家の設備で入れて良かったもの・イマイチだったもの<屋根裏収納編>〜後悔シリーズ番外編

2019.02.15 地域ライターE
プラスアルファの予算が、大きく必要になる家の設備のひとつである屋根裏収納
ieny地域ライターEが新築一戸建て購入の先輩に聞いた、導入した設備について、「入れてよかったこの設備VSイマイチだったこの設備」の両方の意見をご紹介する企画、今回は「屋根裏収納」についてです!


どんな一戸建てでもある「デッドスペース」の利用をすることになる屋根裏収納。「思っていた以上に〇〇だった」という、想定を超えたところに、良い面も悪い面もあるようです。

>>大人気!「一戸建て・注文住宅で後悔したこと」シリーズはこちら


まずは「良かった!」派からのご意見をどうぞ!

どんな部屋より広いスペース、というメリット



夫婦そろって「コレクター」と言っていい趣味があります。家を建てたのも、コレクション置き場に困ったからと言っていいかもしれません。

すべてをキレイに展示することは無理であることは承知の上で、これからもコレクションが増え続けても対応できるようにスペースに余裕を持たせたい一方、通勤通学の利便性を考えると、敷地面積・建物面積共に、大きくするには予算的に限界があります。

そこで設計士さんにオススメされたのが屋根裏収納でした。柱以外はワンフロアを間仕切り一切なしで使える広々空間、出入り口の梯子と照明、安い材でできるだけ安く抑える。
コレクションが本など重量があるものだと、もう少し予算が掛かったみたいですが、私たちのコレクションはおもちゃなので問題なし。
子どもが小さいうちは、勝手に手に取られる心配もないというのも魅力でした。

もちろん、季節の生活用品なども収納しています。出し入れに足を運ばなきゃいけないレンタルルームよりも、断然屋根裏収納をオススメしますね。

高さ140cmでも意外と部屋感がある


ウチの屋根裏は、ロフトのような空間になっています。2階にLDKがあって、リビング部分が屋根まで吹き抜けの天井高が高い作り、ダイニングキッチンの真上が屋根裏という仕組みです。
子どもの遊ぶスペースになればいいかな?と思って畳を敷いた屋根裏スペースを作りました。

「建ぺい率の問題で、屋根裏のスペースは140cm以下の高さが限界です」と設計士さんに案内されたときは、「立って歩ける高さではないけれど、基本的には予備スペースだからまあいいか……」と、使い勝手と言う意味ではあまり期待はしていませんでした。
でも、出来上がってみたら大人にとっても意外と「部屋」という感じがありました。

吹き抜けと一体なので、解放感もありますし、明るい。吹き抜け部分に設置した空調で、夏場もそこまで暑くなりません。冬は暖房なしでも暖かい。畳敷きにしたので、寝転がって雑誌を読んだり、ちょっとお昼寝をしたり、作りかけの幼稚園グッズもそのまま広げておいても大丈夫。主婦にとってうれしい「マイルーム」感覚があります。
唯一、失敗したなと思っていることが、インターホンの呼び出しから遠いことですね。つけておけばよかったかも……と言うくらい、昼間はここでゴロゴロしています。


それでも「イマイチだった」派もいらっしゃいました……

屋根裏収納にイタチが住み着きました……



普段は使わない家具家電や、あまり着なくなった洋服など、モノがあふれていた我が家。そのなかでも屋根裏収納は入り口から「次の大型ごみの収集日に出そう」「まだ捨てるかどうか悩むからしばらく置いて置こう」という「一時保管」品が大量に押し込まれている状態でした。

ある日、夜中にふと目を覚ますと、天井のほうからガサガサ音がします。
はじめは気のせいかと思っていたのですが、ある日の夜、たまたま外から屋根を見上げたら、屋根の付け根?のようなところから、何か動物が入っていくのを目撃してしまいました。

「あの音はそれが原因だったのかー!」と調べたところ、なんとイタチ。
まだ巣作りの前だったようですが、追い出すためには荷物を何とかしないといけないですけどね……と専門業者さんが屋根裏の大荷物に困り果てていました。
「これだけスペースがある=びっしり詰めよう」では後で苦労するかもしれませんよ……。

家に在庫があるのを忘れて新しく買ってしまうという欠点


買いだめ・お得な会員制スーパーが大好きです。ストック品は全部普通の収納スペースには入りきらないので、屋根裏収納に置いてあります。

欠点が、「いちいち梯子を出さないと出入りができない」という点です。買い物直前に、「キッチンペーパーはのこり2つくらいだったかな?」と確認するのが面倒だったり、ないと思い込んでまた次のを買ってしまったり、ということが結構あります。
なかには食べ物や災害対策用のストックもあるのですが、管理がちょっと大変です。ストックは屋根裏にしない方がよかったのかもしれません。


家の設備で入れて良かったもの・イマイチだったもの~後悔シリーズ番外編<屋根裏収納>~をお送りしました。

屋根裏収納と言えば簡易はしごを出し入れしたり、取り外しをして出入りするイメージでしたが、今回お話を伺ったお宅のなかには、階段にもなる収納棚を設置して、日常的に屋根裏収納に出入りしやすくしました、という工夫をされたお話も伺いました。
確かに、両手に重い荷物を持って梯子で出入りするのは大変です。なにを置くかあらかじめ検討しておくことも、満足度を上げるための重要なポイントですね!


後悔しない!家族みんなが納得する家づくりは、ハウスメーカーに相談しよう


人生で一番大きな買い物といっても過言ではない住宅。
家族みんなが納得できる家を作りたい!

全国展開しているハウスメーカーアイダ設計注文住宅は、ローコストながら完全自由設計。ご要望や敷地に合わせた間取りを一からご提案し、収納スペースもしっかりとご家族全員が納得するまで検討します。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。
まずは、メールで間取り相談も可能。条件を指定すれば、無料で間取り案が作成可能。同じフォームの【メールで間取り相談】からお申込みください。


そのほか、お問い合わせ・ご相談は、こちらの資料請求・お問い合わせフォームから。お電話でのご相談も承ります。

関連記事

一戸建てで後悔しない「吹き抜け」のつくり方とは?

2021.11.26

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~シアタールーム編~

2021.11.15

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~出窓編~

2021.9.10

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~玄関ホール編~

2021.7.28

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと ~吹き抜け編~

2021.7.19

50、60代で子どもが巣立ってから建てる家、経験者に家づくりのポイント聞きました

2021.7.5

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります