モダンなインテリアとは? 実例で詳しく解説

2021.08.17 ieny編集部
家づくりはもちろん、模様替えのときなどにも気になるインテリアスタイル。

「こんなふうにしたいな」という“なんとなく”のイメージがあっても、そのスタイルがどんな名称で呼ばれているのか、またどういったポイントを押さえれば理想のインテリアが実現するのかといったことまでは分からない! ということも多いですよね。

モダンインテリア
今回は、特に人気なインテリアスタイルの一つである「モダンインテリア」についてご紹介。

「モダンなインテリア」「モダンスタイルを意識した建築」など、家づくりなどを始めるとよく目にする単語ではないでしょうか。「モダン」と聞いただけできっと素敵なインテリアだろうと想像に難くありませんが、具体的にはどんなインテリアなのかあまりわかっていないという方も少なくないでしょう。

こちらの記事では「モダンなインテリア」について、写真を交えて解説していきます!


そもそもモダンって?

モダンとは、英語の「modern」のこと。意味は、「現代の」「現代式の」「最新の」といった意味で、反対の言葉は「クラシック(Classic)」となります。

モダンスタイルのインテリアとは、ガラスや金属などの素材を使った、現代的な無機質かつ直線的なインテリアをコーディネートし、洗練されたイメージを演出するスタイルのことを指していたようです。

ちなみに、一口に「モダンインテリア」といっても、そのなかにはシックモダン、シンプルモダンなどのテイストがあり、細かくジャンル分けされることもあるとのこと。

用語の意味は分かりましたが、具体的にはどんなインテリアのことなのでしょうか? いくつかの事例にそって、モダンインテリアをご紹介します。


実例1:無機質で直線的なモダンの見本

モダンな浴室
モノクロな色使いとガラスの光沢感が特徴的なこちらの浴室。使用されている色は白と黒、金属とガラスの銀色のみなっており、まさに元来のモダンスタイルを具現化したようなインテリアデザインとなっています。

現実感、生活感のないオシャレなインテリアは、まるで自分がアートな世界に入り込んでしまったような錯覚を覚えてしまうかもしれません


実例2:ラグジュアリーホテルのようなデザイン

白を基調としたモダンインテリア
モダンスタイルの特徴の一つにあげられるのが、ずばり「オシャレさ」。高級感がありながらも、シンプルな色使いでまとめられたインテリアこそが“モダンスタイル”なのです。

こちらの事例では、まるで高級ホテルのスイートルームのような家具をセレクトしており、生活感はあまり感じられません。モダンインテリアを試してみたいという方に試していただきたいのは、あえて“浮世離れ”した家具を選んでみるということ。少し難しそうと思われるかもしれませんが、色使いさえ気をつければ意外と簡単に取り入れることができます。

また、壁紙にこだわってみるというのもアイデアの一つ。柄物であっても、白や黒などのシンプルな色使いのものを選べば簡単にモダンインテリアを楽しめます!


事例3:シンプルながらもアートな上級者向けインテリア

アートなモビールが印象的なモダンインテリア
こちらインテリアで注目したいのは、天井にある先進的かつ洗練されている印象を与えるモビール。細かな造形ながらも、金属製でシンプルさを演出するモビールはまさにモダンスタイルにぴったり。

それに加え、毛足の長いカーペットはシンプルな色でもゴージャスに見えるので一気にオシャレなリビングなります。さらに“モダン”を意識したい! という方は、大理石の、白い部屋の中に黒く太いラインを作っている柱を取り入れるなどもオススメです。


事例4:カラフルなアートを散りばめたインテリア

カラフルなモダンインテリア
これまでの事例とはうって変わって、こちらの写真ではさまざまな色が目に入ります。

モノトーンな色使いがモダンスタイルの王道ではありますが、こちらの事例のように壁紙やクッションの柄などに、アートなデザインを取り入れているものを選べば、カラフルでもモダンを演出することができます。柄が多く幾何学的な印象のある部屋に、色を加えることでエスニックなイメージもかもし出されています。

こちらは上級者向けの少し個性的なモダンインテリアといえるかもしれませんね。


事例5:原色を取り入れてナチュラルな印象に

原色を使用したモダンインテリア
真っ白な部屋でモダンインテリアを楽しみたいという方にオススメなのは、トーンを落とした緑と黄の中間色のソファ。

インテリアに原色を使用するのは少し勇気がいりますが、少しくすんだ黄色であれば空間から浮き過ぎることもなく、リラックスできる雰囲気を作ってくれます。ナチュラルモダンを演出したい場合には、特にオススメなアイテムの一つです。ソファの形にもこだわってみると、さらに“モダンっぽさ”を演出することができます。

ちなみに、デザインの基本として「ホワイトスペース(白が占める割合)が多ければ、スタイリッシュな印象になる」といわれています。白を基調としたインテリアにするのであれば、配置するアイテムも最小限にするとさらにスッキリとした印象に仕上げることができますよ。


ポイントをおさえればモダンスタイルの実現も簡単!

モダンインテリアの実例を見ていくことで、インテリアに取り入れる際に押さえておくべきポイントがより理解していただけたのではないでしょうか。

まったく違うインテリアデザインでも因数分解すれば、無機的、直線的、非現実感、アート性など、同じようなワードに辿り着きそうです。インテリアは法則を知り、たくさん見ていくことで、より本質を理解することができるようになります。

ぜひ、今回の記事もそういった参考の一つにして、ご自身好みのインテリアスタイルを模索していってみてくださいね。

家づくりのアイデアはプロにおまかせ! 後悔のない家づくり


初めての家づくりは分からないことが多く、インテリアはもちろん「どこにどんな設備を配置したら暮らしやすいのか」などなど、不安なこともたくさんありますよね。

不安が多い家づくりも、プロと一緒なら安心! 完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計は、わが家の理想を叶えてくれるお家づくりのアイデアがとても豊富です。

今なら、アイダ設計では毎日を過ごしやすくしてくれるさまざまな間取りアイデアが掲載されているカタログを無料でプレゼント中です!

プレミアムTVコーナーの事例
テレビもオシャレに設置! 過ごしやすさ&インテリアに特化したアイデア

憧れのパントリーを作ろう! 家事動線が確保されたキッチンスペース

カタログの申し込みは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

家づくりを考えている方にとって、お役立ちな情報が盛りだくさん! 下のフォームからメールアドレスを登録するだけでゲットしていただけるので、気になった方は、ぜひダウンロードしてみてください!

アイダ設計では、経験のある設計士が一から図面を起こしてくれるので、さまざまな工夫がつまった、敷地の面積や形にあったお家づくりを実現します。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

オシャレなクッションフロアに大注目! ヘリンボーン、モルタル風など180種以上

2021.8.2

ダイニングテーブルの大きさ選び、何を決め手に考える?

2021.4.26

照明が好き!さまざまな照明の種類と特徴

2021.3.10

ペットとのお家時間の過ごし方 簡単な手作りおもちゃも~コーギー“ニナ”と暮らす家

2020.4.27

お家籠りの気分転換に!模様替えには“キャンプ用品”がオススメです

2020.4.10

失敗しないリビングのアクセントクロスの選び方!家づくりの先輩に聞きました

2020.1.20

この記事を書いた人

ieny編集部

皆さまの“楽しい家づくり”をサポートしたい! 『楽しく、後悔のない』家づくりをするために必要な情報を、日々こつこつと集めては吟味をしている。息抜きは100均パトロールで、お得に便利なものを探して報告しあう毎日です。