注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと<脱衣スペース編>

2020.07.01 地域ライターE
「水周り」は家を建てるときに気になるスペースの一つ。

しかし、「脱衣スペース」については、「お風呂」や「洗面所」とワンセット、特に意識しなかった……という方も多いのではないでしょうか?


新築一戸建てで暮らし始めてから気が付いた、ちょっとした後悔ってありませんか?」と聞いてみると、「お風呂」でも「洗面所」でもなく「脱衣所」としての機能に不満があって……という声が意外と多く寄せられるという結果に!

今回は、改めて「脱衣所」についての後悔ポイントをご紹介していきます! 毎日使う場所だからこそ気がついた先輩たちの後悔ポイントは、これから家づくりをする人は必見です。


脱衣所に着替え用の収納スペースがなかった

大学入学のタイミングで1人暮らしを始めてからずっとワンルームマンションで1人暮らし。何回か引っ越しもしましたが、ほとんどのワンルームマンションにはお風呂に脱衣所なんかありません。

でも、1人暮らしで誰の視線も気にすることないし、お風呂から出てすぐに服を着なきゃ! なんて意識もなく、普通に裸のままお風呂から出ていました。

35歳で結婚を決めたタイミングに、年齢的に早く住宅ローンを組んだ方がいいだろう、ということで新築の分譲戸建てを購入しました。

玄関キッチンもお風呂も広いし、設備も立派だし、収納スペースも広い! やっぱり賃貸ワンルームよりもすべてが住みやすそうだ! と思っていたのですが、ひとつだけ「しまった」と思ったことが……。

それは、脱衣スペースと着替えを収納しているクローゼットが遠いこと。

本当なら、簡単なプラスチック収納棚にでも、お風呂から出た後に着る下着や部屋着、パジャマなどを収納したいのですが、残念ながらわが家の脱衣所にはそのスペースはナシ。バスタオルをしまうスペースすらありません。

長年の1人暮らしが染みついていて、お風呂から出るときに「着替え持ってくるのを忘れた……」となることもしばしば。

「着替え持ってきてー!! 」と週に1回は大声で叫ぶはめになっています……。
(Aさん・新築分譲住宅を購入して3年)


脱衣所に仕切りのないトイレはやっぱり不便?


憧れの新築一戸建て。どんな家を建てようか、ピンタレストでたくさん写真をチェックしたり、雑誌を漁ったりして自分好みのインテリアのイメージをたくさん集めました。

そうして集めていくなかで特に惹かれたのは、のあるバスルーム、ガラスで仕切られていて脱衣所と洗面、トイレまで開放感のある外国のホテルのような水周り。

掃除もしやすそうだし、仕切りがないぶん同じスペースでも広くなるし、費用だってドア一枚分安くなるし、いいことばかり! と思ったのですが……。

子どもが小さいうちは、まったく問題を感じなかったんです。むしろ、トイレトレーニングがしやすくて便利! くらいに思っていました。

ところが息子と娘が10代に入ってくると、「着替え中にトイレ使わないで」「お風呂入る前にトイレ行っておいてよ! 」とうるさくなってきました……。小さいころからこの環境だったら気にしないかな? と思ったらそうでもないですね。

海外の子どもたちはどうしているのかしら? とぼやいたら、「こういうイメージのお家なら、個室にバスルームが一人一つあるのが珍しくないから。家族共用じゃないよ? 」と言われて呆然。……なるほど、それは知らなかったです。
(Bさん・地元工務店で注文住宅建築後10年)


洗濯機をドラム式から縦型に変えたら「一時的な物置き」がなくなって不便


一戸建てに引っ越ししてから10年たったころから、大型家電が故障しはじめるのって“あるある”なんですね。

わが家でも、これまでクーラーと掃除機、それから洗濯機が壊れてしまいました。
そのなかで「これが不便になることは予想していなかった……! 」というものが、洗濯機です。

10年ぶりに家電量販店で洗濯機コーナーを見て、最新式や容量の大きいドラム式洗濯乾燥機のお値段にビックリ! はるかに予算オーバーでした……。

で、洗濯機をドラム式洗濯乾燥機から縦型の洗濯乾燥機に変えました。

故障する前は、我が家はドラム式洗濯乾燥機をずっと使用していました。でも、乾燥機は日常遣いしていなくて、たまに雨が続いてしまって、どうしても必要な洗濯物があるときに使う程度。今は縦型でも一応乾燥機能付いているのですね。お値段も数万円安かったです。

そこまでは良かったのです……。カビ防止に基本は蓋を開けっぱなしにするのですが、今までちょっとメガネやスマホを置いておくスペースとして使っていた洗濯機の上の部分が使えないんです!

脱衣スペースって、そういう「一時的に小物を置いておきたい」こと多くないですか? メイクボックスとか、日用品補充とか、洗剤を詰め替えたりとか……。

机や棚を置くスペースもないし、毎日不便を痛感しています……。
(Cさん・大手ハウスメーカーで一戸建てを建築後13年)


毎日使う場所は「シミュレーション」を念入りに!

小さな子どもがいる、年頃の娘さんがいる、入浴介護の必要なお年寄りがいる、ペットと暮らしている……。家族のカタチによって、「脱衣スペース」に必要な広さや機能は少しずつ違っていくようです。

パーソナルに使うスペースでありながら、家族全員が共有する脱衣所。家事導線を想像しながら必要な機能をピックアップしてくださいね!

家族みんなが満足する家づくりは、プロに相談して解決!


人生で一番大きな買い物といっても過言ではないマイホーム。家族みんなが納得できる家を作りたいですよね!

全国展開しているハウスメーカー・アイダ設計の注文住宅は、ローコストながら完全自由設計。ご要望や敷地に合わせた間取りを一からご提案し、収納スペースもしっかりとご家族全員が納得するまで検討します。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。
まずは、メールで間取り相談も可能。条件を指定すれば、無料で間取り案が作成可能。同じフォームの【メールで間取り相談】からお申込みください。


そのほか、お問い合わせ・ご相談は、こちらの資料請求・お問い合わせフォームから。お電話でのご相談も承ります。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

この記事を書いた人

地域ライターEの画像

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります