注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~ドア編~

2022.06.01 地域ライターE
「特にこだわりもないので、ハウスメーカーのオススメプランにそのままお願いした」という方、「インテリアの統一感に影響するから時間をかけてこだわった」という方、どちらのタイプのご家族でも、毎日「使っている」という意識はあまりない家の設備ですが、そんなドアについても「ちょっとした後悔」ポイントがありました!


ienyの人気企画「新築一戸建て建築にまつわるちょっとした後悔」ドア編をお届けします!


曇りガラスの明かり取り、案外眩しい


玄関は明るい方が、運気がよくなるから! 」と風水好きの友人が昔言っていたことが印象に残っていて、いくつかのサンプルのなかからいちばん明かり取りのガラスの部分が大きい玄関ドアを選びました。

確かに日中はわざわざ電気をつけなくてもよいくらいに明るい方が便利だし、ドアを開けなくても外に人影があるかどうかはわかる程度に外の様子がうかがえる方がいいなと思ったので。デザイン的にもガラスが入っていたほうが変化があって、オシャレな雰囲気もありました。

少しだけ気になっているのが「思っていたよりも光が入る」ということです。南向きや北向きの玄関のお宅ならあまり気にならないかもしれませんが、ウチは玄関が真西向きなんですね。ちょうど西日がまっすぐ入る位置なのですが、曇りガラスでも結構まぶしく感じます。コントラストが強くてむしろ夕方は玄関が暗く感じられるくらいです。あと、クリスマスシーズンはお向かいさんがイルミネーションの飾りつけに熱心なのですが、そのチカチカ光るライトもよく見えます(笑)

気にならない人には全く気にならないと思いますが、ショールームで見ていた時は全く気がつかなかったことなので、ライト持参で試してみてもいいかもしれませんね。
(Aさん・大手ハウスメーカー注文住宅を建てて6年)


軽い室内引き戸、犬を飼い始めて後悔


リビング和室ダイニングと廊下を仕切る引き戸を、吊り下げ式で軽く開け閉めできるタイプにしました。吊り下げ式だとにレールがなくなるので、掃除の手間も減るしお掃除ロボットも引っ掛かりにくくていいなと思ったので。

それは本当に良かったと思うのですが、あとからちょっと困ったことになりました。

引っ越ししてから2年後に、ずっと憧れていたわんちゃんをお迎えしたんです。子犬なので元気いっぱい、人懐っこい子で家族のいる場所について回ります。それは可愛いのですが「ちょっとお部屋で待っていてね」が苦手なので、宅配便が来てちょっと玄関を開けるなんてタイミングでもリードをつけるかケージに入れないと、万が一玄関から飛び出したら大変です。

引き戸で軽いので、子犬でも簡単に鼻と手で開けられちゃうんですよね……。仕切りがある意味がありません。今からでも引き戸に鍵をつけられないかな……? と思っています。
(Bさん・地元工務店で注文住宅建築後2年)


玄関ドアだけグレードアップ。外壁の雰囲気と合わなくて浮く

子どものころからずっと憧れだった一戸建て。結婚も早くて、正直貯金もほとんどできていない状況でしたが、一日でも早くマイホームが欲しかったので、総額もわかりやすくて割安感のあった土地付きの分譲戸建てを購入しました。

建築前に契約したので、壁紙照明、建具などをある程度選ぶことができました。とはいえできるだけ予算を抑えたかったので、標準プランの範囲内で選べるものだけ。水回りも収納も照明も、ほぼ標準プランのままでした。

そのなかで唯一、夫がこだわったのが玄関。

キッチン風呂リフォームしてグレードアップする機会もあるかもしれないけど、玄関なんてリフォームしないだろうし、見た目が似ている家が5軒も並んでいる分譲戸建てだから、玄関ドアくらいオリジナルにしたい」って言いだして。

確かにそうだなと思ったので、玄関ドアだけオプションで20万円ほどプラスしてデザイン性の高いカッコいいドアにしてもらいました。

最初は「かっこいいな」と思ったんですが、正直なところ同じような外観の分譲戸建てが並ぶなか、外壁の雰囲気やほかのお家とのバランスが合わなくて、なんとなくウチの玄関ドアだけ浮いているというか……。

「やっぱり違うな! 」と満足している夫には言えませんが、私はひそかに「標準プランのドアにすればよかった」と思っています。
(Cさん・中堅デベロッパーで土地付き分譲戸建て建築後2年)


凝ったアイアン風の飾り格子が付いている雰囲気のあるドアだけど埃がたまる


建築雑誌にも載るような有名な設計事務所の建築士さんにお願いして注文住宅を建てました。とにかくデザインが好きだったので、部屋数や水回りに必要な設備だけお伝えして、インテリアもエクステリアも全部提案してもらうことに。

本当に憧れがそのまま形になったような、好みにぴったりのお家になりました。そういう意味では大満足なのですが「好きなものに囲まれるというのは面倒くさいこともあるな」という意味で気になっていることがあります。

その一つが、玄関ドアの飾り格子です。ちょっとアンティークな雰囲気の飾り格子なのですが、複雑な形なだけに埃が溜まるというか……元の色味が黒なので、汚れが目立つような気がします。今まで玄関ドアの「表面」の掃除なんてしたことがなかったので、びっくりしました。掃除好きじゃない人には「凝った意匠はやめておいた方がいいよ」と伝えたいです。
(Dさん・設計事務所に依頼して注文住宅建築後4年)


“長く気に入る”を踏まえて選びたい「ドア」

玄関ドアも、室内の建具としてのドアも、水回りや電気関係、外壁といった設備と違い基本的に「故障」や「取り換え」はあまり想定しない方が多い設備です。

そのぶん「後悔」が大きいと、なかなか取り換えたくても難しいでしょうし、家族の同意が得にくかったりするものかもしれません!

長く暮らしていくお家だからこそ、長く楽しめるものを選んでくださいね。

>>【人気メーカーに聞きました!】室内ドアの賢い選び方


必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

狭小住宅でもできる、憧れのオシャレな玄関アプローチのつくり方!

2022.12.2

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~家の向き編~

2022.11.22

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~玄関ポーチ編~

2022.10.31

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~郊外立地編~

2022.10.14

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと ~駅チカ物件編~

2022.9.16

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと ~防音編~

2022.7.4

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります