画像で教えます! デザイン住宅建築のノウハウ

2016.06.04

家を建てる時に内装は重視しますが、外観を整えてあげると住宅そのものが一気にデザイン性が高まるのをご存知ですか。そこで、画像を使ってデザイン性の高い住宅を作る秘訣をご紹介していきましょう。

モノトーンをベースにスタイリッシュな外観


外壁は白や黒のモノトーンをベースにまとめるとスタイリッシュな外観を演出することができます。白をベースにしながら、デッキやバルコニーなど縦の線に黒をワンポイントで入れていくとおしゃれ度がUPするのでおすすめです。ここで大事になってくるのが全体のバランスです。設計の段階で数パターンのプランを作ってもらうと比較することで違いが分かるのではないでしょうか。黒の入れ方で印象が大きく変わるので、モノトーンの家を参考にしながら、好みのスタイルに少しずつ合わせてみるのも方法の一つです。

屋根を工夫すれば北欧風の外観に


家には屋根はつきものですが、視点を変えて、屋根のデザインを意識すると憧れの北欧テイストの家も実現可能です。角度や屋根の色、そしては白枠を意識してつけてみてはいかがでしょうか。デザイン性の高い住宅は、初めて見た時のインパクトがポイントになってきます。三角の屋根やとんがった屋根はどこかほっこりするのではないでしょうか。屋根の存在感を意識すると海外の空気が感じられる家にすることができます。屋根と合わせて外壁の色をクリーム系にすると北欧系、ブラウンならカントリースタイルの外観にも。白枠の窓にはカーテン以外にもロールスクリーンなどをアレンジしても素敵です。夜にはほのかに溢れる灯りが、家をライトアップしているかのように見せてくれるかも知れません。

スクエアを意識した大人感が漂うデザイン住宅


家の機能はもちながらも、ホテルのようなデザイン性が感じられる家は、持ち主のセンスの良さが感じられるのではないでしょうか。こだわっていないようで、実は多くのこだわりが詰まった四角をモチーフにしたシンプルさは実は億が深いデザイン住宅の一つ。窓の大きさや位置なども全体のバランスに大きく影響を与えているのです。白をベースにすることでより落ち着いた印象をプラスさせますが、外壁も数ある白の中から、一体感がもてるような素材を選ぶのもポイントです。簡単なようで実は億が深い、四角をモチーフにしたデザインは取り入れられているケースが多いので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

家の機能はもちながらも、ホテルのようなデザイン性が感じられる家は、持ち主のセンスの良さが感じられるのではないでしょうか。こだわっていないようで、実は多くのこだわりが詰まった四角をモチーフにしたシンプルさは実は億が深いデザイン住宅の一つ。窓の大きさや位置なども全体のバランスに大きく影響を与えているのです。白をベースにすることでより落ち着いた印象をプラスさせますが、外壁も数ある白の中から、一体感がもてるような素材を選ぶのもポイントです。簡単なようで実は億が深い、四角をモチーフにしたデザインは取り入れられているケースが多いので、参考にしてみてはいかがでしょうか。