スタイリッシュで一風変わったデザイン住宅、画像7選

2016.07.07
一見変わったデザインで、思わず二度見したくなる住宅を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
そこで、スタイリッシュで奇抜なな住宅の画像をご紹介していきたいと思います。

中が丸見え!スケルトンハウス

引用:boredpanda
家の中が丸見えのスケルトンハウスです。日本で建設されました。中が丸見えでプライバシーは大丈夫?と思うかも知れませんが、あえて見せるスタイルが注目の的!全面ガラス張りなので、開放感は満点です。全体的にを取り入れるので日中は照明いらずなのでは。

家の中でもスケボーが楽しめる、スケボーハウス

引用:boredpanda
スケートボードを練習する場所は見つけるのに苦労するものです。このスケボーハウスを考えた人は、毎日スケボーを楽しみたいという意向があったのか、家の中にスケボーのコースを作りました。名づけてスケボーハウスです。はもちろん壁面でも自由自在に滑ることが可能!アメリカならではの発想かもしれませんね。

ポーランド発、布団の幅の超薄ハウス

引用:boredpanda
日本でも狭小住宅という言葉はよく耳にしますが、狭小住宅も比ではない位の薄い家がポーランドにあります。その名も世界最薄ハウスです。幅はシングルの布団を一枚引くのが精一杯、それが縦に長い住宅です。コンパクトなので意外と居心地が良いかもしれませんね。

高さ100フィートの居住空間

引用:boredpanda
ベルギーにあるこちらの住宅は、ナチスの隠れ家として使われていた給水塔です。高さはなんと100フィートで30.48メートルもあります。ビルの高さはマンションに例えると10階から11階に相当する高層なのです。高さがある分、いろいろな部屋が作れそうですね。

洞窟の中にいるかのような居住空間

引用:boredpanda
こちらもアメリカらしい住宅の一つ。60年台の漫画をイメージしたとされる家は、リビングキッチンのデザインは完成度が高く仕上げられています。外観はスタイリッシュですが、華を添えてくれるのが、周りの景色。ボニー山脈や、太平洋の景色が望める最高のシチュエーションのようです。

いろいろな使い方ができる1メートルハウス

引用:boredpanda
ドイツにある、世界最小の1メートルの住宅です。1メートルの小さな家の活用法はと言うと、持ち運びができるメリットを生かして、縦に使い勉強部屋として使うのも便利。横に寝かせてベッドルームとしても活用できるのです。あなたならどのような使い方をしますか。

滑り台を使って、下のフロアに移動できるスライドハウス

引用:boredpanda
こちらは日本で作られた住宅で、上のフロアに移動する時には階段を使い、下に行く時には滑り台で移動するという遊び心を持たせた手法を取り入れています。子育てでは子どもが喜ぶこと間違いありません。あっといまに移動できる滑り台を家の構造に取り入れてみてはいかがでしょうか。

日本のみならず、海外でも注目を集めている7つの事例をご紹介してきました。変わっているけれど、取り入れてみたいと思ったものもあるのではないでしょうか。まだまだ変わったデザイン住宅はたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。