新築戸建てを「シンプル」にしたい! あえて「強いスタイル」を持たないメリットとは?

2023.06.26 地域ライターE
アメリカンスタイルに北欧スタイル、和風にインダストリアルスタイルなどなど、家づくりにはさまざまな「デザイン」があります。

その一方「個性のあるオシャレな空間も素敵だけれど、これから20年30年と長く住むことになるマイホームだからこそ、はやりすたりに影響されないシンプルなインテリアで家づくりがしたい」という方も、少なくありません。

しかし「シンプル」だからこそ、具体的なイメージが共有しにくい難しさというものがありますよね。


新築一戸建ての外観やインテリアをあえて「シンプル」でまとめたい方に、ハウスメーカーや工務店の担当者に上手に希望を伝えるためのコツや、シンプルな家づくりのメリットを紹介します!


シンプルなスタイルとは?

「シンプル」という言葉の意味は分かっていても、「シンプルな家」となると話は別。具体的にどんな家なのか、疑問に感じたことはありませんか?

シンプルな家を一言でまとめると、「できるだけ凹凸の少ない家の作りで、外装内装ともに装飾と色数を押さえた家」のこと。建築費を抑えられるというメリットがあります。

  • 直線的なデザイン
  • は少なめ&小さめ
  • 色数は1~2色に抑える
  • 凹凸はできるだけなくして平面的なレイアウト
シンプルな家写真から、具体的な「シンプルな外観」をピックアップしてみました。特徴だけ並べてみると、これでは“わが家らしさ”がなくなるのでは? と心配になってしまいますよね。

4つのポイントを踏まえて家づくりをしても、“わが家らしい”家づくりは実現可能。「シンプル=無個性」というわけではありません。

「具体的にどんな家を建てたいのか」、しっかりとイメージを伝えることで満足度の高い住宅づくりが実現します。それでは実際に、「シンプルな家」のプランをご紹介していきましょう!


シンプルでも大丈夫! わが家だけの家づくりを実現

グレー×ホワイトで都会的なデザインに



四角の造形に縦のラインを入れることで、空への広がりとつながりを強調した白い壁がアクセントに。

窓はごく小さく規則的に配置して採光と換気機能はしっかり確保しつつ、道路からの視線もシャットアウトする都会的なデザインです。

ホワイトで高級感を演出! モダンスタイルの家



王道なシンプルな色といえば、ホワイトを連想するという方も多いでしょう。

大きな掃き出しタイプながらフラットに揃えた窓の配置が、より白の壁面を際立たせます。クリーンな外観で高級感もアップ!

カラーや屋根を変えるだけでわが家だけの個性を実現!



外観のデザインが大きく変わらないこちらの3棟。しかし、外壁のカラーはもちろん、屋根の傾きや玄関ドアの配置、軒のはりだし方で印象がガラッと変わることが分かりますね。

理想のインテリアなどを踏まえて、外壁や玄関ドアのカラーを選ぶことでわが家の理想の家づくりが実現します。

和テイストをミックスして個性的な住宅に



こちらは和のテイストが感じられるデザイン。あまり王道から外すことなく、わが家だけの個性を出したい! という方にぴったりです。屋根の雰囲気を変えるだけで、全体的な印象もガラッと変化します。


シンプルなインテリアでオシャレな統一感を出すコツ

ここまでは「家の外観」について、具体例を紹介してきました。

そして、やっぱり家づくりで重視したいのは「インテリア」。インテリア雑誌に出てくるようなオシャレなアイテムやブランドの家具を美しく配置するのはハードルが高いけれど、スッキリと片づいた印象の部屋で毎日を過ごしたい!という方も多いのでは?

インテリアでの「シンプル」のポイントもチェックしていきましょう。

  • 基本は「見せる収納」ではなく「しまう収納」
  • 照明は埋め込み式でスッキリと
  • 色数は1~2色に抑えるだけでなく、素材感も1~2種類にまとめる
  • 家具は高さを低めにそろえて
インテリアでも「シンプル」の基本は一緒です。

注目したいのが照明の選び方。実はそれなりに大きさがあり、普段は意識しなくてもインテリアに与える影響が大きいのが照明です。天井埋め込み式のライトなら、平面のリズムを崩さず部屋をスッキリ見せることができます。

>>オシャレな空間を実現! 一戸建てにオススメ【ダクトレール活用法】

また「色は白で統一したつもりだけれど、素材によってオフホワイト、アイボリー、パールホワイトなど少しずつ違ってちぐはぐな感じ」ということが起こりやすいのがインテリアです。家具やファブリックの素材を統一すると、色の印象も大きく変わらなくなります。

そして、意外と難しいのが家具の高さ。「収納したい物」に合わせて追加で収納家具を購入するのは失敗のもとに……。壁面への造り付け収納など、フラットな空間をキープできる大容量収納がオススメです。


インテリアのスタイルをあえて持たないメリットとデメリット


家の外観とインテリア、どちらもシンプルで統一するのもよし、どちらかだけにスタイルを持たせるもよし。「シンプル」は他のテイストとの組み合わせも、後からの変更もスムーズです。

10年後、20年後のリフォームのときに、全く異なるテイストの外壁材を取り入れることでガラッと印象を変えることができます。それが可能なのも、造りが平面的で他の意匠・デザインが強調されるような部材が少ないからです。

一方「せっかくの新築一戸建て注文住宅なのに、シンプル過ぎてちょっと寂しい感じがするかも」「好きな雑貨やテキスタイルで飾りつけをしようとすると、究極のシンプルを目指す夫と喧嘩になりがち」というお悩みの声も聞こえました。

ハウスメーカーや工務店の営業・設計士さんと「好みのシンプル」について話し合うのと同時に、家族それぞれが考える「シンプル」のイメージのすり合わせにもしっかり時間をつかってくださいね!

>>新築のインテリア みんなはどんなことに困ってる?【コーディネーターに聞く】
>>100パターンの間取りが用意された、新・分譲住宅「パターンオーダー住宅」


必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

- 住宅購入に関するご興味ご関心についてお聞かせください
【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

家事ラクを追求した家づくり!ハウスメーカーのママさん社員たちが提案するおすすめオプション!

2024.2.15

完全自由設計の注文住宅「999万円の家」とはどんな家なのか?

2024.2.5

規格化×コンセプトでニーズに応えるハウスメーカー・アイダ設計の注文住宅

2024.1.19

デザインが映えるアクセント&目隠し、一石二鳥のルーバーを活用しよう

2024.1.15

シンプルで、ミニマルな暮らしをするなら「戸建て」がオススメな理由

2024.1.5

ひとり暮らしのための戸建て住宅プランがついに登場!平屋1LDKで1,300万円台〜

2023.12.28

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります