注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~間取り編~

2017.03.28


一戸建て設計で真っ先に気になるのが「間取り」をどうするのかという問題。ieny地域ライターEが新築一戸建て購入の先輩方に聞いた、「新築一戸建て建築にまつわるちょっとした後悔」シリーズ。今回は、間取りに関する問題をピックアップしてご紹介します。家づくりにおける大きな問題であるだけに、「ちょっとした後悔」にとどまらなかった先輩もいらっしゃいました…

◇こちらもチェック!
注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~リビング編~


部屋数は多ければ多い方が便利?


(Aさん・戸建てに引っ越して3年)
「社宅歴6年。長男4歳と長女2歳の時に、住宅購入の頭金が目標金額に達しました。実家から譲られた土地があったので、悩むことなくハウスメーカー選びに入ったのですが、ここにものすごく時間がかかってしまいました。

というのも、ウチは子供が男女一人ずつ。その上、私としてはもう一人、3人兄弟もいいなあ…なんて思っていたので、部屋数がなかなか決められなかったのです…子供部屋をひとつ大きくとって3LDK?子供一人一部屋で4LDK?
しかも夫が“小さくてもいいから書斎が欲しい”なんて言い出す始末。客間や書斎なんて作ったら、5LDK!?…選択肢がありすぎて、本当に大混乱でした。
基本プランが決まらないとハウスメーカーとしても概算見積を出せませんよね。結局、5LDKの見積を一番安く持ってきてくれたハウスメーカーさんに決定したんですが、それぞれの個室にしたせいで、将来は電気代が恐ろしいことになるかも、ということに最近気がつきました。
個室ではなくて、“子供寝室”と“子供勉強部屋”って分けるスタイルの友人宅にお邪魔して、ウチもこうすればよかったー!!って具合にちょっと後悔の念も。」

土地探しと並行して大きな問題となってくるのがハウスメーカー選び。このAさんの例では、ご家族の希望を詰め込んだプランを、リーズナブルな価格で提案してくれたハウスメーカーを選んでいますね。まずは予算内で希望の間取り・内装・設備が叶うのかに重点をおいて絞っていきましょう。

※コチラもチェック!
施工会社を決めよう!注文住宅・新築一戸建て A to Z 〜Vol.4
子どもの成長に合わせた間取り変更の重要性
注文住宅の価格、間取りなどの相場は?マイホームの購入・注文術


和室はいる?いらない?


(Bさん・一戸建て建築後3年)
「私の家、和室がひとつもないんです。実家もマンションなので和室は無かったですし、そんなにお客様がくる家でもないので、和室よりもリビングを広く作りたいなと思いました。1階は22畳のLDK、キッチンも広くてすっきりのアイランドタイプにして、オシャレな雰囲気。その他1階にあるのは水周りと広めにとった玄関ホールだけ。作った時は、すごく満足でした。

そんな私が“やっぱり和室作っておけばよかった…”って後悔するようになったのは子供が産まれてから。
例えば子供が病気になった時、大人と違って寝室で一人で寝かせるワケにいかないですよね。症状によっては本当に目が離せないのに、食事の支度や家事をするのはどうしても1階になります。そんな時でも和室が1階にあれば、ベッドも不要、布団を敷けばすぐに看病できますし、夫にうつさないように寝室を分けるのも簡単。
あと、元気な時でも子供って床に座って遊ぶんですよね。テーブルと椅子生活に慣れきっていると、フローリングの床に直接座らせると冷えそうで躊躇してしまいます…
私も洗濯物をたたんだりする時に、和室があれば楽だったかな~なんて思ったりもしますね。いまさらですけど、工事費用がたまったら、一部を畳コーナーに変更する予定なんです。」

い草のほのかな香りが漂う和室は、心身共に癒される空間ですよね!ただ、各ご家庭のライフスタイルによってその必要性は異なってきます。上の例のBさんのように、後からリフォームするというのも一つの手だと思います。最近では、畳コーナーの床部分を少し高めに作って、畳の下に収納を設けるという、和室と洋室の中間的なつくりが人気を集めているようです。

※コチラもチェック!
注文住宅で和室を作るメリット


同居なんて聞いてないんですけど!(驚)


(Cさん・借り上げ社宅にお住まい)
「ハウスメーカーも大体の候補が決まり、両家の親にそろそろ報告しようかな、という時期。とりあえず夫の実家からお邪魔することに。
お前もついに一家の主だなあ、なんて、和やかな雰囲気の中、最終候補の図面を出して、あれこれ雑談をしようと思っていたその時です。

“あら、1階はお部屋が少ないのね。これ、私たちの部屋はどこになるかしら?”

……1分くらい、本当に意味がわかりませんでした。
“…え? お義母さんたちの部屋って言いますと、お泊りになられる部屋ってことですかね? 家も近いですし、あまりそういう機会はないんじゃないかと思うんですけど…”

そしてかぶせるように夫が衝撃の一言。

“おいおい話そうと思ってたんだけどさ、将来的にはやっぱり、同居しなきゃと思うんだよね”
お義父さん・お義母さんも隣でうんうんと頷いている…

一戸建てを購入したら同居生活が始まるってこと? そもそも、今までの間取り決めの話をしている間、一言もそんなこと言わなかったのに…頭が真っ白になって、“この図面はまだ決定っていうわけじゃないですから…”と言うのが精一杯。もちろん、家に帰ってからは大喧嘩。3週間は口を利きませんでしたね。こんな大事なこと、もっと早く言ってもらわないと困るってもんです!

その後、なんと転勤なんかめったにない夫の会社が新しい支社を立ち上げることになり、支店長に抜擢された夫は転勤することに。今も借り上げ社宅住まいです。

そんなことあるの⁉ と思った方。間取り決めのときに急に同居の話がでてくるケースは多いようですのでご注意を!」


「一戸建てで後悔したこと~間取り編~」をお送りしました。予算にも工期にも大きく関わってくる間取り問題。家族の意見を早めに集約しておくことはもちろんのこと、住宅購入経験者のリアルな体験談からもシッカリと学んでより良い家づくりに活かしていきましょうね!