猫好き必見!猫が快適な家とは?

2016.09.29


SNSを通して世界中での愛らしい姿が拡散され、猫ブームから今となっては猫の人気は不動のものに。猫をすでに飼っている方、これから猫を飼う方は、住まいは自分だけでなく、可愛い猫のためにもと考えているはずです。

そこで、今回は「猫が快適な住まい」をテーマに、猫が家を大好きになる住まいの作り方について迫っていきます。

【もっと!猫と快適に過ごす方法って……?】

猫が登れる高い場所を作ろう

野良猫が塀に登っているのをよく見かけませんか? 猫は高い場所に登って、周りを見渡すことができる環境に安心感を覚えます。例えば、2階のに猫が登れるスペースがなら、猫が周りを見渡しやすい環境にしましょう。フローリングから窓へ移動するまでの導線を改善するのもいいでしょう。何か踏み台となるものを置くなどすれば、すぐに改善できます。


居間の壁にキャットウォークを作ろう


壁の高い場所にキャットウォークを作るのもオススメです。キャットウォークとは、高所にあるネコの通り道のことです。高い所が好きな猫の運動場所になり、健康維持に繋がります。室内に作ることで、ご近所に仲の悪い動物ができた時の居場所にもなり、ストレスを回避することができます。

また、聴覚がいい猫は騒がしい環境が苦手と言われています。外部環境の騒音は調整が不可能なので、室内でアクティブに動ける静かなキャットウォークがあると、猫は救われるのです。


爪とぎは、しっかりしつけよう!


猫は居眠りが大好きなので、リビングソファーでぐっすり寝ることも。猫は1日平均で14時間睡眠をとるといわれています。1日の半分以上を寝て過ごしています。しかし、猫がソファーに来ることでよく抱えてしまうのが、ソファーを引っかくこと。猫にソファーで行儀よくしてもらうための策は、猫に爪とぎをしつけること。猫が爪とぎすることは本能で、ソファーを引っかいてしまうのは、ソファーで爪とぎをしているのが理由です。

爪とぎ台を設置して、ソファーは爪を研ぐ場所ではないことを教えれば、飼い主のストレスもぐーんと減って、猫との関係もますます良好になります。


キャットタワーもオススメ


お家にスペースがある方は、キャットタワーがオススメです。大きさや高さは様々ですが、麻縄が巻いてあると爪磨ぎもできて気に入ってもらえる確率が高くなります。 飛び乗ったり飛び降りたりと、上下運動が出来て、運動不足解消にも役立ちます。その他にも、ストレス解消、いたずら防止、運動不足解消、寝の確保などの効果があります。


室内の温度管理をしっかりしよう!


子猫やシニア猫の体は非常にデリケートなので、温度管理に気を付けましょう。猫がよく休む場所だけ、猫独自の温度対策を取るのも良いでしょう。特に夏場の外出で不在にする時は、室内環境に気を配るようにしてください。


隠れられる場所を作ろう


猫は音や匂いなどの刺激に恐怖心や嫌悪感を抱きます。猫が恐怖心から逃れられる隠れ家を作るのも、猫が快適に過ごせる家の秘訣です。


最後に

猫は非常にデリケートな生き物だという感覚で、住まいに工夫を凝らすことが大事です。猫も大事な家族の一員。猫が楽しければ、住んでいる自分も楽しくなります。
猫専用の部屋を確保する方はあまりいないでしょうから、家のあらゆる部分を見渡し、ちょい足しをすることで、家が猫の拠り所になるようにしていきましょう。