ちょっぴりトレンドも取り入れて♪ さわやか春夏インテリアへシフトしよう!~模様替えインテリア10選

2017.05.24 高坂類

お花見シーズン、GWもあっという間に過ぎて、さわやかな風が吹きわたる季節になりましたね。でもまだお部屋は春待ちモード......冬のままのインテリアだなぁ、なんて方はいませんか?

今回は、春夏にぴったりのさわやかなインテリア実例10選をご紹介! 2017年のトレンドカラーも意識しつつ、心地よい季節とワクワクの夏をいっそう楽しめそうな、軽やかなインテリアの参考にしてみてくださいね。


2017トレンドカラーのグリーンを取り入れて!


今年のトレンドカラーの1つ、優しいグリーン

ナチュラルなグリーンカラーを、クッションカバー観葉植物で手軽に取り入れて。グリーンは木目調の家具との相性も◎家具のテイストによって、部屋の雰囲気も一気に変わるのでぜひ自分好みの部屋を作ってみてください。

ナチュラルなブラウンベージュなど自然なカラーと合わせれば、春夏らしいさわやかな雰囲気に。ダークブラウングレーを組み合わせると、モダンな雰囲気に仕上がります。


シンプルなコーディネートにトレンドカラーの差し色を


トレンドグリーンを使うなら、こんな風にソファカバーマルチカバーで取り入れるのも手軽です。

このカラーの嬉しいところは、何と言っても北欧風の柄ともマッチしてくれるということ。大胆な柄ものでもオーケーです!ホワイトを基調とした清潔感のある部屋も、ポイントに少しくすんだ自然なグリーンが入ることで、やわらかな雰囲気に仕上げることが出来ます。

ちょっと物足りない人は、ラグなどにもグリーンを取り入れてみるのはいかがでしょう?家具がホワイトだと、一面をグリーンにしてもあまり圧迫感は感じられません。手軽に癒しの空間を作り上げることができます。


ニュアンスのある落ち着いたブルー


スモーキーなブルー、深みのある落ち着いたブルーなど、ニュアンスのあるブルーのバリエーションも今年のトレンドカラーの1つ。ブルーは精神を落ち着かせる効果があると言われていますから、寝室に取り入れるのが特におすすめです。ベッド枕のカバーリングなら取り入れやすいですね。

とはいえ、体感温度の低い日本でブルーを取り入れることにちょっと抵抗がある方もいるのでは?そんな方は、ダークブラウンとの組み合わせをオススメします。ブルーとブラウンの組み合わせはシックな雰囲気を演出してくれるので、大人っぽさを演出するにはピッタリ。照明にもこだわれば、ほっとできる空間が出来そう。


涼しげなブルーをインテリアのメインに


トレンドのブルーを使うなら、思い切ってカーテンを変えてみるのはいかがでしょう!お部屋の印象が一気に変わりますよ。

ブルーのカーテンを選ぶ際に念頭におきたいのは、床色との組み合わせです。ブルーと一口にいっても、濃さや明るさ、素材はさまざま……どの色を選べばよいか、迷ってしまう方も多いのでは?

そんなときは、ご自宅の壁や床の色に注目してみてください。ダークブラウンには鮮やかな青や柄付きのものでメリハリをつけるのがオススメ。ホワイトならハッキリとした青を組み合わせてマリン系にしてもかわいいかも。ちなみに、ホワイト×ブルーにはモノトーンな家具もマッチしてくれます。大人っぽいリビングづくりにも一役買ってくれそうですね。ナチュラルブラウンには、グリーン系のものや透ける素材が映えそう!さわやかな印象のお部屋にできますね。


元気が出そうな、やわらかで明るいイエロー


ポップすぎず、内側からパワーが湧いてきそうな明るいイエローも、2017年のトレンドカラー。ちょっと組み合わせにくいかも……という人も多いかもしれませんが、
どんな組み合わせにも馴染んでくれる万能な色なのです!

鮮やかな黄色をポイントで取り入れると、部屋全体がぐっと明るくなります。ちょっと日差しが入りにくい部屋にイエローのものが1つあるだけで印象がガラッと変わる!なんてことも……ホワイトとの鉄板な組み合わせはもちろん、ピンクを取り入れればかわいらしく、ブルーを組み合わせれば清涼感のあるお部屋に仕上がります!


究極の"白"ルーム


白を基調にしたナチュラルインテリアのお家は多いかと思いますが、"基調に"を超えて、ほぼ全てを白に統一したコーディネート。ポイントで色を入れがちなカバーリングや小物も生成りに近い柔らかみのある白でとことん統一。光が多く入る部屋なら、これ以上ないほどにさわやかになります。

色のある家具は、本当にお気に入りのものだけを置いて。デザイン性がより引き立ちますよ。照明で薄いイエローを取り入れてあげると、夜は温かみのある空間を楽しむことが出来そうです。


グレイ×ベージュで大人の春夏ルーム


ちょっと硬質なイメージのグレー淡いベージュを合わせたクールすぎない大人の春夏ルーム。
こちらはコンクリート打ちっ放しの内装を生かしていますが、グレー×ベージュは意外と春夏に映えるおしゃれな組み合わせです。

ベージュのインテリアは自然素材のものを選ぶと、都会的な雰囲気ナチュラル感をバランスよく演出できますね。ベージュはさまざまな色との組み合わせで、まったく違う雰囲気を見せてくれます。ホワイト×ブラウンではエレガントに、ナチュラルブラウン×ブラックではモダンに……などなど、いろいろと楽しめます!何にでも合わせやすいので、実は初心者向けのカラーといえるかもしれません。


ウッディなインテリアで居心地の良い空間を


ラフな質感のウッディなインテリアや、ジュートなど自然の素材をたっぷり取り入れて。プチホテルをイメージして、自由にコーディネート。グリーンもさりげなく置いて、癒やしの部屋にしましょう。今年は、こんなリゾートの香り漂うオリジナルなウッディルームで夏を迎えてみては?

ちなみに、ウッディな床には北欧家具がピッタリなのはご存知でしょうか。ランプを1つ取り入れるだけで、オシャレでかわいらしい雰囲気に。春夏はリゾート感を、秋冬は北欧風に……とどの季節でも楽しめそう。模様替えのしやすいお部屋といえそうです。


涼しげなエスニックルーム


麻など涼しげなファブリックが多いエスニックインテリアは、春夏にぴったり。

フローリングでも、イグサのマットを敷くだけで、一気にエスニックムードになります。画像のように、好みのデザインのマルチカバーをタペストリーのように壁に飾れば
アジアンルームに手軽に模様替え!とはいえ、エスニックって少しハードルが高いような気がしちゃいますよね。もっと手軽にエスニックを取り入れたいという方にオススメなのは、ずばり、クッションカバー!バランスや配置などの難しさもないですし、それぞれを別の柄にするだけでオシャレに見えます。

また、取り入れやすさとしてはストライプエスニック調の柄などがオススメです。流行のエスニックはどんどん取り入れたいところ……難易度の低いところから、どんどんお部屋に組み合わせていってみましょう!


モノトーン+トレンドのパステルカラー


モノトーンのインテリアに、トレンドパステルカラーを加えて、優しげで女性らしく、かつモダンなさわやかルームに。モノトーンでもグレーを多めに使って明るさを出し、クッションなど小物でパステルピンクを入れてみましょう。

ピンクでも甘すぎない、スッキリしたコーディネートは、気温が上がっていくこの時期に清涼感を与えてくれます。パステルカラーなら、イエロー×ブルーがこれからの季節はオススメ。ホワイトを基調に、差し色としてパステルカラーを取り入れるのもさわやかでオシャレな印象に。

いかがでしたか? ただ涼しげなインテリアだけでなく、トレンドカラーも取り入れることでより楽しめる模様替え。本格的な夏へ向かうさわやかな季節、まずは小物やカバーリングから春夏モードへシフトしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

高坂類の画像

高坂類

ライター
1983年新潟県生まれ。早稲田大学人間科学部卒。 四国・愛媛県 新居浜市(にいはまし)に拠点を置くデザイン事務所 hink DESIGN(ヒンクデザイン)代表。 広告デザインとWeb制作を中心に、ライター、ラジオパーソナリティ、モデル、司会等、四国の生活をより楽しくしようと 幅広く活動しています。 四国の魅力発信プロジェクト「しこくらいふ」主宰。 激辛グルメサークル「にいはまスパイスガールズ」主宰。