夫婦で対立!? 家を買うときの意見の食い違いあるある~条件付き土地編~

2018.04.13


一戸建てを建てようと土地探しをはじめるまで、「条件付き土地」なんて言葉は聞いたことがなかった…という方のほうが多いのではないでしょうか。
「条件付き土地」とは、土地の売主(ほとんどは不動産会社)が指定する建築業者の建物を、一定期間内に建築する契約を結ぶことを条件に土地を売るというもの。「そんな条件で土地が売られるなんて知らなかった」というご夫婦に特にトラブルが多いようです。

今回は、ieny地域ライターEが新築一戸建て購入の先輩に聞いた、「新築一戸建て建築にまつわる意見の食い違いあるある」と、「そのトラブルをどう乗り越えたか体験談」の条件付き土地編をお送りします!

【みんなはどうしている?土地の話はこちらチェック!】


ハウスメーカーなんてどこも一緒と思っていたけど

もともと、私は建ての工法やデザインにそんなにこだわりがある方ではありませんでした。
だから、こだわりがある夫にハウスメーカー選びは任せて、私は子どもの通学の便利さやご近所さんの雰囲気、犬を飼いたいなと考えていたので、早朝や夜でも家の周りを安心して歩けることなど、「土地選び」にこだわりたいなって考えていました。

そんな感じになんとなく役割分担をしていたんです。夫は休みの日は大手ハウスメーカーのパンフレットを楽しそうに眺めたり、それぞれのハウスメーカーで家を建てた人たちのコミュニケーションサイトを覗いては「●●ハウスは耐震性が高い、××ハウスはデザイン性が好み」なんて話を聞かされていましたね。

ところが、実際に土地探しをしてみると、予算内で予定していたエリアに出てくる土地はほとんど「建築条件付き土地」ばかり。
最初は注文住宅で、と考えていたので建築条件付き土地はパスしていたのですが、1年たっても予算にあう条件なしの土地なんて出てきませんでした。
私は「どこで建てても一緒じゃない!」って感じで、相当、夫に建築条件付き土地をすすめたんですけど、「知らない不動産会社の家なんてイヤだ!」の一点張りで。

このまま家づくりはあきらめないといけないかと思っていたら、最終的に申し込みを済ませた今の土地が、夫が候補にあげていた●●ハウスが分譲する土地だったんです。
おかげで予算はちょっとオーバーしましたけど、夫が若いころに買った株が値上がりしているので、それを売って資金に当ててもらうことにして、申し込みました。
「家選びはあなたに任せるわ」なんて言わなければもっと早く決められたかもしれませんねえ…。
(Aさん:建築条件付き土地を契約したばかり)


なんだか足元を見られている気がする


今の学区内で家を購入したいな、と思って、不動産会社さんにはこの学区で予算はこれだけ、30坪程度で探していますので売り物件が出たら教えてください、って登録してありました。
そうしたらオススメされたのが条件付き土地。それまで「条件付き土地」なんて言葉も知らなかったので、なんだろう?って思ったんですが、そこからハウスメーカー探しをするのも大変だし、もう業者さんは決まっていても間取りや設備は決められるという話だったので、建売を購入するよりもずっと自由があるよね、と思って申し込みしました。

大変だったのはそのあと。建築プランを決定するまでに、期限があったんです。土地の契約をしてから3カ月でした。
「3カ月もあれば余裕でしょ?」って思われるかもしれませんけど、全然余裕ありません!業者さんは「急いで決めないと、建築条件付き土地なんで白紙になっちゃいますよ!」って足元見たようなこと言われるし。
とにかく「絶対〇日までに決めなきゃ!」っていうのがあるから、心の余裕がなくてその3カ月間は夫と無駄にけんかしていたような気がします。
(Bさん:不動産会社指定の戸建て建築後3年)


欠陥住宅が怖くて住宅検査を強行!?


地元の不動産会社が、地元の工務店を指定した「分譲戸建てのまだ家が建っていない状態」という条件付き土地を契約して家を建てました。
そういう形態があるっていうことも知らなかったので、ネットで「条件付き土地」のことを調べていたら、施工が悪くて欠陥住宅になってしまった、なんて事例も出てきて急に不安になっちゃったんです。

それで、第三者機関に、建築中に入ってもらってちゃんと検査してもらおうよ、って夫に言ったんですけど、「この土地で何件も家を建ててきた業者だし、そんなことしたら感じわるいし、第一問題がなかったらその費用がもったいない」って反対されました。
でも、一生住む家ですよ?万が一があったらどうしようって考えませんか?? 結局、「その30万、私の結婚前の貯金から出すから!! 」って強行しました。

最終的には何の問題もありませんでしたから、「ほらな、だいじょうぶだろ!」って言われましたけど、建築中に検査が入るから丁寧に施工したかもしれませんよね?
今思い出しても腹が立ちます。
(Cさん:条件付き土地で一戸建て購入後4年)

場所、予算、家のスタイルや構造など、夫婦で「何を最優先事項にするのか」をある程度すり合わせをしてから土地探しをはじめないと、「相手も自分と同じ考えだと思っていた」という思い込みが発生してしまいがちです。人気エリアの土地よっては条件が何もつかない土地が出てくることはほとんどない…、というケースも珍しくありません。
「まずは土地探しから!」という一戸建て計画中のみなさんは、ぜひ検討項目に優先順位をつける話し合いをしてみてくださいね!