注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと ~平屋編~

2022.04.04 地域ライターE
「郊外のちょっと広めの土地に、シンプルなかたちの平屋の一戸建て」

大切なペットにのびのびと過ごしてもらいたい方、年をとっても安心して過ごせる家づくりを目指す方、家族の気配を常に感じられる間取りを希望される方などに人気がある平屋の新築一戸建て

分譲住宅ではなかなかお目にかかれないうえ、注文住宅でも数が少ないため、リアルなお声を聞ける機会は少なめですよね。


新築一戸建てを購入した先輩方の「新築一戸建て建築にまつわるちょっとした後悔」平屋編をお届けします!


後から「本当は床面積を増やせたのに……」と思ってしまう

わが家の敷地面積は40坪ちょっとです。少し広めではありますが、そこまで大きいというほどではありません。周囲のお宅は2階建てで駐車場やおを広めに確保しているところが多いせいか、日当たりもよく静かで住環境としてはとても気に入っています。

でも、実は「2階建てにしておけば、もっと広々としたリビング寝室が作れたのに……」と今でも思ってしまうんです。

もともと平屋がいいと言い出したのは夫です。家を建てた時点で子どもが高校生になっていて、ひとり暮らしが必要なエリアの大学進学を希望していたこともあり「夫婦ふたりで暮らす時間の方が圧倒的に長いし、老後のことを考えたら絶対に平屋がいいよ。せっかく平屋でも建てられる土地なのだから」と説得されました。

確かにその通りなのは理解しているんですが、実際の延べ面積は80㎡ありません。友達には「マンションなら当たり前の広さじゃない、むしろ広い方」と言われますが、せっかくの戸建てなのに……。もし2階建てにしていたら、リビングだって30畳はとれたはず。掃除なんてルンバに任せればいいのに。

「2階に増築」ができないか、ひそかに貯金をしています……。
(Aさん・地元工務店で注文住宅を建てて8年)

憧れの平屋、土地が狭いと建てられない?建坪小さめでもできる平屋のアイデア


豪雨災害のニュースを見るたびに気が気じゃない


最近自然災害が多くありませんか? 家を建ててから、災害のニュースが気になるようになりました。特に今気になっているのが豪雨災害です。

というのも、わが家は平屋なんです。特に川沿いといった立地ではないのですが、ハザードマップをチェックしたところ、100年に一度クラスの大豪雨では1mほどの浸水の可能性があるギリギリのエリアに建っています。

家を建てた当時は災害のニュースを目にしてもあまり意識していませんでしたが、こんなに気になるようになるなんて……。特に「警報が出てから、2階に貴重品を挙げて2階で寝ていてよかった」というニュースを見てから「ウチには避難できる2階なんてない!! 」ということに気がついてしまったというか……。

愚痴を言っても「災害で家に被害が出るのは平屋でも2階建てでも一緒だし、水に完全につかるのが怖いなら早めに避難場所に移動しておいた方が、むしろ安全なんじゃない? 」と慰めてもらえはしますが、あまり共感はしてもらえないですね……。
(Bさん・地元工務店で戸建て建築後10年)


トイレはやっぱり2つ欲しかった


平屋だと、階段の上り下りをしなくていいだけじゃなくて、洗濯物を2階のベランダに干しっぱなしにしたまま忘れちゃうこともないし、「あれ? 下の子どこにいるんだ? 」なんて探しに行かなくてもいいし、やっぱりラクなことが多くて、平屋にしてよかった!! とほぼ満足しているんですが、ひとつだけちょっとした後悔があります。

それがトイレの数。夫はもともと実家がマンションで「家にトイレはひとつ」に慣れているのですが、私の実家は2階建てで、1階と2階それぞれにトイレがありました。「トイレ!! 急いで~!! 」なんてことも、逆にせかされたり、あとから「臭い!! 」って思ったりすることもなくて快適だったので、平屋でもトイレは2つ欲しいなあと思っていたのですが……。

建築士さんにも「1階と2階だとパイプスペースの問題がないので作りやすいんですが、平屋だとコストも余計にかかりますし、レイアウトに制限が出てきちゃいますね」と言われて断念しました。

でも生活を始めてみると、やっぱりトイレは2つ欲しい!!
(Cさん・設計事務所に依頼して建築後3年)


「こっそり電話」がしにくい!


本当にちょっとした後悔というか不満なんですが。わが家、とても開放感がある造りの平屋です。完全に閉じた空間がなくて、全室がゆるやかにつながっているんですね。全館空調なこともあって、家のどこにいても温度が均質で過ごしやすいです。

しかし、音が通りやすいんです……。

「子どもに聞こえないようにクリスマス会の打ち合わせの電話をママ友としたい」とか、「夫に聞こえないように義父母の愚痴を実家の母と話したい」とか、そういう「こっそり電話」ができる場所がありません(笑)家のどこにいても「電話しているな」というのはわかってしまうので「なになに? 何の話だったの? 」ってすぐ見つかっちゃいます。

今はまだ小さい娘が将来成長したら嫌がられそうですが、そのときは親としてちょっと安心していられるかな……?
(Dさん・地元工務店で注文住宅建築後5年)

家族のプライバシーを守る家づくり!音漏れ対策した間取り例


体験談をもとに、後悔しない家づくりを!

2階建て・3階建ての感想やアイデア、後悔ポイントはいろいろなブログやSNSでも見かけていたけれど、平屋についてはなかなか見つけることができないな……と感じていた方も多いのではないでしょうか。

建築前には思いもしなかったような後悔、住んでみないと気がつかなかった後悔など、今回もバリエーション豊富なご意見が集まりました!

先輩たちの体験談を参考に、わが家の生活スタイルは、平屋に合っているのか、もしくは2階建て・3階建ての方がいいのかを考えてみてください。

皆さんが、後悔しない家づくりができますように!

子育て世代にも人気の平屋住宅、その理由を間取り図から紹介!


必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~家の向き編~

2022.11.22

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~玄関ポーチ編~

2022.10.31

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~郊外立地編~

2022.10.14

平屋の狭小住宅でできる間取りアイデア!コンパクトで快適な自分らしい暮らし

2022.10.12

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと ~駅チカ物件編~

2022.9.16

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと ~防音編~

2022.7.4

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります