家の設備で入れて良かったもの・イマイチだったもの~後悔シリーズ番外編<玄関収納編>~

2018.10.09


「あったら便利だろうけれど、なくてもなんとかなるなあ」という設備、ありますよね。「我が家にとって必要かどうか」きちんと検討してもらうために、実際に導入してわかった「よかった点」「イマイチだった点」両方確認して、参考にしてもらいたい。
ieny地域ライターEが新築一戸建て購入の先輩に聞いた、「入れてよかったこの設備VSイマイチだったこの設備」の両方の意見をご紹介する企画です!

今回は玄関収納について。ハウスメーカーや工務店に家を発注するときに依頼しなくても、あとから家具屋さんで靴箱だけ買う……ということもできる選択の幅が広い設備です。“あって当たり前”ではありますが、その取り入れ方はさまざま。
そんな玄関収納やファミリークローゼットについて、「良かった!」意見と「イマイチだった……」意見、両方ご紹介していきます。

【悩む!家の設備の参考にオススメ記事はこちら!】


まずは「良かった!」派からのご意見をどうぞ。


▼コートやカバンを玄関横にして正解
正直、整理整頓が苦手な私たち家族。この家に引っ越す前は、60㎡2LDKの賃貸マンション暮らしで、決して広いとは言えない面積なのに、「青い方のコート知らない?」「お稽古バッグどこ?」「折り畳み傘がないー!! 」と探し物だらけでした。
しかも、家に帰ってからカギやカバン、脱いだ上着をリビングで適当に置いてしまうから、いつもダイニングの椅子には洋服が掛かっているし、テレビボードのスペースには何か乗っかっているし、その上にもまた誰かがモノを重ねてしまって行方不明。狭い部屋中モノがあふれかえっていました。

「広い部屋がいい……」「でも広くなったら、さらに荷物が探せなくなるんじゃ……?」とジレンマを抱えつつ、片づけ下手の悩みを設計士さんにお話ししたところ提案されたのが、玄関横の大型収納でした。

玄関横にあえて壁を作って2面の収納を作り、片側に家族全員分のコート用パイプハンガー。日常遣いの鞄置きも用意してもらいました。
子どものお習字バッグや絵本袋の置き場もそこに。洗濯籠を置いて、ハンカチや水着、靴下などの洗濯物は玄関ですべて分けてもらうことに。

結果、あれだけ雑然としていたリビングがスッキリ!! 片づけの手間も、掃除の手間も、玄関収納を作るだけで解決するなんて、期待以上です!

▼スーツケースは玄関がいい
夫の実家も私の実家も遠いので、年に数回は大型のスーツケースを使います。スーツケースの車輪て、外をゴロゴロするわけですよね。
それをそのまま家の中に入れるの、抵抗ありませんか?とはいえまだ荷物が入っていて重たいスーツケースの車輪をぞうきんで拭いてから家の中に入れるのも、大変ですよね。
保管するのにも、普段は使わないのに収納の奥に押し込んでしまうほど使わないわけでもなく。

最初からそう言う計画ではなかったのですが、ファミリークローゼットが思ったよりも広くて、「あ、ここにスーツケース置けるな!」って気が付いたんです。
雨降って濡れていても、埃で汚れていても、土間の上だから気にならない!すごく満足しています。


それでも「イマイチだった」派もいらっしゃいました!


▼オープンの靴箱、臭いが気になる
けっこうな数の靴があります。家族四人分で、数えてみたら120足もありました。
それだけの数だと、視界に入っていないと忘れちゃう靴なんかもあったし、「見せる収納」のほうが安くついたというのもあったので、壁に棚を付けただけのオープン状態で靴を収納しています。
最初は満足していたんですけど、引っ越して初めての梅雨シーズン、失敗したなと感じたことが。

それが湿った靴の臭い!ウチは中学生と高校生の息子がいて、それぞれサッカー部と野球部。
家に帰ってからもランニングをしたり素振りをしたり、毎日靴は汗まみれです。玄関を開けた途端、かすかに臭う靴の臭い……。
玄関には窓もないので、換気も今一つできず、最近の悩みになっています。

▼飾り棚、単なる物置に
玄関はお客様をお迎えする家の顔!と思って、玄関スペースは広めにとり、靴箱はあえて腰高までの高さにして、大きめの飾り棚として活用しようと設計してもらいました。
お花を飾ったり、季節の飾りを出したり、あれこれ考えていたのですが、家族の協力が得られないとダメですね。
「明日持っていく荷物、忘れないように置いておこう」
「お兄ちゃんにきた宅配荷物、ここでいいか」
「朝回覧板回さないと」
「資源ごみがそろそろ回収日だわ」
……などなど、玄関近くに「一時置き」したい荷物って多いものですね!いまではすっかり荷物スペースです。よかったのやら悪かったのやら……?


家の設備で入れて良かったもの・イマイチだったもの~後悔シリーズ番外編<玄関収納>~をお送りしました。
ある意味「通過するだけ」ともいえる玄関スペース、と考えるか、「家族全員が毎日何度も通過して、お客様の目に必ず触れる」玄関スペース、と考えるかでも、玄関に求める機能とデザインは変わってきます。
造り付け造作物は費用が高額になりがちですが、玄関スペースの広さは「あとから変更」が難しいことは間違いありません。
まずは家の外に置いてあるものも含めて、「玄関に何を置きたいのか、全部集合させて確認する」ことからはじめてみましょう!