一戸建てに住んでよかったこと、気にならなくなったこと住み替えた方に聞きました!【その2】

2020.06.22 地域ライターE
マイホームを購入しよう! と思ったとき、まず考えるのは購入したことによるメリット・デメリットだという方はいらっしゃいませんか?

人生で一番大きな買い物ともいえるマイホーム購入。家族にとって、これまでよりも大きなメリットがなければ、なかなか踏み切れないものです。

一戸建てとマンション、どちらにもメリット・デメリットがあるのは当たり前。
大事なことは「我が家にとって」よかった! と思える選択をすることです。

今回も、「我が家にとって、コレがあったから一戸建てを選んでよかった! 」というポイントを一戸建て購入の先輩方からヒアリングしてきました。


今回は、「家で過ごす時間が趣味に直結するような過ごし方」をされているご家族がマンションと比較して一戸建てを選ばれた理由をご紹介します。

【どんなことがメリット? それぞれの一戸建てに住んでよかった理由をご紹介】


自分の家で洗車ができる!


「交通の便が良いところに住んでいれば、車はいらない」
「車が必要な時にはカーシェアやレンタカーを使えばいいじゃない」

なんて言われてしまうことが増えましたが、車は単なる移動の手段ではなく自分にとっては大切な趣味でもあります。車がない生活なんてとても考えられません!

家族みんなで自由な時間に行動できるのも、いつも飼い犬と一緒に行動できるのも、マイカーがあるからこそ。

以前マンションで暮らしていたときには、立体駐車場しかなかったので駐車できる車の大きさに制限もありました。何よりも専用スペースがマンション内にはなかったために洗車が気軽にできなかったことが大きな不満でした。

「立体駐車場なら、屋根がついているからそんなに汚れないでしょ? 」と言われることもあるのですが、実は立体駐車場でも他のクルマが雨に濡れて入庫すればしずくが落ちますし、しっかり埃だってつきます。

洗車をするために、わざわざ洗車スペースを貸し出してくれる遠くのガソリンスタンドまで行かないといけなかったので、かかる時間を考えると、そう毎週のように洗車に時間を割くわけにはいきません。せめてくらいはしっかり磨きたいところですが、立体駐車場の内部では、もちろん乗り降り以外の作業はできません。

戸建てが完成して、玄関の目の前にマイカーを停められるようになって、自分の好きなタイミングでクルマに触れるようになったことが何よりも嬉しいです。


大型犬を飼うことができるのはほぼ一戸建て!


我が家が一戸建てを購入するきっかけになったのは、とてもオーソドックスではありますが「犬を飼いたい」と思ったからです。

娘の仲良しの同級生のお家で、ラブラドール・レトリーバーを飼っていて、小さいころから一緒に遊んでいたので娘もすっかりラブラドール・レトリーバー好きに。ずっと「私も飼いたいなあ」とは言っていたのですが、当時は狭い賃貸アパートでしたし、活発に走り回るラブラドール・レトリーバーを身近に見て育っていたので、無理だとわかっていたのだと思います。

その同級生のお家で飼われていたラブラドール・レトリーバーが女の子で、繁殖に協力することになり、子犬が産まれたらできるだけ交流のあるお家に引き取ってもらえれば……とお話をいただきました。

娘も「これから絶対にちゃんとお世話するし、お勉強も習い事も頑張るから!! 」と懇願するので、それならこのタイミングで家探しをするか! と一念発起。

当初は、学区を変更したくなかったのでマンションも戸建てもチェックしていたのです。しかし、「ペット可」という触れ込みのマンションでも、ほとんどは小型犬のみ、大型犬は不可というところが多く、犬のことを考えると行動が制限されるマンションでは可哀そうですよね。

ということで、最終的に駅から遠くはなりましたが付きの分譲戸建てを購入しました。

うちの子は外で排泄したい子だったので、雨の日も庭に出るだけでラクですし、家の中で跳ね回っても気を使う必要もありません。

家に犬が苦手なお客様や小さいお子さんが来るときは庭のゲージで安全に一時避難できるのも良かったです。

やはり、大型犬を飼うなら一戸建てがベストだなと思います!


DIYするならやっぱり戸建ての自由度!

私の仕事は金融関係、妻の仕事は教育関係と、まったくインテリアや家に関係のない夫婦なのですが、お互いDIYが大好きです。

インテリアが好きというよりは、工作が好きなのかもしれません。特に私はDIYのための道具を集めたり、使ってみたりするのが好きです。

一人暮らしのときのワンルームマンションでもあれこれDIYをして楽しんでいたのですが、結婚して戸建てに住んでからの方が圧倒的に「できること」の範囲が広いですね。

最近は「原状回復」できるDIYアイテムが増えているので、賃貸でもある程度見た目を変化させることができますが、やっぱり釘を打ったり木材をカットしたりペンキを塗ったり……といった「DIYの醍醐味」を味わうには限界があります。

基礎以外のすべてのリフォームを自分たちでやってみたいという「老後の夢」に向かって、今から準備したいと思います!


「ステイホーム」が充実する家づくりを!

新型コロナウィルスの影響で、お家で過ごす時間が長くなることで、改めて「お家時間を楽しむための住空間」に注目が集まっています。

間取りなどを自分で決めることもできる、自由度が高い一戸建ては「趣味を思い切りお家で楽しみたい! 」という方にはピッタリ。

現在、マンションなどの賃貸住宅で生活している方も、やりたいことがあるというときは思い切って一戸建てを検討してみてくださいね!


家族の夢を叶える! みんなの笑顔が見れる家づくりをしませんか?


これから新築一戸建てを検討している方には、家づくり住宅ローンをともに相談できる、全国展開のハウスメーカーアイダ設計におまかせしませんか?

注文住宅は、ローコストながら完全自由設計。ご要望や敷地に合わせた間取りを一からご提案し、ご家族全員が納得のいく家づくりを全力でサポートいたします。

平屋から狭小住宅まで、あらゆるローコスト住宅に柔軟に対応可能。メールで条件をお伝えいただければ、無料で間取りの作成も可能です。

アイダ設計への資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ。

この記事を書いた人

地域ライターEの画像

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります