新築時に準備したい! 戸建て住宅でインターネットを快適に利用するには?

2021.06.07 烏田千洋
在宅ワークでのオンラインミーティングやゲーム、動画の視聴など、家でのインターネット接続は、今や欠かせません。

さらに、インターネット接続があったとしても、ビデオ会議中に家族の誰かがオンラインゲームを始めて通信速度がガタ落ち! 仕事にもプレイにも支障をきたして困った! なんてことも、もはや“あるある”ではないでしょうか。


このご時世にせっかく家を建てるなら、そんな困った“あるある”にならないよう、新築時に理想的なインターネット接続環境も整えておきたいもの。

理想的なインターネット接続環境には何が必要で、どんなことをすればいいのかを概説します。

都内IT企業の情報システム(情シス)担当者T氏よる、アドバイス&TIPSもあります!


インターネット接続のTODOを、ステップ別に確認!

インターネットに接続するためのおおまかなステップは、次の通りです。

インターネット接続のステップ
  1. インターネット接続のための手段を決める
  2. インターネット接続のための接続業者と契約する
  3. 家の中で、無線通信の環境を整える

ステップ3は、必ずしも必要なステップではありませんが、家の中どこでも契約料金内でインターネット接続ができるようになり、とても便利なのでご紹介します。

【ステップ1】インターネット接続のための手段を決める


インターネットに接続するためには、次の2種類の方法があります。

  1. 固定回線を利用する接続方法(有線接続)
    電柱から宅内に引き込んだ接続ケーブルを文字取り物理的にパソコンなどに接続してインターネット接続する。「光回線」や「ADSL回線」はこちらに該当

  2. モバイル回線を利用する接続方法(無線接続)
    近隣の基地局からの電波を利用して接続する。通信速度は、有線接続に劣るが、外出先でも使えて便利

近年は、ビデオ会議やオンラインゲーム、映画など、大容量データの通信が必要なサービスを利用するため、大容量・高速通信が可能な光回線が主流になってきています。

有線接続のためには、家の外の電柱から、専用のケーブル(光回線なら光ファイバー)を家の中へ引き込む必要があります。

また、家の中の各部屋で、有線接続をするための配線環境も欠かせません。

これらの設備は、家を建てた後でも可能ですが、追加のコストや時間がかかるだけでなく、外からケーブルを引き込むために壁に穴を開けなくてはならなくなったり、家の中で配線ケーブルが露出して見た目が悪いなど、思い通りにいかない可能性もあります。

そんなことにならないよう、新築の設計時にまとめてスッキリと設備を整えておくのが理想的です。

【ステップ2】インターネット接続のための接続業者と契約する


実際にインターネット接続を利用するためには、接続サービスを提供している事業者(インターネット回線業者とインターネットサービスプロバイダー)と契約をして利用します。

インターネット回線業者・・・NTT東日本、NTT西日本、KDDI、ソフトバンクなどの通信会社系、電力・ガス会社系、ケーブルテレビ系など

インターネットサービスプロバイダー・・・NTTドコモ、So-netなど

インターネット回線業者は、光回線にするのかADSL回線にするのか、はたまたすでに契約しているケーブルテレビのインターネット接続サービスを利用するのか、固定回線にせずモバイル回線にするのか……によってさまざまな選択肢があります。

【ステップ3】家の中で、ネットワーク環境を整える



家中どこでもネットを利用するなら、ステップ2で契約したインターネット接続サービスで利用する無線通信の環境を整えると便利で経済的です。

多くの方が聞いたことがあるであろう「Wi-Fi(ワイ-ファイ)」が、この「無線通信」にあたります。Wi-Fiを使うには、「ルーター」という設備が必要です。


家の設計段階で考えること

おおまかな流れがつかめたら、具体的に家を建てる設計段階で考えておきたいポイントを見ていきましょう。ここからは、現在主流になっている光回線によるインターネット接続のための設備にしぼってご紹介します。

教えていただいたのは、都内IT企業の情報システム担当のT氏。とっても頼りになる情シスさんです!

全室にLANケーブルを必ず引こう!


LANケーブルとは、家の中で有線接続をするためのケーブルのこと。LANとは、「Local  Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)」の頭文字をとった略語で、ここでは家の中でのインターネット接続のネットワークのことを指します。

LANケーブルが家の中にあると目につきます。壁に埋めるとスッキリしますが、あとから埋めるのは大変なので、新築設計時に埋めるつもりで配線しましょう。

新築のタイミングは、ケーブルを天井や壁の中などに配線して、目に見えないようプランできる絶好のタイミングです。

光コンセントとルーターの位置を考えよう!


