[ieny×住宅本舗]家を購入するタイミングについて

2018.05.10


前回、住宅ローンについてお話いただいた丸尾さん。今回は家を購入するタイミングについて、FP(ファイナンシャルプランナー)の視点から教えていただきました。


住宅を購入するタイミング


「そもそも、住宅はなんのために購入するのか?」

ご意見はさまざまでしょう。

「夢のマイホームが欲しい」
「子供の成長とともに、今の家が手狭になってきた。」
「親と2世帯同居することになった」

などなど……。
もう一つの追加すると

「老後に安心して、住み続けることができる住居を確保しておきたい」

このようなご意見もあることでしょう。

老後は公的年金だけでは、日常生活そのものが成り立ちにくい状況になっています。
そこに、家賃がかかるかと思うと、その厳しさはより一層のものになることが予想されます。

よく購入したほうが良いか?賃貸で過ごしたほうが良いか?
という議論の結論は、お金の収支はそんなに変わらないと言っているものがあります。
確かに、持家の場合は賃貸に比べて維持するためのコストがかかります。
マンションであれば、管理費・修繕積立金、一戸建てでもこのメンテナンス費用はご自身で負担することになります。

そして、保有している時にかかる、固定資産税。
この議論に出てこないのは、住む家のクオリティーや保有している満足感や安心感の話は議論の外になっています。
そして、人生100年時代に突入している現代としては、老後が思ったより長くなることが予想され、65歳以降も35年間家賃を払い続けるということも前提で考えると、住宅を購入するということが、人生の中の終盤を快適に過ごせるのか、家賃負担のために小さい賃貸に引っ越しをせざるを得なくなるのか?
そのようなことが起きてもしまう可能性もあります。

マンションなのか?一戸建てなのか?
どのようなエリアなのかにもよりますが、不動産を売却するという選択肢があるのは持家でしかありえない選択肢となります。

住宅を購入するならば、タイミングは早いほうが有利になると思われます。

  • 購入までの家賃負担の減少
  • ローンの最終払込みが前倒しになる(働いている間に返せる安心感)
  • 住宅ローンを借りるためには、団体信用生命保険に加入しなくてはならないので、
  • 加齢によって健康状態が悪化するとローンが組めなくなってしまう。

などが考えられます。


増税について

直近の一つのテーマとして、消費税増税の問題があります。

2019年10月に消費税増税が見込まれています。
住宅を購入する際に、消費税は建物部分にのみ、かかります。
土地には消費税は課税されません。

土地3,000万円 建物3,000万円だった場合には、建物のほうの3,000万円にだけ消費税が課税されます。
今までは8%であったため、240万円の消費税でしたが、10%になった場合には300万円の消費税になり、60万円のUPになります。
住宅を建築する上で、60万円というのは、キッチンや浴室のグレードをワンランク上の仕様に上げることができたり、床暖房を入れたりできますし、新築のお家の家具・カーテン・エアコンなどの費用に充てることができたりする金額が変わってきてしまうことになります。

消費税増税に伴い、住宅ローン減税やすまい給付金などに拡充の話はありますが、当面の負担が増えるという意味では、ご負担になる部分もありますので、ご新居をご検討されている方は、この増税前に検討するというのも、一つの住宅購入タイミングの決め方だと思います。


診断コンテンツで確認

住宅を検討する際には、以下の点のご質問はほとんどの方からご質問を受けます。

  • 住宅ローンがどのくらい組めるのか?
  • 住宅ローンを組めたとしても、ちゃんと返していけるのか?

住宅ローンをどのくらい組めるのか?を検証するには。
購入することがある程度決まっている方は、不動産屋さんやハウスメーカーなどを訪れて確認してみることも、より具体的に話が進んでいく方向になります。
まだ、検討し始めという方や、業者さん以外の情報が欲しいというかたは、ネットの診断コンテンツ等を活用して、どのくらい組むことが可能なのか?を検証してみても良いと思います。



直接、FPに相談したい人・自分の状況を第三者から整理したい人

また、どこに行ってもなかなか、明確にならないのは、
住宅ローンをちゃんと返せるのか?
この質問になります。
お客様にはそれぞれの家族構成や教育への考え方、生活費の状況や、生活をする上でなにに重きを置いているのか?
等々により、住宅に掛けるお金のバランスも変わってきてしまいます。

適切な住宅ローンの借入金額・自分のライフスタイルを崩さない中での適切購入金額を知りたい場合は、そのような相談を専門に行っているファイナンシャルプランナーに、ご相談してみることをお勧めいたします。


・いますぐお話ししたいという方は

私丸尾がご相談にならせていただきます!


ファイナンシャルプランナー 丸尾 健
株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表取締役

大手商社系ハウスメーカーの勤務を経て国内金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。2010年9月に独立し、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在11年目。面談累計件数1,200件以上。 住宅購入や住宅ローンの借方の個別相談を中心に活動する実務家FP。
ご対応可能エリア:都内23区・横浜市・川崎市

お問い合わせ先:メールを頂ければ、ご返信いたします。
HP:http://www.fp-soudan.com/
E-mail:info@fp-soudan.com

協力:住宅本舗