「安く買いたい!」 新築一戸建ての費用を抑えるポイントがこちら

2016.05.20 ieny編集部

新築一戸建てを購入する際にはできる限り費用を抑えて購入を検討したいですよね。単なる家の安さだけではなく、月々の費用が抑えられる家を検討してみると良いでしょう。

標準の材料を使おう!


新築一戸建てで注意したいことは、標準の素材を利用しているかどうかです。木材の長さや、枠の大きさなど、どこかに特注品を利用すると、割高になります。また、リフォームや、メンテナンスの際にも費用が高く発生することになりますので、将来的にも節約をしたい場合は、可能な限り標準の材料で設計するように依頼すると良いでしょう。出来上がった設計図もきちんとチェックして!もしも標準サイズと異なるものがあれば、交換をお願いしてみてください。また、鉄筋や、コンクリートなど、様々な材料を使うことで、職人さんの費用が発生する場合もあります。採用する材料を揃えることで、コストを抑えることが可能です。

月々のコストを削減できる家づくりを!


「建てる時」にコストを抑えても、住み始めてから日々の費用がかさむのは当然オススメできません。初期費用が少しかかってとしても、ランニングコストを抑えることで、長い目で見た場合には、割安になることもある、ということを覚えておきましょう。住む年数などを考えて、月々の費用を抑える工夫をこころがけましょう。機密性、高断熱にはこだわり、複層ガラスなどを採用することは無駄にはなりません。若干コストがかかるように感じられるかもしれませんが、実際に暮らしてみるとかえってコストを削減できるでしょう。また、適切な自然素材をチョイスすることで、家の寿命が長くなる場合もあります。住む年数を考えて、必要に応じて適切な自然素材を採用すると、リフォームなどの費用を抑えることにもつながります。に一本落葉樹を植栽することもオススメ!夏は、遮光してくれて、冬には、日射を得ることができます。

大胆な発想でコスト削減に!


コストを抑えるのであれば、時には大胆な発想も必要です。例えば、思い切って玄関をなくし、バルコニーデッキからリビングに入る構造にしてみたり、高齢者がいる場合には、バリアフリーよりも間取りフリーの構造にしてみると良いでしょう。吹き抜け構造にして、材料費を節約することもできます。それぞれの生活スタイルに合わせて、多少大胆な発想も取り入れてみてはいかがでしょうか。また、水回りを集約することもコスト削減につながります。各階ともに、同一面に水回りを集約することで、メンテナンスの面でもコストを抑えられてオススメです。

新築一戸建ての費用を抑えるためには、幾つかのポイントがあります。ポイントを押さえた設計になるように、ハウスメーカーに依頼してみると良いでしょう。一社だけではなく複数の会社に相見積もりを取ることもコスト削減につながります。信頼できる一社を見つけるためにも、複数の業者に声をかけて見るようにしてください。


											

関連記事

ローコスト住宅っていくらくらいで建つ?【ローコスト住宅のお金入門1】

2019.12.10

消費税が上がる……でも、焦らないで!住宅を買うならこんな給付金があります。

2018.6.20

夫婦で対立!? 家を買うときの意見の食い違いあるある~予算決め編~

2017.7.18

「一戸建て本体価格」に含まれていなくてビックリしたものランキング

2017.5.31

人生の予定表「ライフプラン」を作ろう!~家を建てたくなる?! ゼロから教えて!住宅ローン 〜初心者必見!ベテランFPに聞く住宅ローンの基礎知識〜 Vol.1

2017.4.29

住宅ローンを申し込もう!注文住宅・新築一戸建て A to Z 〜Vol.8

2017.2.13

この記事を書いた人

ieny編集部

皆さまの“楽しい家づくり”をサポートしたい! 『楽しく、後悔のない』家づくりをするために必要な情報を、日々こつこつと集めては吟味をしている。息抜きは100均パトロールで、お得に便利なものを探して報告しあう毎日です。