ZEH&IoTがつくる新次元の暮らしやすさを体験! 宿泊体験もできるアイダ設計のモデルハウスを突撃取材

2018.11.19


アイダ設計の水戸モデル店に、これまでにない新しいモデルハウスができたらしい……そんな噂を聞きつけて、ieny取材班は茨城県水戸市を訪れました!

屋根一面に太陽光発電のパネルが敷かれた最新のモデルハウスは、「BRAVO ZNEXT(ブラーボ・ゼネクト)」という注文住宅のシリーズ。今話題の「ZEH(ゼッチ)」仕様で、かつ「IoT(アイ・オー・ティー)」にも対応しているのだそう。

なんだかすごそう、でも言葉で説明されてもいまいちピンとこない……ということで、今回は、モデルハウス内をくまなく見学させてもらいました。

【アイダ設計のお家をもっと詳しく!】


いざ見学!の前に「ブラーボ・ゼネクト」って?

さっそくモデルハウスの中へ!と、その前に。
今回見学する、アイダ設計の注文住宅のシリーズ「ブラーボ・ゼネクト」とはどんな住宅なのか、簡単にチェックしておきましょう。

ブラーボ・ゼネクトのコンセプトは、「4つの健康」を叶える家。

  •  「住まう“人”の健康」:心身ともに健康であること
  •  「住まう“家”の健康」:永く命・財産を守ること
  •  「住まう“環境”の健康」:世代を越えて持続すること
  •  「毎月の“お金”の健康」:家計のやりくり上手なこと

この「4つの健康」を実現する高機能な住宅が、ブラーボ・ゼネクトです。
その実現のキーとなるのが、「ZEH(ゼッチ)」、つまり「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」なのです。

▲スマートフォンやタブレットのアプリから現在の発電量がひとめでわかります
ZEHは、簡単にいうと、“省エネルギー”と“創エネルギー”により、一次エネルギー消費量(住宅の冷暖房、給湯、換気、照明に必要なエネルギー消費量。その他の家電などは含みません)をおおむねゼロにできる住宅のこと。屋根にあった太陽光発電のパネルは、創エネの役割を担っていたんですね。

毎月の電気代がぐっと安くなるのは、家計にとってもありがたいこと。さらに発電した電気を売れば、プラスまで出せるケースも。
家計にも地球にも優しい……ZEH住宅は、メリットだらけの最新住宅なのです。


アイダ設計こだわりの省エネポイントは“壁”にあり

省エネと創エネで、一次エネルギー消費量をほぼゼロにする……。
創エネは太陽光発電で行うとして、省エネを実現する秘密はどこにあるのか気になりますよね。

「ブラーボ・ゼネクト」では、省エネのための工夫はさまざまに施されています。なかでもポイントとなるのは、“壁”だそう。

▲モデルハウスに展示されている硬質ウレタンフォームでできた断熱材

今回取材したモデルハウスはもちろん、「ブラーボ・ゼネクト」シリーズの壁に使われているパネルの内側には、硬質ウレタンフォームでできた断熱材が入っています。一般的な住宅は柱と壁の間に隙間ができるものですが、その隙間を断熱材がしっかりと埋めてくれます。
これにより、高い断熱性が実現できるのです。さらに、壁の中にたまりがちな湿気も防ぎます。

また、断熱材で隙間を埋めることで、遮音性能もアップ。水戸のモデルハウスは車通りの多い道路に囲まれていましたが、室内で音が気になることはありませんでした。
もし現地を訪れた際は、みなさんもぜひ確認してみてください!


知識をインプットしたら、いよいよモデルハウス見学スタート!

「ブラーボ・ゼネクト」とはなんぞや?」という疑問を解決したところで、いよいよモデルハウスの中へ。


▲今回取材したモデルハウスの間取り図

【1】家族の動線を考えてつくられた玄関

扉を開けると、そこに広がる玄関には、壁に隔てられたスペースが……。


▲左が玄関ドアから見たところ、右が部屋の中から(右奥が玄関ドア)。
そこは、広々としたシューズクロークなのです。ハンガーパイプもあり、コートを脱いでかけることも可能。これがのアイダ設計の「2Way玄関」。シューズクロークには扉がついており、閉めることでよりスッキリとした印象に。
ものが多くなりがちな玄関ですが、急な来客があってもスッキリと見せることができますね。

靴を脱いで上がるとすぐにあらわれるのが「ただいま洗面」というネーミングの洗面台。
その名のとおり、帰ってきたら真っ先に手洗い・うがいができちゃう動線ができてるんです。これならお子さんも無理なく習慣にできそうですよね。


【2】玄関の横には大容量の収納がついたスタディスペース

玄関を入ってすぐ左隣には、スタディスペースがあります。


帰宅したお子さんたちが、遊ぶ前に宿題を済ませる場にしてもよし。お父さんやお母さんが、すぐ隣のリビングにいるお子さんの様子をチェックしながら落ち着いて作業する場にしてもよし。使い方は無限大です。


大容量の収納棚が設置されているのもうれしいポイント。
お子さんのランドセルを置いておくこともできますし、リビングに物があふれてしまう心配もなさそうです。

【3】玄関からすぐにつながるキッチン&ダイニング

“ただいま洗面”のすぐ左手のドアを抜けると、キッチンに直結。これなら重い買い物袋を持って帰ってきたお母さんもラクちんです。
毎日のことだからこそ、少しの時短も大きな差につながります。


【4】開放感のある吹き抜けのリビング

キッチンの向かいにあるリビングの天井は、開放感のある吹き抜け!
家が広く感じる吹き抜けは、憧れている方も多いのではないでしょうか?



