知っておきたい畳の手入れ術!

2016.09.27


そういえば、なんとなく畳を掃除していたけど、畳の正しい手入れってどうすればいいの?今回はそんな畳の正しい手入れ術と、超便利な裏技をご紹介していきます。

大掃除の時期にぴったり!簡単お掃除記事はこちら
ホコリを上手に除去して快適ライフを!…ホコリをためない4つの工夫で気持ちよく暮らす


超基本:畳の目に沿って掃除機でごみを取りましょう!

畳の目に沿うのは基本中の基本。まずは、掃除機を畳の目に沿って滑らせ、ごみを吸い取りましょう。手に力を入れ過ぎて、掃除機と畳の摩擦を強くしないよう心掛けてください。

乾いた布で拭き取りましょう!

掃除機の取り残しを除くために、乾いた布で拭き取っていきます。もちろん、この場合も掃除機かけと同様に、畳の目に沿って拭きましょう。皮脂を落としたい方はお湯で濡らしたタオルで拭き、そのあと乾拭きをしましょう。まず、タオルはなるべく綺麗なものをチョイスし、熱めのお湯につけてタオルを絞り、畳の目に沿って拭き上げます。次に、乾いた綺麗なタオルで、拭き上げて、水分をタオルに吸わせましょう。

ただし、畳は基本的に湿気を嫌うということを頭に入れておいてください。水ではなく、お湯なのはそのためです。生乾きで湿気がこもると、カビが生え、ダニの被害にも遭います。天気の良い日は窓を開けて、乾燥しやすい環境で手入れをしましょう。

掃除の時間は6畳和室で、10分程度あれば十分!

掃除時間は掃除機を5分、タオル拭き5分。タオル拭きは毎日でなくて構いません。普段は掃除機で、タオル拭きは汚れが気になるときや、年末・お盆前などの大掃除のタイミングなどではタオル拭きをしましょう。

超裏技:マイクロファイバー×お掃除ロボット!

LEC(レック)の「レック 激落ちシート 畳用」なら、超極細繊維(マイクロファイバー)配合が畳に付いた皮脂汚れやほこりなどをしっかりかき取ってくれます。その他、アレルゲン低減化剤がアレルギーのもととなるダニや花粉のアレルゲン物質を不活化し、アレルゲン性を低減します。 1枚のシートでおそうじできる目安は、約3畳分です。そして、オススメの使い方が、お掃除ロボットに装着して使用するという方法。自分は作業することなく、畳がきちんと手入れできます。一度にいろんな場所を掃除したい時には、かなり楽ちんな方法になります。

最後に

以上、知っておきたい畳の手入れ術についてご紹介してきました。きれいな畳で寝そべってリラックスできる瞬間はたまりませんよね。畳ならではの住まいの幸せというのはたくさんあります。ぜひ、清潔な畳を維持して、畳の空間で至福の時間をお過ごしください。