アイダ設計の注文住宅が「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」2018を受賞!

2019.03.07

アイダ設計が展開するZEH仕様の注文住宅BRAVO ZNEXT(ブラーボ・ゼネクト)』が、一般財団法人日本地域開発センター主催の「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」2018において優秀賞を受賞しました。


「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」は、建物躯体とエネルギー設備をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰するものです。
今回は、数ある住宅商品の中から、アイダ設計のZEH基準の注文住宅『BRAVO ZNEXT』が「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」2018において優秀賞を受賞しました。

『BRAVO ZNEXT』の特徴である“ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)“とは、住まいの年間「一次エネルギー消費」を高断熱や高効率設備による「省エネ」に加え、太陽発電等による「創エネ」でおおむねゼロにする住まいのことで、地球環境に優しいだけではなく、経済的にもゆとりのある暮らしを提供しています。
政府は、2020年までに標準的な新築住宅のゼロ・エネルギー化を推進しています。


2016年10月から販売開始した『BRAVO ZNEXT』。首都圏を中心に各地に体感型モデルハウスの展開を続けており、住まう人・家・環境、そして家計の健康をより多くの人が体験しています。

>>『BRAVO ZNEXT』について詳しくはこちら(アイダ設計紹介ページ)


ブラーボゼネクト(BRAVO ZNEXT)の魅力

ブラーボゼネクト高断熱や高効率設備による「省エネ」と太陽光発電等による「創エネ」を掛け合わせた、地球環境に優しい暮らしを実現できるお家。

「創エネ」によって光熱費等の削減もできます。また、高い断熱性のおかげで、家の中の温度差が少ないためにヒートショックや室内熱中症を防いでくれます。また、結露ができにくくかったりと、まさに多様な嬉しいポイントがちりばめられている家なのです!

【省エネ】

お家の断熱は、健やかな生活をしていく上ではとても重要。
建物全体を高熱性断熱材で包みこんだ、魔法瓶のような高い断熱性を実現しています。

  • 複合樹脂サッシ

皆さんご存知のように、樹脂窓は季節の移り変わりのある日本のお家にとっては強い味方。
複層ガラスの断熱性は単板ガラスの約2倍。健康の維持はもちろん、冷暖房エネルギーの大幅な削減にも役立ってくれます。

  • プレミアムエコキュート

大気の熱を使って、効率よくお湯を沸かす「プレミアムエコキュート」。
エコキュートとは「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」の愛称です。
ヒートポンプ技術を取り入れていて、空気の熱を利用してお湯を沸かしてくれるので、節電や省エネにもピッタリ。
給湯費を大幅に節約してくれます。

  • 高断熱浴槽サーモバスS

浴槽保温材と保温組の「ダブル保温」構造でお湯が冷めにくい贅沢な仕様。
毎日のお風呂って、水道代やらがバカになりませんよね。
お湯が冷めにくいことで、余計なエネルギーを使うタイミングも減り光熱費の節約が可能に。

【創エネ】
  • 太陽光発電システム

地球温暖化の原因のひとつとされている石油等の化石燃料の代わりに、クリーンエネルギーである太陽光を使って、家で使う電気を作り出します。
この太陽光発電システムを搭載することで、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」を実現しています。

  • HEMS
住まいのエネルギーを「見える化」するHEMS
HEMSは発電状況や使用電力量が一目で分かるので、家全体のエネルギー消費をかしこく簡単に管理できます。
一目で売電収入も確認できるので、節約のモチベーションにもつながりますよ!

役立つ資料をご用意しました。お気軽に資料請求してください。
資料請求いただきありがとうございました。