「吹き抜けだと冷暖房の効きが悪くなるのでは……」と心配されるかもしれませんが、断熱性が高い「ブラーボ・ゼネクト」なら大丈夫。
1階と2階の温度差が少ないので、吹き抜けだから寒いということはありません。

なんと、このモデルハウスに設置されているエアコンは各階1台ずつ。これで十分、室内の温度が調整できるのです。
その理由は、家の中の空気がきちんと循環しているため。高断熱・高気密でありながら、空気の通り道が確保されているのです。

もちろん、換気にも気を使っています。室内の温度を変化させることなく、換気ができる「熱交換換気システム」によって、省エネでありながら家全体の換気をすることが可能になっています。

▲排気口となる熱交換気ユニットは、各階に1カ所ずつ。給気口は各部屋に設置されています。

換気にはほかにもこだわりのポイントが。「ブラーボ・ゼネクト」では、縦すべり窓を採用している場所があります。
通常、こうした窓は一方向に開くようになっていますが、開く方向が異なることによって、取り入れた空気が循環するようになっているのです。


窓を開けると心地いい風が入ってきますが、お家全体が冷えるということもありません。
断熱性が高く、空気が“いい意味で”とどまらない。それを実感できました。

【5】リビング&ダイニング横には癒やしの和室

リビングとダイニングの横にあるのは、タタミコーナー。
やっぱり日本人ですね、畳の質感や香りには癒やされます!



ごろんと寝転がってくつろげるスペースがあるのはやっぱりいいもの。読書などの趣味もはかどりそうです。
来客時にはここにお布団を敷いて、お客さん用の寝室にしてもいいですね。

【6】家族の体に優しい洗面所と浴室

キッチンとダイニングの間にある扉の奥には、洗面所と浴室があります。ここで注目したいのは、ズバリ“室温”です。


先に触れたとおり、「ブラーボ・ゼネクト」の壁は断熱材一体型のパネルで覆われており、非常に断熱性が高くなっています。これにより、すべての部屋の温度をほぼ同じにできるのです。つまり、「冬場は洗面所(脱衣所)が凍える寒さ」なんてことがなくなります。
これなら、急な温度差によって血圧が変動するヒートショックのリスクもぐっと抑えられますよね。

【7】2階には寝室&2部屋にもなる洋室

1階をぐるっと見学したところで、次は2階へ。2階には、寝室と洋室がありました。


 ここで注目すべきは、階段を昇って右手にある広い洋室。L字型になっており、扉が2つあります。

実はこの部屋、間を棚などで仕切って2部屋にすることを想定してつくられているんです。
たとえばお子さんが2人いる家庭なら、小さいうちは部屋を仕切らずに一緒に使い、大きくなったら2部屋に分けることができます。
子どもの成長や家族の生活スタイルに合わせて使い方を選べるのは、大きな魅力ですよね。


外からでも施錠できる安心感。便利なIoTはぜひチェックして

すべてのお部屋をチェックし終えた私たちを待っていたのは、今回のもうひとつの目玉「IoT」。
『LifeAssist』というアプリを使って、毎日の生活をIoTによってグッと便利にすることができるのだそうです!

IoTとは『Internet of Things』の略で、「身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる」しくみのこと。
たとえば玄関の鍵の施錠や、照明の点灯・消灯、シャッターの開閉をわざわざスイッチまで行かなくても、アプリで操作できちゃいます。
なんと、「いってきます」の一声で、照明・シャッター・エアコンの一斉操作も可能になります。

もちろんアプリで外出先からも操作可能。外出先から戸締まりを確認したり、帰宅前にエアコンや照明をつけることも。
さらにはお子さんの帰宅をメールで知らせてくれる機能も備わっていますよ!

▲アプリから電動シャッターを操作!途中で止めたり採風口を開けたりといった細かい操作も可能です

家族のさまざまな“心配事”や“面倒なこと”を解消してくれる、IoT。
実際に操作してみれば、きっと予想以上の便利さを実感できるはず。

今回お邪魔した「ブラーボ・ゼネクト」のモデルハウスには、この他にもご紹介しきれなかった魅力がたくさん!
風通しにこだわり抜いて設計された窓やドア、汚れがつきにくくメンテナンスの手間が軽減される外壁……これらはぜひ、みなさんの目で確かめてみてくださいね。

そして、この水戸モデルハウスには、なんと宿泊することもできるんだとか!丸一晩過ごせば、さまざまな魅力を発見できそうですよね。気になる方は、ぜひお問い合わせを!
「COOL CHOICE ZEH体験宿泊事業」エコ住キャンペーンサイト内の「応募する」ボタンをクリックし、応募フォームページにて必要事項を入力すれば申込完了となります。

詳細はこちらのサイトからご確認ください。

<宿泊体験会概要>
体験会名: 水戸モデルハウス「宿泊体験会」
宿泊期間:2018年12月~2月※宿泊可能日につきましてはアイダ設計の指定日となります。
場所: アイダ設計 水戸モデル店敷地内 『BRAVO ZNEXTモデルハウス』
(茨城県水戸市新原1丁目2-16)
http://www.aidagroup.co.jp/p/taikanevent/mito/top