冬の暮らしに生かしたい、無印良品のおすすめアイテム

2019.11.26
インテリアや文房具から家電まで、暮らしに欠かせないさまざまなアイテムを、シンプルで機能的なデザインで展開している無印良品。

今回は、これからの時期、暮らしのなかに取り入れたいおすすめの無印アイテムをご紹介します。


乾燥する時期にうれしい加湿もできるアロマディフューザー



無印良品の「超音波アロマディフューザー」は2008年の発売以来、人気を博してポータブルタイプも登場するなど、ラインナップを増やしてきました。

お家の中で過ごすことも増える冬、好きな香りで部屋のなかを満たしてリラックスできるのは、うれしいのですが、気になるのが部屋の乾燥。アロマディフューザーであわせて加湿もできればいいのにと思っていたら、ありました、無印良品の「超音波アロマディフューザー・大(加湿機能付)」。


最大で約20時間、香りを楽しむことのでき、加湿機能を備えた大容量タイプのアロマディフューザーとなっています。水は一度に2Lまで入れることができ、弱モードでは約20時間の連続運転が可能。

エッセンシャルオイルをセットすれば、自動で継ぎ足さしてくれます。また、フタを開けずに上から水を継ぎ足すことも。

もちろんデザインはシンプルなので、どんなリビングにもおしゃれに加湿できちゃいます。


冬も大活躍なティッシュも無印でシックに


もちろん1年中必須品だけど、冬になると風邪をひいた家族が鼻をかむのに新しいティッシュ箱を出してきて、なんだか家中がティッシュ箱だらけに......。

そんな時でも、無印良品の「ティシュー」シリーズなら、あくまで家の中をシックに保ってくれます。

竹の繊維を原料の大半に使用、漂白工程を省いたティッシュは、素材の色そのまま。

通常サイズの「ティシュー」と「卓上用ティシュー」、「ポケットティシュー」と、海外で親しまれている形の「携帯用ペーパーナプキン」の4アイテムがラインナップ。

これに合わせたいのは、アクリル製で半透明の「卓上用ティシューボックス」。ボックスとティッシュのたたずまいには、美しさすら感じてしまいます。クラフト(紙製)のボックスもラインナップ。お好みの方を合わせてもらえます。

定番のファイルボックスは季節用品の収納に活躍


無印良品のファイルボックスは、サイズもさまざまなものがあり、キッチンやリビングの収納用品として大活躍。

ienyで人気の連載「整理収納アドバイザー・梶ヶ谷陽子の整理収納レシピ」でも、梶ヶ谷さんが使いこなしていました。


冬の季節に家の中に登場するのは、クリスマスやお正月の飾りといった季節用品。
飾り付けて冬のイベント気分を味わうのは、楽しいですが、ちょっと気が重いのはその片付け。

そんなこまごまとした季節用品の収納に、ファイルボックスがぴったり。押し入れや納戸にも、美しく収まる無印のファイルボックスをぜひ活用してみてください!

おまけ:無印にいったら甘いものもゲットしたい......


そんな方に朗報です。無印良品で人気の「不揃いの焼き菓子シリーズ」に、アップルパイやスイートポテトパイなどが登場。

新たにパイシリーズが仲間入りし、バウム20アイテム、ケーキやスコーンなど20アイテム、合計40アイテム!価格もすべて消費税込み150円とお手頃。ちょっと小腹が空いたときにいろいろ選べるようになりました。

無印良品に行った際にはぜひチェックしてください。

ここまで、どれも無印良品ならではの“デザインと工夫”が詰まったグッズをご紹介してきました。ぜひあなたの暮らしに取り入れてみてください。


暮らしを彩るアイテムを生かすシンプルデザインの注文住宅なら



自分好みの暮らしを彩るアイテムを選んで暮らす。そんな理想の住まいは、アイダ設計注文住宅で。

完全自由設計のアイダ設計なら、あなたの思い通りの暮らしを叶える間取りやデザインのアイデアがあります。こちらのフォームから、お気軽に資料請求やお問い合わせください。