どもの部活でユニフォームをよく洗います。「明日試合だから! 」と泥だらけのユニフォームを渡されることも多いので、洗濯機の周りを広めにとって、洗濯物を一時的に干せるパイプを設置してもらいました。

これで、雨の日でもとりあえずかけて置けるスペースができたので、「もうリビングに洗濯物がぶら下がっていることがなくなってすっきりするわ! 」と思っていたのですが……。

結構収納力のある、物干し竿2本分くらいのパイプがあるので、「まあ、とりあえず後でいいか」という生来のずぼらのせいで、「干した後畳んでしまう」が面倒くさくなっちゃって……。

家族も、洗ったものから自分で外して着ていたりするので、ランドリールーム兼ウォークインクローゼット状態になってしまっています。リビングに部屋干ししていた時は、いちおう来客の時には片付けたりしていたんですけど、ランドリースペースは誰も来ないので、本当に後回しですね……。

結局天日干しするなら


女性設計士さんに、「家事がしやすいお家」ということで設計をお願いした我が家。確かに、「おお、なるほど」と頷ける細かな工夫がたくさんあるのですが、唯一「これはいらなかったかも……」と思っているのがランドリールームです。

というのも、私はやっぱり洗濯物は天日干ししたいから! 雨の日に洗濯ができないなら、次の日二日分洗えばいいじゃない、というタイプでした。

それから、作り付けのアイロン台、これも私は「数日分、まとめてリビングでテレビを見ながらのんびりかける」の方が結局お気に入り。「みんなにとっていい設備」でも、私にとっては猫に小判でしたね。

家の設備で入れて良かったもの・イマイチだったもの~後悔シリーズ番外編<ランドリールーム>~をお送りしました。

充実した機能を持たせようと思うと、それなりのスペースを取られるランドリールーム。お風呂や収納など必要な面積との調整が必要になります。

家族みんなの優先度と、主に家事を担う奥様の優先度が大きく変わってしまう設備なため、実際のお洗濯の仕方をしっかり考えて検討することが必要ですよ、とアドバイスいただきました!

アイデアが満載のカタログをダウンロードできます!


いま、ランドリーリームをはじめとした、家事スペースや家の間取りのアイデアがもりだくさんのカタログ『プランスタイルブック』をプレゼント中です!!
家づくりを考えている方には、ぜひ手にとっていただきたいカタログになっています。

キッチンや家事スペースのアイデアも盛りだくさんのカタログです

下のフォームからお申し込みください。メールアドレスの登録だけで、カタログのダウンロードが可能です。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

この記事を書いた人

地域ライターEの画像

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります