一戸建てを建てたら作りたいお庭スタイル「アウトドアリビング」

2021.08.06 地域ライターE
コロナ禍でお出かけの機会も少なくなっているなか、注目を集めているのが家で楽しむおの工夫。

お出かけは難しいけど、非日常な空間でのんびりとした時間を楽しめたら……そんな方にオススメなお庭スタイルが、ずばり「アウトドアリビング」!


「家族みんなで外出気分を味わえる」「お友達が集まってもゆったりと過ごせる」というメリットから、最近注目を集めています。

「アウトドアリビング」に挑戦してみたい方必見! より楽しむための工夫やアイテムをご紹介します!


人気急上昇!お庭を第二のリビングに


休日の過ごし方といえば、「休日は家でのんびり過ごしたい! 」派と「日常とは少し気分を変えてリラックスしたい! 」派で、家族で意見が分かれてしまうもの。お互いに満足できる選択肢は限られてしまいますよね。

そんなご家族にぜひ検討いただきたいのが、「アウトドアリビング」です。

アウトドアリビングとは「まるでアウトドアでキャンプをしているかのような雰囲気を自宅の庭で楽しめる工夫」を凝らしたお庭のこと。

コロナ禍の影響で、家で楽しめるプチイベントや非日常を取り入れるご家庭も増えていますよね。この機会に……とガーデニングや野菜作りを始めてみたというご家庭も多いのではないでしょうか。

とはいえ「本格的なガーデニングは手間暇がかかるし、毎日お世話するのは大変でとても続きそうにない」という方にはハードルが高くなってしまいがち。

アウトドアリビングは「お庭で快適に過ごす」がテーマのお庭スタイルで、できるだけ日々の手間暇をかけずにつくります。長時間過ごせる空間は、まさに「第二のリビング」です。


視線がお互いに気にならないための工夫


アウトドアリビングの重要なポイントは「周囲からの視線が気にならない造り」にするということ。

アウトドア気分を高めるという点ではもちろん、リラックスして時間を過ごすためにも、そしてご近所さん側の気まずさを解消するためにも、周辺からの視線をシャットアウトすることは最重要項目です。

工夫その1・中庭やコの字の建物でプライベート空間をつくる


アウトドア・ガーデンを取り入れやすいのが、中庭やコの字型の建物の中心部分などのスペースを使って「完全プライベート空間」を演出するタイプ。

比較的広い敷地が必要になること、建築コストがかさむことが難点です。

工夫その2・目隠しフェンスやターフで視線を遮る



セキュリティレベルもアップしつつ、取り入れやすいのが目隠しフェンスや日よけターフを使う方法です。

日よけターフは周囲の「2階以上」から見下ろす形の視線を遮り、暑い日差しも防ぐことができる優れもの。後から建物の躯体にターフを結びつけるアイテムを追加するのは難しいため、設計の段階で日よけターフを利用したいことを建築士やハウスメーカーに相談しておきましょう。

目隠しフェンスはいわゆる「エクステリア」に含まれる部分です。高さや色、素材感などさまざまなタイプを選ぶことができます。目隠しに使いたい場合、ある程度の高さ(180cm~)が必要になりますが、その場合しっかりとした土台が必要となるため、DIYはオススメできません。


「手間いらずの庭づくり」を目指そう


アウトドア・ガーデンで重要な「居住性」を高めるためには、できるだけ快適に、ラクに過ごせる環境を用意しておきたいところです。建築時に工夫できるポイントを確認しておきましょう。

虫や雑草が少なくなるように、人工芝やウッドデッキを利用する


天然芝も魅力的ですが、芝生の刈り取りや張替えなど思ったよりも手間がかかるのが現実です。

最近ではまるで本物のような見た目の人工芝も増えています。

アウトドア用椅子やテーブルを出しやすいようにできるだけ地面を平らにする



自然の雰囲気を出したいから、あえて整地しない地面のままで……とお考えなら要注意。

小さなお子さんと一緒に過ごすなら、やはり安定した地面の方が安心です。

室内から掃き出し窓で直接出入りしやすい場所に位置する


せっかく作ったアウトドア・ガーデンなのに、結局一度バーベキューをしただけで終わってしまった……という原因になりがちなのが「普段視界に入らない・気軽に庭に出ようという気になれない」ということ。

掃き出しから出入りがしやすく、リビングと一体化できる場所はベストポジションです。

子どもの水遊びやペットに使いやすい水道栓を配置する


アウトドア・ガーデンで人気の外遊びはやっぱりビニールプールや水鉄砲をつかった水遊び。庭の掃除やペットの世話に大活躍の水道栓はぜひ用意したいアイテムです。

照明や充電用の外部電源があるとなお便利



住宅地の中では大音量で音楽をかけたり、遅くまで灯りを付けたりといったマナー違反は絶対にNGですが、常識の範囲内で楽しむのなら問題ありません。グランピングのような気分も味わえますよ!

グッズをしまっておける大型収納スペースがあるとさらに快適


人数分の折り畳み椅子に簡易テーブルなど、アウトドアグッズを使うとさらにキャンプらしい雰囲気に。

しかし、出しっぱなしでは雨風や紫外線で劣化は早まりますし、使いたいときに汚れていては台無しです。家の中ではなく、家の外にアウトドアグッズを収納できる大型収納スペースがあると便利です。

ウッドデッキ用のラグがオススメ


アウトドア気分は味わいたいけれど、家族の人数も多くて椅子を並べられるほどのスペースもないし……とお悩みなら、ウッドデッキなど屋外で使える防水性の高いラグがオススメです。いつもと違う目線の高さで開放感も広がるかも?


「アウトドアリビング」に決まりやルールはありません。自宅の庭をゆっくりとくつろげるスペースにするために、便利なキャンプギアを取り入れて造ったりと自由なスタイルでお楽しみください。

気軽に「イメージチェンジ」できるのもアウトドアリビングのよいところ。ぜひチャレンジしてみてくださいね!


“わが家の理想”を叶えよう! プロのアイデアで家づくり

せっかくの注文住宅間取りはもちろん、お庭までとことんこだわりたい! という気持ちが強いという方は多いでしょう。

もちろん、庭づくりも家づくりの一部。わが家の理想を叶えてくれる、プロによる家づくりのアイデアをまとめたプランスタイルブックが無料でダウンロードできます。

リビングから続くテラスはアウトドアリビングにもピッタリ

開放感が感じられる吹き抜け×オープンキッチン

家づくりを考えている方には、ぜひ手にとっていただきたいカタログになっています。

もちろん、キッチンや家事スペースのアイデアも盛りだくさん! 家づくりで知っておきたい工夫をまとめたカタログです。

カタログの申し込みはこちらから、もしくは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

お問い合わせやご相談は無料。完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意です!

経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できますよ♪

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

一戸建てを建てたら作りたいお庭スタイル「北欧風のガーデン」

2021.11.8

ガーデニングも家庭菜園もおまかせ! 今すぐに知りたい夏のお庭事情

2021.7.30

一戸建てを建てたら作りたいお庭スタイル「カリフォルニアガーデン」

2021.7.12

一戸建てを建てたら作りたいお庭スタイル「イングリッシュガーデン」

2021.6.11

植えっぱなしOKがうれしい!「多年草」のガーデニングおすすめ品種

2021.3.22

一戸建てを建てたら家庭菜園をはじめたい!新築時にしておくと便利なこと6選

2021.2.26

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります