コストパフォーマンス重視の家集合!888万円の家の間取りとは?

2016.06.05


新築住宅では、ローコストかつ欲しい機能を充分に満たした家が理想ではないでしょうか。
そんな理想を満たしてくれる住宅として注目を集めているのが、「888万円の家」。通常の住宅に比べてかなりコストが安くなっていますが、耐震基準などは守られていますし、建築に使われる資材にも、もちろん問題はありません。安全面についての懸念点は殆どクリアしている状態と言えるでしょう。

では、どこで費用が安くなっているかというと、建てる際に専門職の大工でなくても作れるように簡単な構造で設計をして、削れるコストは極限まで削っているのです。
つまり、作る時間と職人にかかる費用をとことん安くすることで、私たちが支払う価格もお手頃になっているということになります。

さて、今回は気になる「888万円の家」の間取りについて詳しくご紹介していきます。もちろん、今回上げる間取りはほんの一例。
自分の生活スタイルによってカスタマイズも可能となる場合もあるので、気になったらそれぞれのメーカーに問い合わせをして詳しいお話を聞いてみてくださいね。


暮らしキューブ「888万円からの家」

引用元:さらにコンパクトな「暮らしキューブ」は888万円 | 小田原・秦野・足柄でリフォーム・増改築するなら暮らしのスタジオ
暮らしキューブの「888万円からの家」シリーズも、ローコスト住宅として知られています。無駄を省いたシンプルな家をテーマに、キュービック型設計が採用されています。吹き抜けを標準設計にしているので、広々としたLDKとなるのが魅力です。ローコストでも天井の高さにこだわりたい場合には、オススメと言えるでしょう。

“1~2人暮らし用に徹底的にコンパクトにしました。
1LDK~3LDKまで家族構成や合わせて自由にアレンジできます。
フレキシブルな設計は注文住宅同様に、打合せを繰り返して完成します。”
引用元:さらにコンパクトな「暮らしキューブ」は888万円 | 小田原・秦野・足柄でリフォーム・増改築するなら暮らしのスタジオ

この「暮らしキューブ」は若い世代の夫婦の注文住宅の設計から生まれました。そのため、家族の構成やライフスタイルに合わせて多彩なアレンジが可能となっています。

また、低炭素住宅を採用しているため、省エネ性能が高い住宅といえます。
低炭素住宅とは、ガラスや断熱剤などを使用した断熱性能の高い家のことです。光熱費の低減も期待できるエコな住宅となりますし、市町村へ申請すれば低炭素住宅の認定取得もできます。低炭素住宅と認められた場合、住宅ローンの現在特例を受けられるというメリットがあります。
また、金利優遇制度もあるので、大変お得な住宅となるのです!


暮らしキューブ「888万円からの家」の間取り

引用元:平塚市 M様邸 「暮らしキューブ」新築工事 | 小田原・秦野・足柄でリフォーム・増改築するなら暮らしのスタジオ
さて、「暮らしキューブ」のお得な情報を知ったところで、いよいよ間取りを見ていきます。
「暮らしキューブ」の「888万円からの家」の特徴は、リビングに吹き抜けのある間取りです。窮屈さがなく、開放感に溢れていることが特徴になります。
限られた空間だからこそ、どこか広々と感じるスペースがあると嬉しいですよね。また888万円タイプは、標準は2LDK、1~3LDK設計です。1000万円タイプは、3LDK標準で4LDKまでアレンジが可能になっています。

“1000万円の暮らしキューブをひと回り小さいサイズに設計しました。2LDKなら、吹き抜けのあるリビングは10.5畳になります。”
引用元:さらにコンパクトな「暮らしキューブ」は888万円 | 小田原・秦野・足柄でリフォーム・増改築するなら暮らしのスタジオ

家族構成に合わせて、希望通りにプランを選べるのは大きなメリットと言えますね。土地購入から家を建てようするとき、土地に予算を取られて建物に予算がかけられないというのは大きな悩みとなるでしょう。
しかし、暮らしキューブは3~4人家族用でも1000万円~で相談できるので、土地購入を考えているご家族でも十分にこだわりの家を建てることが検討可能となるかもしれません。また、狭い土地にもフィットしやすいかたちになっているので、今注目されている狭小住宅にも対応してくれます。

そして、なんと二世帯住宅やアパートを建てたい!という希望も相談可能。大所帯だからといって、ローコスト住宅をあきらめなくていいのはうれしいですね。
もし、持て余している土地があるのなら、オシャレな吹き抜け付きのアパートを建ててしまうのもいいかもしれません。


アイダ設計「888万円の家」

引用元:“日本一暑い街”を快適に過ごすアイダ設計の新築分譲住宅が登場!『グリーンサイド熊谷市石原』2015年7月25日(土)より販売開始!:株式会社アイダ設計のプレスリリース|株式会社アイダ設計
テレビCMでもおなじみの「888万円の家」には、8つのこだわりがあります。

  • 食器洗い乾燥機
  • 多面式カウンターキッチン
  • タイガーハイクリンボード
  • 収納付きトイレ
  • 浴室暖房換気乾燥機
  • 収納力のある洗面台
  • 浴室TV
  • 全熱交換換気システム

こちらのこだわりの8つの条件を標準装備していることが特徴となります。
食器洗い乾燥機など、普段の家事を助けてくれるものはもちろん、タイガーハイクリンボードなどの家の中の環境を整えてくれるものが装備されているのはお子さんがいるご家庭ではとてもうれしいですよね。こちらの8つの特典のほかにも、カラーTVモニター付インターホンなども標準装備されています。

“CMでもおなじみとなったアイダ設計の555万円の家がグレードアップした888万円の家!自由設計で2階建て。広さは555万円の家の 15.12坪から28坪・4LDKで本体価格は888万円!キッチンや浴室もグレードアップ!”
引用元:888万円の家:注文住宅:アイダ設計(ハウスメーカー)|株式会社アイダ設計

お値段も装備も、ファミリー層にピッタリのこだわりの家が建てられそうですね。


アイダ設計「888万円の家」の間取りとは?

引用元:エコハウス:注文住宅:アイダ設計(ハウスメーカー)|株式会社アイダ設計
さて、次に気になる間取りです。間取りの決定にはだれでも悩んでしまうもの。アイダ設計では、そんな不安も解消してくれるシステムが整っているようです。

「888万円の家」は、4LDKの間取りを実現できます。小さなお子様や、ご高齢者がいる場合でも安心できますね。また、間取りの無料メール相談が可能です。時間がなくて展示場に足を運べない!営業マンといきなり顔を合わせるのはちょっと…という方でも大丈夫!
ローコストでも、間取りにはこだわりたい、自分のペースで考えたいという方にピッタリな安心のシステムとなります。また、時間を気にせずに相談できるのも嬉しいポイントですね。住宅という大きな買い物だからこそたくさん相談したい!というニーズがかなえられる形になっています。

“家族が住む住宅、家族の分だけ間取がありライフスタイルがあります。多くの人がそれぞれの状況・考え・好み等によって間取りにはお悩みかと 思われます。そんな悩みを一緒に考え、最適な間取りを提案いたします!”
引用元:メールで間取り相談:アイダ設計(ハウスメーカー)|株式会社アイダ設計

メールで相談を受けてくれるといっても間取り相談って何から話せばいいの?という方も多いはず。どんな相談にのってくれるのか、少しご紹介いたします。

まず必要となるのは、家を建てるうえで必要な法令上の制限などの確認やスケジュール作成となります。建築予定地の法令上の制限や、希望の間取りなど専門的なことも含めて話し合いを進めていきます。

次に前段階で伝えた情報をもとに、「住宅カルテ」が作成されます。もちろん、こちらもメールで受け取ることができますよ。自分たちが納得のいく間取りになっているかをしっかりと確認しつつ、建物の使用についての希望やプランの再確認をしましょう。
パンフレットなどで具体的に提案してもらえるので、それぞれの家族に合わせた住宅の提案が可能となっています。


「888万円アパート」で夢の賃貸経営

引用元:888万円のアパート:注文住宅:アイダ設計(ハウスメーカー)|株式会社アイダ設計
なんと、アイダ設計でもお手頃な価格でアパートを建てることができちゃいます。
遊んでいる土地があるならば、建物価格「888万円アパート」で賃貸経営だって夢ではありません。しかも、建物面積9.74坪、延床面積17.61坪あれば、建てられるようです。

“アイダ設計の注文住宅。スケールメリットを活かしたコストパフォーマンスに優れた建物です。もちろん、住居設備においても、賃貸市場でニーズの高い商品を標準装備させており、安いだけでなく稼働率も考えた建物になっています。”
引用元:888万円のアパート:注文住宅:アイダ設計(ハウスメーカー)|株式会社アイダ設計

こちらも土地活用の相談は無料とのこと。賃貸経営なんて…と不安に思うことも多いでしょうが、金銭的な面も含めて手厚くサポートしてくれるようです。

また、自社一貫体制をとってくれるので、無駄なコストを抑えることが可能です。


「888万円アパート」の間取り

引用元:888万円のアパート:注文住宅:アイダ設計(ハウスメーカー)|株式会社アイダ設計
「888万円のアパート」は、自由設計だから敷地を最大限有効活用したプランができることが魅力です。
たとえば上の間取り図は、重層2階建て南入玄関1Kのお部屋2棟。キッチンが居住スペースと仕切られていて、料理後のにおいも安心ですね。
さらに、収納上がロフトになっていたり、ベランダまでついていたり、とまさにスペースを余すところなく活用した設計になっています。

“アイダ設計の考えるアパート経営は他社と比較しても建物価格が888万円と低いので、相場の家賃で設定したら、高利回りが見込めますし、逆に利回りを他社と同じ設定にすれば家賃の設定をかなり下げる事ができます。なので空室がでてもすぐに埋まることうけあいです。”
引用元:888万円のアパート:注文住宅:アイダ設計(ハウスメーカー)|株式会社アイダ設計

また、こちらも構造・断熱仕様はしっかりとこだわって作られている様子。安価ではありますが、賃貸市場でのニーズをきちんと見据えた稼働率の高い建物を建てることが可能となっています。

いかがでしたか?ローコスト住宅でも、夢を実現できる物件は多く存在しています。それぞれにこだわりを持った住宅なので、気になる物件がある場合には、一度相談してみると良いでしょう。
開放感にこだわりたい、間取りにこだわりたい、などそれぞれのライフスタイルにあった住宅が見つかると良いですね!