注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと「外壁編」

2020.07.17 地域ライターE
家づくりといえば、やはり間取りインテリアなど「家の中」のことというイメージが強いですよね。

しかし、家の外観も家づくりには大切な要素。
しっかり考えていかなければ、後悔につながってしまうかもしれません……。


注文住宅・新築住宅を建てたあと気が付いた「後悔したこと」を戸建て購入の先輩たちに聞く「後悔シリーズ」、今回は「外壁編」をお届け!

外壁は家の外観のイメージを大きく左右する大切な部分ですが、強くこだわった方からコーディネーターさんに全部お任せした! という方まで幅広くいらっしゃいました。

外壁の後悔ポイントをしっかりと押さえて、中も外も後悔のない家づくりを叶えましょう!


メンテナンスのことも考えて選ぶべきだった……

「すべての素材や設備に最高のアイテムを使った素晴らしい家」を作ることができるならいいけれど、普通は予算に限りもあるわけで、こだわりが少ない部分はできるだけ予算をおさえたい……と思うのは普通ですよね?

キッチンや水周りにはこだわりたいと考えていましたが、家の外観やデザインに対してはむしろ一般的で目立たない方が良いと思っていました。なので、外壁材についてのパンフレットはそこまで熱心にチェックしていなかったです。設計士さんがセレクトした外壁材から、いちばん安いタイプを特に深く考えずに選んだ感じです。

仕上がりもデザインも満足でしたし、何も問題ないと思っていたのですが……。

最近、お隣さんが「外壁のメンテナンス工事をするので、足場が立ちます」とご挨拶に来て下さって、「塗装をし直す」というメンテナンスが発生することを知りました。

ヒビが入っているわけでも、色が褪せているわけでもない外壁をもうメンテナンスされるんですか? とびっくりして聞いたら、「ウチは安いサイディングにしちゃったから、こまめに塗り直さないといけないらしいの」とのこと。

まったく意識していなかったわけではないのですが、外壁のメンテナンスなんて、30年くらい経ってからのことだと思っていました。

慌てて施工してくれた工務店さんに確認したら、「5年点検のときに、塗装の塗り直しはご提案しようと思っていました」とのこと。

元の塗装方法でメンテナンス期間が違うなら、もう少し耐用年数が長い外壁をお願いしておけばよかったと後悔しています……。
(Aさん・地元工務店に依頼して注文住宅を建築後3年)


自分のイメージが他人と違った!!

夫婦そろって、どちらかというと男性的な、カッコいい雰囲気のデザインに憧れていました。コンクリート打ちっぱなしと、黒に近いガルバリウム鋼板で屋根も外壁も覆うデザインと迷って、最終的に予算とリフォームのしやすさをとって、ガルバリウム鋼板の外壁をチョイス。

キレイに仕上げていただいて、イメージ通りのスタイリッシュな外観になった! と喜んでいたのですが……。

ショックだったのは新築祝いに父母と祖父母が訪問してくれた時のこと。間取り図は事前に見せながらあれこれ話をしていたのですが、実際に建てたわが家を見るのはそのときが初めてでした。

わが家を見るなり、祖父母は「今でもこんな家建てるのかい? 大きい家なのにねえ……」なんて言い出したので「何のこと? 」と思っていたら、「トタンなんて今でも使うんだねえ…」の一言。

トタンって、昔の長屋みたいな建物に使われている“アレ”ですかね……?

年輩の方だけかもしれませんが、「安っぽい? 」と思われてしまう可能性があっただなんて、ものすごくショックです……。
(Bさん・建築事務所に依頼して注文住宅を建築後1年)


ガルバリウム鋼板とトタンの違い
ガルバリウム鋼板とトタンの共通点は、「鋼の板にメッキ加工を施した建材」という点。

この二つは、どのような金属を使ってメッキをするかという点が違います。トタンは亜鉛のみでメッキされていますが、ガルバリウム鋼板はさらにアルミ・ケイ素を加えています。

トタンと同じように軽く扱いやすいことに加え、錆びにくいというプラスの点が加わって、住宅用建材として広く流通している素材です。


こだわりの焼杉の壁材。子どもの手が汚れる……


日本の古い街道沿いの街並みが好きで、自宅も和風なイメージで建てたいな……と考えていたらオススメされたのが、焼杉という壁材でした。

シックな黒で、自然素材。国産の杉を使って環境保全にも貢献できるなんて素敵…!と思い、即決しました。

実際の仕上がりも「新築」のピカピカ過ぎる感じがなく、周辺の環境にもなじむ落ち着いた雰囲気で大満足です。

1点だけ不満があるのが、「触ると焼いた炭のせいで汚れてしまう」ということ。

特にわが家の子どもは小学生と幼稚園生なのですが、自転車を家の敷地内に引き入れるときに、洋服をこすったり手をついたりしてしまうのです。自転車のハンドルを引きずると外壁に跡もついてしまうし、先日は淡い色のワンピースのお尻部分を黒くされてしまいました……。

もう少し子どもが大きくなれば触らなくなると思いますが、焼杉を使う場合は通路の確保は広めにとっておかれることをオススメします。
(Cさん・建築事務所に依頼して注文住宅を建築後5年)


「外壁」については、さすがに日常生活に大きな不便や問題が発生するような後悔話をうかがうことはありませんでした。

しかし、家の印象を大きく左右するところだけに、選択するときはそれぞれのメリット・デメリットと中長期的なメンテナンス方法・費用をしっかり確認しておきましょう!


中も外もこだわろう! 後悔しない家づくり

自由設計による、注文住宅づくりが得意なハウスメーカーなら、キッチンから洗面所まで家事ラクを意識したこだわりの間取りを実現。もちろん、外壁もお客様の納得のいくものをご用意いたします。

たとえば、全国に展開するハウスメーカー・アイダ設計が提案するのが、家事をスムーズにする回遊動線。キッチンからパントリー、洗面所、バスルームへ一直線の動線に、回遊性もプラス!

ウォークスルーパントリーにキッチン側からも、洗面所側からも入れるために、活用方法がぐっと広がります。

キッチンからパントリー、洗面所、バスルームまで一直線で家事がしやすい

パントリーは可動棚。置くものによって高さが変えられます。室内干しスペースとしても利用可能で、湿気がこもらないよう、すべり近くと天井近くに設置されています

「A」のキッチンはオープンな対面型、「B」のパントリーは独立した部屋でリビングダイニングから目に入らない形に。玄関・洗面所側からもパントリーに入れて、買い物後の荷物置きもラクラク。パントリーをウォークスルーにしたことによって、回遊ができる間取りになっています

こんなアイデアが満載のカタログをダウンロードできます!


いま、こうしたアイデアがもりだくさんのカタログ『プランスタイルブック』をプレゼント中!!
家づくりを考えている方には、ぜひ手にとっていただきたいカタログになっています。


キッチンや家事スペースのアイデアも盛りだくさん!家づくりで知っておきたい工夫をまとめたカタログです

申し込みは下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

この記事を書いた人

地域ライターEの画像

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります