ガーデニングに挑戦したい! お金をかけずに実践する「エクステリアDIY」のススメ

2020.04.20 地域ライターE
新築一戸建てを建てるときにこだわりたいのは、間取りインテリア。そして、「外観」。

「マイホームでは、小さいスペースでもガーデニングをしたり、雰囲気のいいエクステリアで外観で個性を出したい! 」

そんな計画をされていた方も

『エクステリアは初期の見積には含まれていないことが多い』
『ついつい家のなかのことにお金を使ってしまいがち』

こんな理由でエクステリアは後回しになるといった場合が多いようです。


そんなエクステリアやガーデニングは、実はお金をかけずに自分たちの力で取り組む<DIY>に比較的挑戦しやすい部分だということをご存知ですか?

今回は、「お金をかけずに実践する一戸建てエクステリアDIY」の工夫についてご紹介します!


家づくりの段階で欲張らない

長く暮らすマイホームだからこそ、お金をかけるべきところと後回しにするところをしっかり分ける。それが、“賢い家づくりの基本原則”です。

この場合、「後回し」にするべきは以下のようなポイントをクリアしているところとなります。

  • 後からでも設備や変更を加えるのがラクで、選択肢も多い
  • 新築時に一緒に導入しなくても、費用が大きく膨らまない
  • 生活に密着しない+α
エクステリアについては一部の分譲戸建てをのぞき、「標準仕様」には含まれておらず、家の契約が終わってから「そういえば……」と慌てる方も多いです。

これはエクステリアが、上記のポイントを踏まえた「後回しでもなんとかなる部分」だからとも言えるでしょう。

家の外観もマイホームの満足感を高める重要なポイントですから、ついつい「もう少し頑張ったら何とかなるかな」と同時に完成させたくなりますが、日本園などとは違い「ガーデニング」は基本的に「DIY」ができるものです。

もし、「家族みんなで何か家づくりの記念になることをしたい」とお考えなら、エクステリアで叶えてみるのも良いでしょう。


プランターと地植え、DIY初心者ならどっち?


エクステリアDIYやガーデニングで重要なのが、「植物を地面に植えるか、プランターで育てるか」という選択です。

植物を直接地面に植えることを、「地植え」と言います。

土地の気候にあった植栽を施せば、水やりの手間もプランターと比較すれば圧倒的に少なくなりますし、何より植物は元気に大きく育ちやすくなります。
本格的に野菜を栽培してみたい! という方は、畑を耕して植えられる方が育てられる野菜の選択肢が広がります。

ただし、樹木を植えたいという場合は注意が必要です。

樹木が大きくなりすぎると剪定(樹木の枝葉を整えること)が必要になりますし、植えた樹木によっては害虫が大量に発生してしまうというリスクもあります。それらのリスクを理解したうえで植えるようにしてください。

一方、プランター栽培は大小さまざまなプランターや植木鉢を利用したガーデニングです。

水遣りは基本的に毎日必要となり、手間もかかりますが、出来るところから少しずつ始めることができ、季節やイベントによってイメージを変える楽しみもあります。

植える植物やプランター、用意する土など、数百円から購入できるため小さい予算で始めやすいのもメリットです。

エクステリアは業者に依頼せずに自分たちで取り組む場合、簡単なのは圧倒的にプランター利用です。

地植えは、「土」を栽培に適した状態にする必要があります。

場所によっては水道管などが埋設されていたり、わずか数十センチ掘っただけで石がたくさん出てくるなど、ご自宅の土地が植物栽培には不向きである可能性もあります。

特に、「庭で家庭菜園をしたい! 」という場合は相当深く畑に適した土を入れる必要があります。

小さなシャベルやスコップで少しずつ掘り返すのは、気が遠くなる作業です。土地の造成の段階で、どこに畑や植栽を植えたい、と計画し、ハウスメーカーや一戸建てに伝えておき、土地造成の段階で手を入れるのがベストなことを考慮すると、「お金をかけずに実践」とは言えない金額が必要となります。

ガーデニングがまったく初心者の方なら、プランター栽培からスタートするのがオススメです!


ホームセンターとお花屋さんはセルフエクステリアの強い味方!


ガーデニングに限らず、郵便ポストや外灯など、エクステリアで「初めから計画しておきたい」というアイテムはたくさんありますよね。

そんな時に大活躍してくれるのが、地元のホームセンターとお花屋さんです。

まず、切り花だけでなく、大きい鉢植えの樹木を扱うお花屋さんを探してください。

シンボルツリーは、玄関近くに一鉢置くだけで、雰囲気がぐっと良くなります。その土地の気候や家の日当たりに合った植物を選ぶのが重要です。マイホームの外観を撮影して、雰囲気に合うものを探してもらうのがオススメです。

また、ホームセンターは「プロ向け」のお店もチェックしてみましょう!

業務用のフェンスやレンガなどが驚きの価格で売られています。郵便ポストも様々なデザインから選ぶことができますし、多くのホームセンターでは購入した商品を運ぶのにトラックの貸し出しまでしてくれます。

最近はガーデニング専門のDIYショップなどもオープンしており、ワークショップでさまざまなDIYを体験できる機会も増えています。地域の公民館などでも格安でガーデニング講座が開講されています。

せっかくのガーデニング、プロの意見を上手に取り入れながら楽しく取り組んでくださいね!


こだわりのエクステリアを自分たちで作ろう!

たくさんのこだわりを詰め込んだマイホーム、インテリアはもちろん、外観・エクステリアまでこだわりたくなるのは当然です。

しかし、マイホームは人生で一番大きい買い物だと言っても過言ではありません。予算などのシビアな問題と切り離して考えることは難しいですよね。

しかし、DIYで一つずつこだわりのエクステリアを作っていったことも、きっと家づくりのいい思い出として残ってくれるはず。

プロの意見も取り入れながら、上手にエクステリアDIYを楽しんでいきましょう!


自分だけのこだわりの家づくり、プロに相談してみませんか?


人生で一番大きな買い物といっても過言ではないマイホーム。家族みんなが満足する、“こだわりの家”をプロの力を借りて作りませんか?

全国展開しているハウスメーカー・アイダ設計注文住宅は、ローコストながら完全自由設計。ご要望や敷地に合わせた間取りを一からご提案し、ご家族全員が快適に過ごせる家づくりをいたします。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。
まずは、メールで間取り相談も可能。条件を指定すれば、無料で間取り案が作成可能。同じフォームの【メールで間取り相談】からお申込みください。


そのほか、お問い合わせ・ご相談は、こちらの資料請求・お問い合わせフォームから。お電話でのご相談も承ります。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

植えっぱなしOKがうれしい!「多年草」のガーデニングおすすめ品種

2021.3.22

一戸建てを建てたら家庭菜園をはじめたい!新築時にしておくと便利なこと6選

2021.2.26

コロナをきっかけに地球環境へのアクション ~フィッシュバーン流「家育て」vol.23~

2020.12.7

【100均DIY】子どもと作れる!簡単かわいいクリスマスデコでおうちパーティーを楽しもう!

2020.12.4

猫と一緒に楽しむ冬支度 〜DIYで進化する“無重力猫ミルコ”のお家

2020.11.27

5月は夏野菜の植え付けシーズン!お子さんと家庭菜園を始めよう

2020.5.3

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります