家の建て替え、その流れと手順は?建て替えならではの要注意ポイントも解説

2021.10.18 烏田千洋
家を建てようと考えている子育て世代のなかには、「親の土地付き戸建て住宅を、二世帯住宅に建て替える」という選択肢がある人もいらっしゃることでしょう。

今ある家を建て替える場合、親の土地が使えるので土地探しの手間や購入費用が省けるメリットがある反面、建て替えならではの要注意ポイントがあります。最悪のケースとしては、いま家が建っているのに建て替えできないということもあるようです。


後悔のない家づくりができるように、流れをふまえて注意するべきポイントをしっかりとおさえておきたいところ。

家の建て替えに向けての要注意ポイントをまとめました。


家の建て替えの流れ

家を建て替える場合、もともと建ってる家の解体や、建て替え工事中の住人の仮住まい探し・工事前後の引っ越しなどが必要になります。

工事着工までは、一般的には以下のような流れになります。

  1. 建設業者(ハウスメーカーや工務店など)探し
  2. 住宅プランの検討
  3. 住宅ローンの申し込み
  4. 解体業者の選定
  5. 仮住まい探し
  6. 仮住まいへの引っ越し
  7. 地盤調査
  8. 解体工事
  9. 地盤改良(必要な場合のみ)
  10. 新築住宅の着工

更地に家を建てるのとは異なり、建て替えならではの段取りがあり注意が必要です。特に気を配りたい点についてチェックしていきましょう。


注意したいポイント 1・仮住まいの手配

新たに土地を購入して住宅建築するなら、家が建ってから引っ越せばよいだけですが、家の建て替えをする場合は、建設工事中に住む仮住まいや、家財道具の一時保管場所を用意する必要があります。

建設工事中だけの短期間の仮住まいですから、条件に合致する物件を探すのはなかなか骨が折れるよう。住宅プランの検討や住宅ローンの心配に追われて忙しいタイミングですが、仮住まい探しも早め早めに目配りしておきたい点です。


注意したいポイント2・解体前~残したい庭木や家電など

土地を更地にするための大仕事、家の解体工事に向けては、手配を厳密にしておきたいところです。家を建てる建設業者と別に解体業者を依頼する場合は、建設業者と解体業者の間で連絡不行き届きがないよう特に注意が必要です。

  • 残しておきたい木があればしっかり伝えて手配しておく
    (家の建設時に邪魔になるので仮移植が必要なんてこともありうる)
  • エアコンなど残しておきたいものの一時保管場所への移動
    (管理責任者を明確にしておくこと)
  • 建設業者と解体業者の作業工程の調整
    (スムーズに滞りなく両者の作業が進むように! )
  • 引っ越しの荷造り
    (仮住まいで必要なもの/新居ができるまで不要なものに分けて荷造り)


注意したいポイント 3・地盤調査・地盤改良

もともと家が建っていた敷地であっても、建て替えにあたっては新たに地盤調査を行うことが通例とされ、調査の結果、地盤の強度が不十分となった場合は地盤改良を行う必要が出てきます。

時間も費用も余計にかかり気が重いですが、安心安全な家を建てるために、信頼できる業者にきちんと対応してもらいたいところですね。


注意したいポイント 4・建て替え不可の可能性!?


すでに家が建っているのだからまさかと思うのですが、敷地の条件によって家の建て替えができない可能性があります。

既存の建物が建った後で建築基準法が改正されていて、現行法では家が建てられない土地になってしまっていたという可能性があるというのです。

建て替えができないケースで多いのが、建築基準法で定められた「接道義務」を満たしていない土地。家が建てこんでいて道路に接していない土地で、路地の幅が2m以下の場合などは要注意。

建て替え計画を考えるなら、ぜひとも早めに土地の状況を確認しておきたいところです。


総合的に依頼したいならハウスメーカーが安心!

家の建て替えには、建て替えならではの注意点が色々とあることが分かりました。家の安全性にもつながる大切なことだから、ぜひ一気通貫で間違いなくできるプロにお願いしたいものです。

小泉孝太郎さん出演のTVCMでおなじみのアイダ設計は、予算に応じた設計力と親身な対応力で施主からの信頼も厚いハウスメーカーです。さまざまな要望に合わせた標準仕様を備えた各種プランが揃っているのも魅力です。

家の建て替えも多く手掛けるアイダ設計だから、何かと安心。一度ご相談してみては。


無料の間取りアイデア集をプレゼント

アイダ設計の間取りアイデア実例満載のカタログ間取りアイデア実例満載のカタログ『プランスタイルブック』には、毎日の暮らしをもっと便利に&もっと楽しくするアイデアをたっぷりとご紹介!

今なら、こちらを無料でプレゼント中です!アイデアと間取り図、写真が付いていて、さらに理想の住まいがイメージしやすくなるはず。

在宅勤務にもピッタリなリビングプライベートコーナー

季節モノがスッキリ収納できる多目的シューズクローク

無料ダウンロードができ、間取り図と写真・解説が付いているので、さらに理想の住まいがイメージしやすくなるはず!

申し込みは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

【動画あり】完全分離型から同居型まで! 二世帯住宅の間取り実例

2021.10.15

理想の家づくりの近道? 注文住宅ハウスメーカーの「標準仕様」とは

2021.9.24

予算内で大満足の家が建った!手が届く注文住宅の事例をご紹介します!

2021.7.9

「廊下」がない家、これって正解?メリット・デメリットを解説!

2021.6.14

オシャレな家は「雨どい」も納まってる! 新築の外構設計時に考えておくべきこと

2021.6.2

【一級建築士が解説】「収納」をしっかり考えて満足できる家づくりを!

2021.5.24

この記事を書いた人

烏田千洋

編集・ライター
家の建て替えか、リフォームか迷いつつ情報収集の日々。憧れは、トリプルガラスの樹脂窓と、全自動おそうじ機能付きの換気扇、朝日の入る日当たりのよいお家! 趣味、園芸。日本のいいね!が、見つかるメディア『japonism』編集長