ルーターや固定電話などの機器を置く場所を考えよう。

固定電話も(あれば)すぐそばに来ることが多く、機器を移動することも少ないので、置き場所を事前に検討しよう。

光ファイバー引き込み口(光コンセント)の近くに通信機材が集中配置されがちです。だいたいは玄関近くですかね。に機材を直置きしてる人が多いのですが、邪魔になるので棚が設置できるような位置にしましょう。


【おまけ】インターネット回線・環境について

最後に、インターネットに接続する機器(端末)別に、どんな環境を用意したらいいのか、情シスT氏にTIPSを教えてもらいました!  

スマートフォン / タブレット



ぶっちゃけ、Wi-Fi環境を用意しなくても4Gや5Gで通信できますが、まだ通信容量の制限があるプランが多いですね。ギガが足りなくなってしまう恐れがあります。

それにLTEでも格安SIMだと速度が遅い場合が多く、快適さで言えば固定回線+Wi-Fiには叶わないので、ぜひ固定回線を引きましょう。

パソコン(仕事用)


在宅ワークをしていると、ビデオ会議や、容量の大きいデータファイルのやり取りなどインターネット接続回線が不安定だと困る場面が出てきます。

可能ならば、固定回線→Wi-Fi→パソコンとつなぐのではなく、固定回線→LANケーブル→PCでつなぎ安定性を確保しましょう。

パソコン(ゲーム用)


パソコン(仕事用)と同じく、オンラインゲーム中に回線が不安定になるとすんごい怒られます。

固定回線→LANケーブル→パソコンでつなぎ、安定性を確保しましょう。

ゲーム機


パソコン(ゲーム用)と同じく、オンラインゲーム中に回線が不安定になるとラグが出たり最悪の場合ログアウトしてしまうことも。

固定回線→LANケーブル→ゲーム機でつなぎ、安定性を確保しましょう。

スマート家電



LANケーブルを物理的に接続できないものが多いです。Wi-Fiでつなぐことになると思います。

気をつけたいのがWi-Fiの周波数です。Wi-Fiでは2.4GHzと5GHzの2種類の周波数を利用するのですが、2.4GHzにしか対応していない機器があったりします。

対策として、Wi-Fiアクセスポイントは2.4GHzが(も)使える機器を選びましょう。


新築時がチャンス! 後からでは思い通りにはなりにくい

インターネット接続環境の設備は、後から自力で整えるには、時間や余計なコストだけでなく、外壁の意図しない場所に穴を開けることになるなど物理的な負担もかかってしまう可能性があります。ぜひ、新築時のチャンスにあわせて設計をしておきましょう。

完全自由設計のハウスメーカーアイダ設計なら、予算や土地の条件に応じた柔軟な提案が得意です。

ルーターとかLANとか言われてもよく分からない……そんなときにこそ、そもそもどうしたらいいか分からないというところから相談してみては?


家づくりのアイデア満載の無料カタログをプレゼント

今なら間取りアイデア実例満載のカタログ『プランスタイルブック』(アイダ設計)をプレゼント中。間取り図と写真、解説が付きで、理想の住まいのイメージがふくらむ冊子です。

在宅ワークにもぴったりなプライベートコーナー

ストックもスッキリと片付けられるパントリー

無料ダウンロードができ、間取り図と写真・解説が付いているので、さらに理想の住まいがイメージしやすくなるはず!

申し込みは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

スタイリッシュで便利! 今流行りの「小上がり」を取り入れた間取りアイデア実例集

2021.6.23

お家時間がもっと楽しくなる。「ウッドデッキ」を取り入れた間取りアイデア実例集

2021.6.9

使い方いろいろ! おしゃれな「土間玄関」の間取りアイデア実例集

2021.5.26

戸建て住宅の「生活音」にイライラ・ハラハラしないための家づくりの工夫とは?

2021.5.19

まるで秘密基地!おしゃれにこもれるスペース「ヌック」の間取りアイデア実例集

2021.5.12

【一級建築士が解説】“業者任せ”で後悔しがち! 注文住宅の照明とコンセントの決め方

2021.5.1

この記事を書いた人

烏田千洋

編集・ライター
家の建て替えか、リフォームか迷いつつ情報収集の日々。憧れは、トリプルガラスの樹脂窓と、全自動おそうじ機能付きの換気扇、朝日の入る日当たりのよいお家! 趣味、園芸。日本のいいね!が、見つかるメディア『japonism』編集長