残りおせちのをアレンジ!「残った筑前煮で作るのおやき」のレシピ

2019.01.03


お正月のおせち料理。筑前煮(煮しめ)や酢の物、伊達巻に数の子、昆布巻きなどなどお重にたくさんの縁起物が詰まるめでたい節句の料理。
おせち料理は三が日台所に立たないように保存の効く料理が多いため、大半のご家庭では煮物を大量に作っておくという場合が多いのではないでしょうか。

お正月の間、大量の煮物を食べ続けていてすぐに飽きてしまったという経験をされた方も多いはず!
そんな時はお家にある粉を使って余った煮物をおやきの具にするのはいかがでしょう。
今回は一般的な筑前煮(煮しめ)を使っておやきにしてみました♪

簡単&時短レシピはこちらから


<材料>

【おやきの皮】
  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 塩 3g
  • 熱湯 50ml
  • サラダ油 小さじ2

【具】
  • 筑前煮(煮しめ) 120g


<作り方>


1. ボウルにおやきの皮の材料をすべて入れてよく混ぜ合わせる


2. よく混ぜ合わせて1つにまとめたらラップをして冷蔵庫で1時間休ませる


3. 筑前煮(煮しめ)は1cm角ほどの大きさに切る


4. 3の生地を4等分にする


5. 生地を直径13cmほどに伸ばし3の具をのせて包みおやきの形に成形する


6. 油をひいたフライパンにおやきをのせて蓋をし、弱火で両面焼き色がつくまで10分ずつ焼いたら出来上がり


ポイント

中の具は筑前煮にこだわらず、おせちで残ったものをお好みで包んで楽しんでみてください。