“リビング×テラス”で、広々と開放感のある家になる! 間取りアイデア

2021.06.21 烏田千洋
注文住宅で家を建てるなら、広々としたリビングにしたいけど、限りある建築面積(面積)をリビングだけに割くわけにはいかない……そんなときに検討したいのが、「オープンテラス」という考え方。


お友だちを呼んでわいわいとした時間を過ごすこともできますし、忙しい家事に一息をつくときにも最適なオープンテラス。リビングとつながっているので開放感も抜群です!

今、注目されつつある間取り・オープンテラスのアイデアをご紹介します。

【盛りだくさん! テラス・バルコニーの間取りアイデアはこちら】


オープンテラスとは?

ここでいう「オープンテラス」とは、室内の延長線上で使うことができるテラスのこと。フルオープンのサッシや、掃き出しで屋内からつながった家の外のオープンな空間です。

アイダ設計『プランスタイルブック』より

そもそも住宅における「テラス」とは、建物の外で地面より一段高くなったスペースで、コンクリートやタイル、木材などさまざまな材質で形成されます。木材の場合「ウッドデッキ」といえば、より馴染みがあるかもしれませんね。

一階部分の屋根なしのウッドデッキの場合、面積が建物全体の建築面積(床面積)に含まれません。そのため、建物内の間取りと上手くリンクさせることで、床面積を割くことなく、室内から続く広々とした空間を実現することが可能になります。

なお、一階のテラスであっても、屋根ありの場合、建物からの長さが2mを超えると、超えた分の建物側の面積は建築面積に含まれます。また、屋根ありで3方向が囲われて閉鎖的である場合は建築面積に含まれます。

囲いの考え方は自治体によって異なるなどケースバイケースですので要注意です。


オープンテラスのメリット・デメリット

オープンテラスのメリットは、リビングからつながる間取りにすることで、晴れた日は窓を開け放して第二のリビングのように過ごすことができること。

夏には子どもたちがプール遊びを楽しんだり、プランターでの家菜園やガーデニングなども気軽に取り組めそうです。


また、洗濯物干しスペースとしても便利です。一階の洗濯機から、二階の物干し場まで洗濯物を持って階段を上る面倒から解放されます。本格的に洗濯物を干さないまでも、マットを日干しする場合にも便利です。

一方、もちろんデメリットも……。ウッドデッキにした場合は、ペンキの塗り替えなど木材のメンテナンスに手間がかかります。タイルなど腐りにくい材質にした場合でも、屋外で風雨にさらされたテラスをきれいに保つためには定期的な洗浄などの掃除が必要でしょう。

また、人によってはテラスをあまり活用しないまま、ただの物置になってしまう場合もあるようです。

家づくりに取り入れるなら、家族のライフスタイルと相談しながら、メリット・デメリットもふまえて賢く選択したいですね。


アイダ設計から『オープンテラスのある平屋』が登場

全国展開のハウスメーカー・アイダ設計からは、オープンテラスを配した平屋住宅のプラン『オープンテラスのある平屋』が登場しました。

https://www.aidagroup.co.jp/order/view/22

開放感のあるリビングを中心とした間取りが特長の平屋です。

  • 室内から屋外へ、開放的なオープンサッシがつなげるリビングテラス
  • オシャレな勾配天井
  • 便利なシューズクローク
  • リビング学習&テレワークスペース
  • 防犯対策(防犯タイプのLow-E複層ガラス/玄関電子錠)
充実の設備はもちろん、完全自由設計のアイダ設計ならわが家にピッタリの間取りをイチから作ることもできます!


無駄がなく、“永く住む家”として人気の高い平屋住宅を多くの人に届けたい。

そんな思いから生まれたアイダ設計の平屋は、さまざまな世代に向けて独自調査を実施し、そこから導き出されたお客様の要望をもとにつくられました。

平屋に興味があったけれど、あきらめていた……という方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

間取りアイデアカタログを無料プレゼント


初めての家づくりは、分からないことも多く、自分たちで決めなくてはいけないこともあり困ってしまいますよね。

そんなときに役に立つ、間取りアイデア実例満載のカタログ『プランスタイルブック』(アイダ設計)を、今なら無料でダウンロードプレゼント中。さまざまな間取り図と写真、解説が付いていて、理想の住まいがイメージしやすくなるはずです。ぜひご活用ください!

無料ダウンロードができ、間取り図と写真・解説が付いているので、さらに理想の住まいがイメージしやすくなるはず!

在宅での仕事もはかどるリビングプライベートコーナー

明るいダイニングキッチンが叶う! 吹き抜け×オープンキッチンの間取りアイデア

カタログの申し込みは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

お問い合わせやご相談は無料。完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意です! 経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できますよ♪

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

「書庫のある家」を建てたい!本の保管、新築の際に気をつけることは?

2021.12.6

【動画あり】完全分離型から同居型まで! 二世帯住宅の間取り実例

2021.10.15

新築一戸建てに作りたい子どもの遊び場アイデア集

2021.10.11

新築マイホームで「小さなお教室」を開くなら考えておきたいこと

2021.9.17

狭小地や二世帯住宅にも人気!3階建ての注文住宅 間取りプラン

2021.9.13

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~スキップフロア編~

2021.8.16

この記事を書いた人

烏田千洋

編集・ライター
家の建て替えか、リフォームか迷いつつ情報収集の日々。憧れは、トリプルガラスの樹脂窓と、全自動おそうじ機能付きの換気扇、朝日の入る日当たりのよいお家! 趣味、園芸。日本のいいね!が、見つかるメディア『japonism』編集長