「我が家はこれで子供部屋をスッキリさせました」成功ママの収納術 [PR]

2019.01.28


小さなお子様がいるお家のほとんどのママが抱いている問題。
それは、ずばり「収納」「お片付け」!

実はこの問題、子どもだけでなく、ママ自身もできていないことが多いのです。

そんなときは、「何をどこにしまう」という分別ルールできちゃう収納アイテムを使って解決!
収納が苦手なママでもお片付け名人に変身できちゃう、話題の収納グッズをご紹介します。


色とサイズで分別することでお片付けがラクになる


お子様がいるご家庭での悩みの多くは「おもちゃ収納」です。

おもちゃは年齢や用途によってサイズが異なります。
たとえば、0~2歳ころまでは、子どもが飲み込んでしまう可能性があるので、積み木やぬいぐるみなどの大きめのおもちゃがメイン。
大きくなるにつれ、電車のレールやおままごとの道具、さらに大きくなるとレゴブロックなど細々したおもちゃが中心になります。そういった子どもの成長につれ収納アイテムを買い替えるのは大変です。

そこで登場したのが、成長にあわせて「買い足す」おもちゃ収納、stacksto,(スタックストー)のpelican(ペリカン)シリーズです。


ペリカンのくちばしのような蓋に、様々な色のバリエーションがあり、さらにサイズのバリエーションも豊富!おもちゃを大きさ別に、「色」と「サイズ」で分別することができます。
どの色に何をしまうのか、どの大きさのものはどこへしまうのか、子どもでもわかりやすくできるのがポイントです。


出し入れが楽だとお片付けが継続できる


どこに何をしまうかが理解できても、しまいにくかったり取り出しにくかったりすると、子どもたちはもちろん、大人のお片付けも習慣化されません。
一度どこに何をしまうのかルールが決まったら、次に大切なのは「お片付けを継続できるか」になります。


pelican(ペリカン)なら、蓋の開閉が簡単な子どもにもうれしい仕様になっています。
これなら、家族でお片付けが続けられそうです!


いろんな場所でお片付けが習慣化される


おもちゃの収納が解決したら、次に気になるのがキッチンなど毎日使う場所の細々した収納ではないでしょうか。
pelican(ペリカン)はサイズバリエーションが豊富!家の中のあらゆるところに設置可能です。


pelican(ペリカン)は、スタッキング(積み重ね)ができるところが魅力の一つ。
スタッキングをすれば、狭い場所にもたっぷりの収納スペースをつくることができます。

一カ所にたくさんのボックスが設置できるということは、収納したいもののジャンル分けも簡単にできるということ。ラクラクと細々したものの分別が可能になります。
これなら、収納が苦手だったママさんでも、きちんとお片付けができそうですね。




「どこに何を片づけるか」は、収納する箱の色とサイズで分別することで、子どもでも認識ができるようになります。さらに、蓋の開閉がスムーズに行えれば、おもちゃの出し入れも苦でなく、子どもにお片付けの習慣が身につくように。
また、お片付けが苦手だったママも、家の中のあちらこちらに収納アイテムを用意したことで、細かく分別ができるようになり、「あれがない、これがない」というストレスが軽減したという声も聞こえてきます。

今回はstacksto,(スタックストー)のpelican(ペリカン)シリーズを使った収納術をご紹介しました。
現在、巷にはたくさんの収納グッズや収納本があふれています。
お家にぴったりのアイテム、やり方をみつけて実践してみてくださいね!

≪このページで紹介された商品≫

  • stacksto スタックストー ペリカン ベーシック

http://kodomotokurashi.com/mka-0334

  • stacksto スタックストー ペリカン ワイド

http://kodomotokurashi.com/mka-0348

  • stacksto スタックストー ペリカン ミニ

http://kodomotokurashi.com/mka-0346

  • stacksto スタックストー ペリカン スリム

http://kodomotokurashi.com/mka-0347

  • stacksto スタックストー ペリカン プチ

http://kodomotokurashi.com/mka-0684

---------------------------------------------
こどもと暮らし
ママになってもオシャレなお部屋をあきらめない!すべてのはじまりはそこからでした。子供の成長、家族ひとりひとりの成長に合わせて、一つひとつの家具をセレクトして、ミックスする。「こどもと暮らし」は家族みんながうれしい、オシャレなお部屋作りのお手伝いをさせていただきたいと思っています。
公式サイト:http://kodomotokurashi.com