オシャレなクッションフロアに大注目! ヘリンボーン、モルタル風など180種以上

2021.08.02 烏田千洋
住宅の材で「クッションフロア」というとクッション性がありキッチンなどの水回りに便利そうだけど、いかにも昭和な絵柄でデザイン性がイマイチ……そんな印象はありませんか?

いえいえ。さにあらず! クッションフロアはとってもオシャレに進化しているんです! クッションフロアの最新事情について、日本のクッションフロアのパイオニア、東リのご担当者さまに教えていただきました。


そもそもクッションフロアとは?

クッションフロアとは、ビニール製で、発泡層を有したクッション性の高いシート状の床材のこと。いつから世にある床材なのでしょうか?

「世界的にいうと1965年頃アメリカで発売されたもので、東リでは1971年にアメリカから輸入販売をはじめました。翌年1972年には、東リの長年の技術力と床に施工するシートの知見にもとづき、初の国産クッションフロアを開発し、販売をスタートさせました。

ファッション性豊かなフロアシートとしてキッチンやダイニングルームに採用していただいていたようです。また、こぼしたときに拭き取りやすい、水ぶき掃除がしやすい、クッション性があるので歩きやすいと機能面でも好評でした。

製品名はクッションフロアの頭文字とって『CFシート』と命名し、現在も受け継がれています」(東リ ご担当者さま)


クッションフロアの特長

クッションフロアは、1970年代に登場した床材だったのですね。最新のクッションフロアはどのような特長なのでしょうか? 東リさんに教えていただきました。

【特長1】色柄が豊富


一般住宅用のクッションフロアは、幅は1間(1820mm)。シート状なので、必要な長さをカットして使用します。厚みは、大きくわけて3種類あり、あわせてなんと182種類*もの色柄(アイテム)があるんだそう!

  • CFシート-H:一般的な住宅用途。1.8mm厚。100アイテム
  • CFシート-P:土足可能なタイプ。2.3mm厚。75アイテム
  • CFシート-SD:階下への音の伝わりや転倒した際の衝撃を軽減するタイプ。3.3mm厚。7アイテム

【特長2】クッション性


発泡層を含むため衝撃吸収性があります。そのため歩きやすい、食器などを落としても割れにくいという特長があります。

特に、CFシート-SDは発泡層が厚く、衝撃吸収性だけでなく床下がコンクリートの集合住宅などでは床下からの冷暖気の低減にも貢献してくれます。

【特長3】さらっと感


最近のクッションフロアは、表面がさらっと肌触りがよくなっています。

古いお家のクッションフロアだと、ベタベタした印象があったりしませんか? 最近のクッションフロアは、この点を改良。さらっとした触感の表面仕上げになっています。

【特長4】水拭き掃除ができる


保守管理のしやすさも、クッションフロアの大きな魅力のひとつでしょう。水をこぼしてもさっと拭き掃除ができラクラクです。

汚れても、希釈した中性洗剤で拭き取ると簡単にお掃除可能です。

【特長5】施工がしやすい


タイルなどと比べると施工はシンプルです。床の形状にあわせて切って、接着剤で貼り付けるだけ。

DIYでも人気ですが、柄合わせや洗面台の下など複雑な形状の部分などは素人には難易度が高いもの。美しく仕上げるには、やはりプロに頼むのが得策です。


オシャレ!クッションフロアの最新のデザイン

オシャレなクッションフロアのデザインのほんの一部をご紹介! いまのクッションフロアって、こんなにオシャレなの~!? とウキウキしちゃうこと間違いなしです*。

リプロダクションシリーズ


2019年12月東リ創業百年を記念して登場した、CFシート発売当初の柄を現代的にリプロダクションしたシリーズ。いわゆる“昭和”な柄が、オシャレにアップデート!


ステキなヘリンボーン!


天然木の組木はちょっと手がでないけど……クッションフロアならわが家にもお迎えできるかも!? とってもオシャレなヘリンボーン組木柄のアイテム。


豊富なウッド調ラインナップ


ほかにもさまざまなウッド調のアイテムがラインナップ。



タイル調もいろいろある!


エレガントなものからシンプルモダンなものなど、タイル調のアイテムも豊富にラインナップしています。



モルタル風はいかが?


流行りの土間風・モルタル風のアイテムは、モダンな空間づくりに。


テラコッタで南欧風に


なんと素焼きレンガ調のアイテムまで。まるで南欧バカンスのよう!



クッションフロアのメリット・デメリット

クッションフロアは、その形状からお掃除のしやすさ、歩きやすさというメリットがあるだけでなく、子どもが小さいうちは、物を落としてもタイルなどに比べて傷つきにくい、落とした物が壊れにくいという特長にもつながり、特に子育て世代には魅力的な床材ではないでしょうか。

また、東リ製品の標準的なタイプ(CFシート-H)であれば、現状の材料価格が2,750円/平米*と床材のなかでも比較的安価という点でも人気です。

一方、注意点としては、もしDIYで施工する場合は、接着剤でちゃんと貼ること。ただ床の上に敷いただけでは、ズレて滑ってしまう危険がありますので要注意です。


インテリアとしても魅力的

暮らしに寄り添う機能性と、豊富な色柄バリエーションが魅力のクッションフロア。水回りだけといわず、小上がりなどのちょっとしたスペースや、キッズルーム、子どもの食べこぼしが気になるダイニングなど、さまざまな空間で活躍してくれそう。壁紙を選ぶように、インテリアの一部として楽しんでみては。

*2021年7月現在の情報です。


家づくりのアイデア満載! カタログ無料プレゼント

注文住宅で快適な家をつくるためには、さまざまな家づくりの工夫を取り入れていきたいもの。家づくりのプロに、アイデアを教えてもらいたいですよね。そんなときは、家づくりのプロにおまかせ!

現在、無料でプレゼントしているアイダ設計間取りアイデア実例満載のカタログ間取りアイデア実例満載のカタログ『プランスタイルブック』には、毎日の暮らしをもっと便利に&もっと楽しくする、プロ視点のアイデアをたっぷりとご紹介しています!

お子さんの学習習慣の定着にもぴったりなスタディスペース

収納はもちろん、子育てにもうれしい間取りアイデアもご紹介!

アイデアと間取り図、写真が付いていて、さらに理想の住まいがイメージしやすくなるはず!

申し込みは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

モダンなインテリアとは? 実例で詳しく解説

2021.8.17

ダイニングテーブルの大きさ選び、何を決め手に考える?

2021.4.26

「カーテンなし」のメリットデメリットは?家づくりの体験談集めました!

2021.3.19

照明が好き!さまざまな照明の種類と特徴

2021.3.10

ペットとのお家時間の過ごし方 簡単な手作りおもちゃも~コーギー“ニナ”と暮らす家

2020.4.27

お家籠りの気分転換に!模様替えには“キャンプ用品”がオススメです

2020.4.10

この記事を書いた人

烏田千洋

編集・ライター
家の建て替えか、リフォームか迷いつつ情報収集の日々。憧れは、トリプルガラスの樹脂窓と、全自動おそうじ機能付きの換気扇、朝日の入る日当たりのよいお家! 趣味、園芸。日本のいいね!が、見つかるメディア『japonism』編集長