愛媛で建てた、小さな「夢のおうち」 〜後編〜 こだわりポイント満載!

2016.11.28

奥様の世界観を表現した「夢のおうち」を建てた愛媛県のMさんファミリー。
後編では、家づくりこだわりポイントに迫ります!

→(※ 前編はコチラ!

こだわりポイント1:壁紙


(奥様)「壁を本物の木にしたかったのですが、歪みが出るなどメンテナンス面やコストを考慮して、思い切って木目調の壁紙を選びました。でも意外と出来が良くて気に入ってるんです。」


「キッチンの奥の壁も本当はレンガにしたかったのですが、壁紙にしました。できるだけ安っぽく見えないように慎重に選びました。本物のレンガは……いいですけど大変ですよね(笑)。これで良かったと思っています!」


「本物ではないぶんコストが低いので、気軽に使えたのがメリットでした。部屋によっては1面だけ壁紙を変えて遊び心も取り入れました。」

こだわりポイント2:ウッドデッキ


(奥様)「ウッドデッキはこだわって作った大きなポイントですね。洋風の縁側って感じで、好きな多肉植物を並べたり、おやつを食べてまったりしたりするコーナーにしたかったんです。あとは私が集めてきた雑貨も飾ったり。ここは思い通りにできてとても気に入っています。」

こだわりポイント3:庭の水場


(奥様)「庭の水場も、とてもこだわったところです。庭づくりは飛び込みで営業に来た造園メーカーさんにお願いしたのですが、『こんなふうにしたい』という具体的な要望を伝えたら、手作りでその通りにしてくださって。こんなにかわいい蛇口のオリジナルの水場ができて、すごくうれしかったですね。」

こだわりポイント4:トイレ


(奥様)「トイレの壁も本当はレンガを敷き詰めたかったんですが、これも壁紙にしました! 本物みたいですよね?(ライターは本物だと思ってました……。)」


「ここも壁紙で十分だったなって思っています。求める雰囲気を表現できる壁紙が今はたくさんありますから。お手入れも楽です。」


こだわりポイント5:玄関


(ご主人)「玄関はL字にして入りやすくして、リビング側に明かり取りの窓を付けたのがこだわりです。」

(奥様)「突き当たりの収納庫前にある、西部劇に出てくるような木の扉も私のこだわりで付けたものです。これもハウスメーカーさんに希望を言ったら、イメージ通りのものを準備してくれて。塗装は私が自分でしました!」


(奥様)「玄関にも雑貨のディスプレイコーナーが欲しかったので大きめの棚を作りました。この棚の木目もフェイクですよ♪
あっ、床だけは無垢材を使いました。その方が暖かいので。」

家づくりを振り返って……これから家を建てる人へのアドバイスをお願いします。


(ご主人)「納得いくまでハウスメーカーの担当の方と話し合うのが第一です。大きな買い物ですから、悔いのないように細かい点まで自分たちで決めたほうがいいと思いますね。」

(奥様)「どんな家を建てるにしても、予算とやりたいこととのバランスは考えなくてはならないですよね。何もかも実現するのは不可能ですから。うちの場合は思い切ってフェイクの壁紙を厳選して取り入れることで、実現したいイメージとコストをうまく釣り合わせることができました。そういう柔軟な判断も大切かなと思います。
家づくりは試行錯誤で大変なこともありましたが、最終的に思い通りの家ができたので満足しています。家がだんだん自分のイメージに近づいていくのを見るのはとても楽しかったですよ! 早く建ててよかったな〜と思っています。」

まとめ



奥様のこだわりが集結し、統一感のあるかわいらしい家を建てることができたMさんファミリー。物腰がやわらかく優しい奥様の雰囲気にぴったりの、まさに「夢のおうち」という印象でした。

限られた予算の中で何を重視するか、どこでバランスを取るかは人それぞれ。家づくりの一例として、特に壁紙の取り入れ方は参考になるのではないでしょうか。