洗濯マグちゃん半年使用レポート! 洗剤不要はホント!?

2019.04.17

快適な暮らしに欠かせないお掃除・お洗濯に関して、家族を巻き込んで「実践レポート」しているieny地域ライターのEです!
今回は、知る人ぞ知る洗濯グッズ、「洗濯マグちゃん」をなんと“半年間”使ってみたリポートをしたいと思います!


▶▶▶【オキシクリーンでお家も服もピカピカに!】


テレビでも紹介された「洗濯マグちゃん」とは?

お洗濯に欠かせないアイテムといえば……

  • 洗濯洗剤
  • 漂白剤
  • 柔軟剤

この3つ! しかし、これらの製品を一切使わずにお洗濯できると聞いたら、すぐには信じられない方も多いのではないでしょうか。
最近ではアレルギーがあって市販の洗濯洗剤ではかゆみがでてしまったり、衣類は柔らかく保ちたいけれど匂いを嗅ぐとくしゃみが出てしまう、といったお悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

洗濯マグちゃんは、これらの悩みを解決するだけでなく、さらに洗濯槽やパイプ汚れまで防いでくれる、まったく新しいグッズなんです。

秘密は「マグネシウム」という金属。

洗濯マグちゃんの開発・販売元である株式会社宮本製作所は、もともとマグネシウム加工を専門に扱う金属加工メーカーさん。
毎日部品を加工するときに大量に出るマグネシウムの削りかすを「なんとか利用できないかな?」と試行錯誤した結果、水とマグネシウムが反応すると、PH9.5のアルカリ水になって、油脂を分解する洗浄力があること、さらに洗浄能力だけでなく「におい成分の分解率」は一般の洗濯洗剤以上の効果を発揮することを突き止めました。

その効果は口コミで広まり、2018年9月にはあの有名テレビ番組「ガイアの夜明け」で取り上げられ、大きな反響があったそうです(ちなみに我が家もこのテレビ番組を見て速攻ポチったのです……)。

洗濯マグちゃんシリーズは3種類

  • 「洗濯マグちゃん」・・・マグネシウム含有量約50g
  • 「ベビーマグちゃん」・・・マグネシウム含有量約70g
  • 「ランドリーマグちゃん」・・・マグネシウム含有量約100g

中身のマグネシウムの量が異なることで、洗浄力や消臭力が高くなりますよ、ということのようです。それぞれ、洗濯機の容量で一度に何個利用すればよいかが変わります。


洗濯マグちゃん、実際に汚れはおちる?


我が家が購入したのは、「ベビーマグちゃん」3個セット(販売価格:税込7,776 円)。

我が家の洗濯機容量は9キロだったので、「ベビーマグちゃん1つ、洗濯物3キロが目安」にちょうどよい! とこちらをセレクトしました。

ベビーマグちゃんを購入するまでの我が家が使っていた洗濯用品はコチラです。

  • そのとき安売りしている有名国内メーカーの液体洗剤
  • 匂いが比較的少ない赤ちゃん衣類用柔軟剤
  • 汚れが強いときは酵素系漂白剤
  • 襟袖部分洗い洗剤
  • 食べこぼし部分洗い洗剤
こうやって書きだしてみると、やっぱり結構ありますね!

  • 全部液体なので、買い物が重い!
  • 気を付けて入れても液だれがあるから、詰め替えやボトルの掃除が面倒
  • ストックの場所を取る

などなど、不満はそれなりにありました。

マグちゃんを使うにあたってリサーチしたところ、2つの課題が見えてきました。

  • 2週間くらいは、洗濯槽やパイプに残った洗剤カスが出るので、それによって生乾きの時は臭うこともある
  • 泥汚れや食べこぼしなど、強い汚れは洗濯機だけでは落ちない(これは普通の洗剤でもおなじですね)

これらを事前に把握していたので、「初めの2週間はマグちゃんだけで洗濯、臭いが気にならないよう天日干し」からスタート。

タオルも、下着も、これまで通り、普通にキレイです。匂いもありません(無臭? と言ったらいいか、布の匂い? と言ったらいいか)。
柔らかさも、少なくとも肌着やパジャマなどはよい手触りです。唯一、タオルは「ふわふわ~」のような手触りではありませんが、我が家はどちらかというとかためでしっかり吸水できるタオルが好みなので、問題なし(柔軟剤入れていた時と比べても、そこまで変わりはない気がします)。

ここまで確認してから、いよいよ我が家の「部屋干し」をスタートしました。
家族3人が花粉症の我が家、先は洗濯物は外に出せません。夜洗って、翌朝まで洗濯室とお風呂場を使って部屋干ししています。

マグちゃんを使い始めてから、完全室内干しでも「部屋干し臭」が消えました! すごい!!

とはいえ、小学生男児が2人いる我が家、体操の汚れはやっぱり落ちづらい。ということで、市販の「洗浄力に自信!」系洗剤半量と併用しています。部分洗い洗剤も時々使用。柔軟剤を使わなくて済むようになったこと、洗剤半量で省スペースになったこともうれしいです!

小学生男子のくちゃい靴下も、洗いあがりはスッキリです。


マグちゃんと併用したい生乾き臭対策

生乾きの原因は、やっぱり「長時間湿った状態で菌を繁殖させてしまうこと」。

【湿気を飛ばすためには、空気の流れが必要】
洗濯物を干すスペースに、サーキュレーターを取り付けて、空気を循環させましょう!
風が洗濯物の「裾」側に当たるようにするとさらに効果が高くなります。
サーキュレーターの代わりに、扇風機を利用しても大丈夫です!


【雑菌の繁殖を抑える】
衣類についてしまった雑菌の繁殖を抑える効果が絶大なのはやはり漂白剤。マグちゃんは酵素系漂白剤と併用が可能です。できるだけ洗濯物を長時間ためず毎日洗濯すること、脱いですぐ洗濯機に入れてふたをしないことも菌の繁殖を抑える効果があります。


半年使ってみたマグちゃんのいま

洗濯機の洗濯槽と排水パイプの接続部分、夏場に顔を近づけると、少しイヤな臭いがしていたのが一切、なくなりました! 洗濯槽洗いをしても、お水はキレイなままです。

マグネシウムは、使っているうちに少しずつ酸化するので、少しずつ水をアルカリ化する効果が弱まってしまうのだそうです。使い始めて3週間くらいしたころに、いちどクエン酸を使ってお手入れをしたことがありますが、その後一度も気にならず、お手入れしていなかったので今回久しぶりにマグちゃんのお手入れをしました!

まずは、半年使用した現在の重量72グラム。一応3個とも量りましたが、すべて同じ重さでした。


実は、半年前購入時にも量っていました。そのときは81.5グラム! 半年で約10グラム減っています。


100円ショップに売られているクエン酸を、お掃除用の容量で溶かします。


クエン酸効果が高くなるようにお湯を使って溶かしたところにマグちゃんをIN!
いれた直後は無色透明だけど……


5分くらいお湯に漬けながらゆするうちに、水が少し白濁しました。


翌日乾いてから、マグちゃんをもう一度計測しましたが同じ73グラム。クエン酸で溶けるわけではないようです(※長時間漬けると溶けることもあるようなので、長くても10分くらいにしておきましょう!)。
これで明日からもスッキリ使えそう!

マグちゃんと洗剤の、1年間トータル購入費用はあまり変わりません。
それでも、手間いらず&環境と肌にやさしいマグちゃんはわざわざお取り寄せする価値あり! な、お洗濯グッズでした!