在宅ワークのための「ミニ書斎コーナー」のアイデア集

2021.04.30 地域ライターE
新型コロナウイルスの影響により、業務がリモートワークに切り替わったという方も多いですよね。

「緊急事態宣言中やコロナ禍に関係なく、今後は原則リモートワークになるらしい」

などなど、会社の業務形態自体が変化しているという方も増えているのではないでしょうか。

今や正社員としての勤務だけでなく、契約社員や派遣社員、業務請負の個人事業主まで、リモートワークで対応することが広く普及し始めています。

そこでお悩みに出てくるのが「家の中を快適なリモートワークスペースにしたい! 」ということ。


今回は「家族で暮らすファミリー向け物件」にお住まいで、家族とスペースを共有しながらリモートワークに取り組む方向けに、「在宅ワークのためのミニ書斎コーナー」や「リビングダイニングと兼ねたリモートワークスペース」を作るためのアイデアをご紹介します!


今の住まいにアイテムを追加して乗り切ろう!

まずは、「リモートワークに適した家に引っ越ししたいのはやまやまだけれど、家族と暮らしているから家ごと変えるのは難しい」という方向けのアイテムです。

毎日長時間になるリモートワークのストレスを軽減しましょう!

室内用防音パネルを使って静かにリモートワーク



家族と暮らすリモートワーカーにとって、一番のお悩みとなるのが「音」の問題。

特に、勤務時間中の大半を会議や打ち合わせ、リモート営業といった「Web会議システム」を利用して業務に対応する方にとっては死活問題。

  • リモートワークをする部屋の壁に「防音パネル」を利用する
  • 1畳程度の「組み立て式防音室」を利用する
  • 押し入れやウォークインクローゼットを書斎として改造する
できるだけ小さな空間に、吸音パネルを用意するだけで、音の問題は一気に軽減します。

ダイニングテーブルを使うなら「カッターマット」と「ワゴン」を使おう



意外と少なくないのが、「ダイニングテーブルを書斎代わりに利用している」というパターン。

  • 空調代節約のため
  • 一番明るい場所
  • Wi-Fiのモデムに近いためか、インターネット回線が一番安定する
  • ダイニングテーブルは広いので作業しやすい
といった理由で人気があります。

そこで気をつけたいのが、

  • ダイニングテーブルに傷がつく
  • 食事をしたいときにモノをどかしてと言われてもすぐに対応できない
というトラブルです。

PC作業以外に、書類を書いたりカッターなどの文房具を使う機会があるなら、「カッターマット」を用意しましょう。カッターマットはゴム製のため、筆記音の軽減にも効果があります。

また、素材と厚みがしっかりしているため、一時的な荷物移動にも下敷きとして使えます。書類や文具など仕事道具が多いという方は、キャスター付きのワゴンが収納に便利です。

一つだけ家具を購入するならちょっといい椅子


本当は照明にもこだわりたいし、ノートパソコンではなくワイドモニターのデスクトップパソコンを設置したいけれど、場所がない……。

大型デスクを設置するためのスペースをねん出するのは難しいことが多いですが、一つだけ「快適にリモートワークをするための投資」をするなら椅子がオススメです。

に横座りしたり、ベッドに腰かけて作業をしたりするのは体に大きな負担がかかります。きちんと体に合った椅子を選ぶことで負担も減りますし、仕事の効率も上がります。

無垢フローリングの床にビジネス用の椅子を置くと、ローラー部分で床に傷がつくのでは? と心配なら「チェアマット」の利用がオススメ。透明で目立たないタイプから、床になじむカラーリングのタイプまで、素材もサイズも豊富なうえ、値段も数千円程度と気軽に購入できます。


これから戸建てを建てるならこんな工夫も!


次に、「今から新築一戸建て依頼しようと思っている! 」というタイミングで、マイホームにミニ書斎を用意したい方向けのアイデアをご紹介します。

もちろん、敷地・部屋数に余裕があり、ゆったりと個室を書斎にできれば何よりですが、現実的には多くのご家で制約があるものです。

工夫できるところを取り入れて、お仕事スペースを確保してください!

寝室にロフトを用意する


注文住宅で戸建てを検討しているなら、自由度が比較的幅広い「高さ」を利用した工夫はいかがでしょうか。

屋根裏スペースを利用して、「寝室のベッドの上部」に140cm以下のロフトスペースを作り、掘りごたつのように足を延ばして座れるスペースを作れば、延べ床面積に算入されないミニ書斎スペースを作ることができます。

廊下にスタンディングデスクを作って運動部不足防止


リモートワーク最大のお悩みと言っていいのが「運動不足からくる体調不良」です。

運動不足防止のために最近オフィスでも人気が出始めているのが「スタンディングデスク」。立ったままPC作業ができる作業デスクです。

椅子とデスクをセットするよりも省スペースでの設置が可能で、廊下や個室の一角に「スタンディングスペース」として電源・照明・棚を用意しておくだけで作業スペースのできあがり!

家の中で夫婦ともリモートワークに対応する日がある、子どももリモート授業を受けるときがあるなど、複数の人が在宅する場合に「音声を出す場所」を分けることができるというメリットもあります。

庭にリモートワーク用のプレハブ小屋


仕事をするのに書類や荷物がかさばるし、できれば勤務期間中は一人でしっかり集中したい……という方なら、「家の中」ではなく「家の外」にプレハブ小屋を作ってしまうという手も。将来不要になった時の撤去も簡単ですよ!


 工夫次第で快適なリモートワーク空間!

リモートワークへのシフトが急速に進んでいる昨今、「家」はこれまで以上に長い時間、さまざまなことに取り組む場所になっています。

長時間取り組むことになるリモートワークは、なるべく快適に進めていきたいという方も大勢いらっしゃるでしょう。

今回ご紹介した工夫は、費用がかかるもの、かからないものと、さまざまですが、取り入れたらラクになりそう! と思ったものは、ぜひ積極的に採用してみてくださいね!

家づくりの間取りアイデアはアイダ設計におまかせ!


家づくりには、毎日の暮らしをもっと便利に&もっと楽しくするアイデアがたくさんあります。今なら、間取りアイデア実例満載のカタログ『プランスタイルブック』(アイダ設計)を無料でプレゼント!

アイデアと間取り図、写真が付いていて、さらに理想の住まいがイメージしやすくなるはず!

必要なモノの収納も可能! スタディスペース

在宅ワークにもぴったりなプライベートコーナー

家づくりを考えている方には、ぜひ手にとっていただきたいカタログとなっています。

申し込みはこちら、もしくは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります