リビング学習から個室学習への切り替え、いつが最適?ポイントを経験者に聞きました

2022.05.23 地域ライターE
新築一戸建てに「子ども部屋」を用意する予定だけれど、子どもが小学生の間はリビング学習で勉強の様子を見守る……こんなご家が増えています。

そこで気になるのが「リビング学習のやめ時」です。


リビング学習から個室学習へ模様替えするときに知っておきたいポイントを、リビング学習卒業済みの保護者の先輩方に聞いてきました!


リビング学習切り替えタイミングの作り方

簡単なドリルやワークブックをはじめた幼稚園、計算の丸付けや音読で結局親の手が必要な小学校の宿題に取り組んでいたころは「リビング学習」が当たり前だったけれど、子どもももうすぐ中学生。いったいいつまでリビング学習を続ければいいのかな……?

こんな疑問を持つようになる「きっかけ」と、「独立した子ども部屋の用意」のタイミングをいつにするか、悩むご家庭は少なくありません。

「将来は壁と扉を増設して、子ども部屋を2つに分けるリフォームをしましょう」と設計士さんに提案されていて親の方もそのつもりだったけれど、実際にリフォームするとなるとそれなりに費用も掛かるし、今置いている荷物を移動させたり処分したりするのも大変。子どもの方から「いつになったら子ども部屋をちゃんと分けてくれるの? 」と聞かれてしまったけれど、リビング学習って何歳くらいが辞め時でしょう……? 

ある日突然「今日から子ども部屋で勉強をしよう! 」と切り替えようとしても、なかなかスムーズにいかないのは当然です。

まずは親子ともに切り替えのきっかけにしやすいタイミングをあらかじめ考えておきましょう。

進学のタイミング



親子ともにわかりやすいのが進学のタイミング。特に、小学校を卒業して中学に入る段階が最もイメージしやすいのではないでしょうか。

難しいのが「中学入学と同時に、子ども部屋での勉強とスマホの利用をはじめた」というケースです。初めてのスマホと個室利用が同時にスタートした結果、勉強どころか睡眠時間にも悪影響が出てしまった……という体験談も多数ありました。

まずはスマホの使い方に慣れるまではリビング学習を継続するか、スマホを渡す前に利用場所や時間のルールをつくるかといった対策をしておきましょう!

本人の希望したタイミング


リビングだと弟がうるさくて勉強できない! 」
「プリントとか教科書をわざわざ2階まで取りに行くのが面倒くさい! 」
「ご飯の食べる前に片づけなきゃいけないのが大変! 」

こんな風に子どもから「リビング学習を卒業したい」という声が上がるときは切り替えがわかりやすいタイミング。うまく軌道に乗せるコツは“整理整頓の仕方”を一緒に考えること、気が散るアイテムは子ども部屋からなくすことの2点です。

「それじゃあ、子ども部屋を遊ぶ部屋から勉強する部屋に変えよう! ゲームはリビングでやろうね! 」など、子ども部屋を集中できる環境に整えてあげましょう。

兄弟が勉強をはじめるタイミング


子ども部屋をつかう本人ではなく、その兄弟が勉強をはじめるタイミングで「卒業」するケースもあります。

低学年同士など、親のサポートが必要なタイミングで同時にリビング学習に取り組みたい場合は、ダイニングテーブルとリビングサイドのライティングデスクなど、場所が離れるように考えておいた方が、お互いの集中力をキープしやすいかもしれません。


子ども部屋の「学習環境」に必要なアイテムとは?


「リビング学習よりも個室学習の方が集中できてよいと思うけれど、いきなり自分一人で勉強に集中できるのかな」という心配、ありますよね。

子ども部屋の学習環境として必要なアイテムを先輩たちに聞いてきました。自分で勉強に取り組める「自走」を目指して、リビング学習からの卒業準備を進めましょう!

タイマー機能つき時計



勉強するときに、本人の「感覚」に任せているとついだらけてしまったりしがち。日付表示ができて、タイマー付きの時計がオススメです。

「30分で小学校の宿題を終わらせてね」
「○日が塾のプリント提出日だよ」

といった具合に、時間と期日の管理が自分でもできるようにすこしずつ訓練していくイメージです。余計な気が散らないように、昔ながらのシンプルな四角いデジタル時計がいいですよ!

サイズ調整ができる椅子


子どもは、集中できないと姿勢がどんどん崩れていきます。逆に言うと、きちんと姿勢がキープできると集中力も続くんですよね。

特に足の置き場所は重要です。まだ背が低くて足がにつかないなら、足置きがセットできる学習用いすがオススメです。2~3カ月ごとに、ねじが緩んでガタついていないか、サイズはあっているかチェックしましょう!

シンプルな机と書類棚


漫画やお友達からもらったお手紙、キラキラの可愛い文房具にシールブック。意外と「集中力」が欠けちゃうもの、子ども部屋の机のそばに置いていませんか?

勉強に集中しやすいよう、机の周辺には「好きなもの」は置かないことをルールにしてみてはいかがでしょうか? たくさんのプリントやテキストを整理できる、余裕のある書類ケースを用意して自分で「分類・収納」する習慣をつけていきましょう。

そのかわり、視界に入らない一角に「自分の大好きなものを集めたコーナー」を作って、そちらは親は一切口出ししない! というように、メリハリをつけられるとさらによいと思います!

>>【リビング学習】オシャレなインテリアに仕上げるポイントとは?
>>【子ども部屋問題】いる? いらない? 家づくりの先輩たちの体験談


必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります