家づくりのお手本は、旅での出会い アメリカ編 ~フィッシュバーン流「家育て」vol.5~

2019.05.22
こんにちは、フィッシュバーンです。

風はそよそよ、お日様サンサン☀️ 今の季節は、最高に気持ちのいいお天気!
とはいえ、いい季節って、あっという間に終わっちゃうんですよね……。

さて、今回は、アメリカへの旅で見つけた素敵なモノたちをご紹介してみます。

▶▶▶【フィッシュバーンさんのお家の話はこちら】


アメリカは色々とご縁が深く、ここ20年の間にちょいちょい行っています。特にカリフォルニアは、数え切れないほど……。

以前、ヴィンテージショップを経営していたこともあり、その買い付け仕事や、息子の留学先を訪れたりなどなど、私にとってアメリカは何かと身近な国です。

カリフォルニアといえば、皆さんのイメージはこんな感じですよね。




海も、カリフォルニアらしくていいんですけど、『家作りのイメージの参考に』となると、私としてはあまり役にたたず……。


ロングビーチのマーケットはインテリアアイテムの宝庫

ヴィンテージものが大好きな私は、LAに行くと必ずロングビーチのフレアマーケットに行きます。

月に1度だけの開催なのですが、ここはヴィンテージが山ほど売られています。

マニアにはたまらないマーケット!

特に家具や雑貨などインテリア関係のものが豊富なのです。



ヴィンテージだけでなく、クリエイターのオリジナル作品やハンドメイドアイテムなど、さまざまなものが売られています。

私は、いつもこのマーケットに行くと、照明具、古い箱、花瓶、食器などなど、大量に買い込んでしまい、いつも帰りの飛行機はオーバーチャージを払ってお持ち帰り状態。

そうそう、どうしても欲しかったけれど、諦めたアイテムがこれ。


昔のオーブンを改造し、中は新しい機器を入れたオーブン。
家に置きたかったんですけどねー、さすがに大きすぎました。いつか別荘を買える身分になったら欲しいです~。

このマーケットに行くと、日本に帰ったら部屋をこんな風にしよう、あんなものを作ろう、あれを飾ってみようなど、いろいろな思いが湧き、家育てへのモチベーションが上がります。

ぜひ皆さんも行ってみてくださいな。


ご当地感のあるこだわりのB&Bに感心しました

以前、カリフォルニア北部にあるヨセミテ国立公園に行きました。


その時、ヨセミテのそばの小さな町の宿(Airbnbで予約)にステイしたのですが、山のイメージに合わせた部屋のインテリアがとても素敵でした。




宿のオーナーによれば、部屋だけでなく、洗面所やバスルームにも木や石といった自然素材を使い、ヨセミテにやってくる山好きなお客様に喜んでもらいたい、という思いをこめてコーディネートしたそうです。

いい話ですよね。

ここに泊まって、山気分、盛り上がりました(笑)

ヨセミテへ行く途中はかなりのカントリーサイド。時折、道にこんなポスト達が並んでいて、たまらなく可愛かったです。


こういうのを見ちゃうと、車降りて撮影しちゃいますよね……。

心ときめくシーンを写真で残しておくって、ほんと大事だなーなんて今もこの原稿を書きながら思ってます。

家育ての役に立つだけでなく、写真を見るたびに、撮影したときのときめきを思い返して何度も楽しめちゃいますもんね。

と、アメリカ編は終了。

まだまだ写真はたくさんあるのですが、PC内で整理できていない状態。

家の整理整頓は大得意なのですが、実は、PC内はかなり混乱&煩雑(笑)

こっちも得意になりたいなーと思いつつ、今日も放置……。

ではまた~!

フィッシュバーン真也子
出版社勤務ののち、エディター、インテリアスタイリスト、デコレーターとして長らく活動。
現在、ハーブブランドのディレクター業の傍ら、貸スタジオ業、不動産賃貸業を営む。占い人としても活動。
家、家具、雑貨など家に関わる全てをこよなく愛する。ヴィンテージ好き。食&旅、住に関する著書あり。
<BLOG> https://mayafish.xsrv.jp/
<著書>
*食と旅のエッセイ『笑顔になれる美味しいプロヴァンス』(スタンダードマガジン)
*不動産エッセイ『女ひとり・借金アリ・貯金ゼロからのトーキョー大家さんLIFE』(主婦の友社)