軽井沢の新旧サスティナブルな住宅 ~フィッシュバーン流「家育て」vol.29~

こんにちは、フィッシュバーンです。

コロナ禍が続く日々、ステイホーム時間が多くなり、住まいや暮らしの本を読んだり、調べ物をしたりする時間が増えました。

そうしているうち学びへの意欲が高まり、とうとう今年4月から住居学などを学べる大学に入学。こんな時期なので、通信教育にしました。

人生半ばをすぎて、只今、ぴちぴちの女子大生です(笑)


住居の構造、管理の仕方、製図、インテリアデザイン、住生活などをオンラインやテキストで体系的に学びます。

卒業までは、まだ先が長いですが、コツコツがんばります。


軽井沢の名建築の一つを考察

先ほどご紹介した以外にも、住居管理、住居史、住居設備、住居管理、インテリア計画、住宅設計など、住居学の中にはいろいろな科目があります。

概論を述べなければいけない科目はなかなか苦労しますが、名建築を考察する科目もあり、それはかなりワクワク。

大好きな建築家・吉村順三の「軽井沢の山荘」についての考察は、楽しくて仕方ない! とレポートが進みました。
写真引用:吉村順三『小さな森の家 軽井沢山荘物語』(建築資料研究社)
写真引用:吉村順三『小さな森の家 軽井沢山荘物語』(建築資料研究社)

建てられたのは1960年代ですが、自然と調和する外観、軽井沢の風土にあった設計、自然素材をふんだんに使った内装など、サスティナブルで素晴らしい山荘です。

いつかこんな家が欲しいと思っていたので、レポートがとってもはかどりました。


軽井沢のサスティナブルな知人宅

「軽井沢の山荘」の他、軽井沢の知人(建築家)宅も風土と調和した美しい別荘です。



地元の木材を使用し、地形に沿った別荘をご自身で設計しています。

外観はお見せできませんが、吉村順三宅のように、森の中にそっと佇む自然と調和したお宅です。

暖炉の熱をお風呂に利用したり、に窯を作って薪で料理するなど、自然素材をエネルギーとして使用しています。

また、雰囲気は全く変わりますが、もう一人の知人(飲食店経営者)宅も、時代に沿ったサスティナブルなお宅。



北欧風のお家で、断熱性に富んだサッシや壁、オール電化、バリアフリーな内装など、次世代を見越した家づくりをしています。



動物好きな方なので、ポストに鳥が巣を作ってから、ポストは使用していないそう(笑)

軽井沢には家づくりにこだわった知人が多く、うかがうたびに勉強になります。

大学での勉強がもう少し進んだら、今後の自分の住まいも、より時代に沿ったサスティナブルな家で改めて考えてみたいところです。

現在、太陽光、コンポストなどを利用していますが、次は雨水利用を計画中。自分がやれる環境にいいことって、たくさんありますよね。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

ちょこちょこと「お家」の設備をアップデート中 ~フィッシュバーン流「家育て」vol.31~

2021.8.4

最新の水回り設備をチェックしに行ってきました ~フィッシュバーン流「家育て」vol.30~

2021.7.2

大きなことから小さなことまで、自分なりのエコ活動 ~フィッシュバーン流「家育て」vol.27~

2021.4.2

コロナ禍だからこそ生まれたスグレもの ~フィッシュバーン流「家育て」vol.24~

2021.1.4

コロナをきっかけに地球環境へのアクション ~フィッシュバーン流「家育て」vol.23~

2020.12.7

小さな「好き」があれば、いつだって暮らしは楽しい ~フィッシュバーン流「家育て」vol.21~

2020.9.30

この記事を書いた人

フィッシュバーン真也子

おうちマスター、養生茶とおやつの店「だんで茶屋」店主
出版社勤務ののち、エディター、インテリアスタイリスト、デコレーターとして長らく活動。 おうち好きが高じ、古屋をリノベし、お茶屋経営、貸スタジオ、不動産賃貸業を営む。占い人としても活動。 不動産、家具、雑貨などおうちに関わる全てをこよなく愛する。また、メディカルハーブのスペシャリスト、ハーバルプラクティショナーとしても活動。エイジングとの付き合い方を考えるファイトエイジングLABOメンバー。<著書> *食と旅のエッセイ『笑顔になれる美味しいプロヴァンス』(スタンダードマガジン) *住まいエッセイ『女ひとり・借金アリ・貯金ゼロからのトーキョー大家さんLIFE』(主婦の友社)