将来、両親と同居するかも?同居を見据えた家づくりですべき工夫とは?

2021.03.29 地域ライターE
「今は元気な実家の父母。でも、いつかは手助けが必要だろうな……。」
「将来的に片方が残されたら、その時は実家を処分して一緒に住むつもり。」

家を建てる当初は同居が必要じゃないという場合でも、後々のことを考えたら「同居」という選択肢が出てきそう……というご家は多くありますよね。

3世代でリビングでくつろぐ
「今すぐではないけれど、将来的に親との同居を視野にいれている」ご家族が新築一戸建てを建てるときにしておくと将来役に立つ! というアドバイスを、すでに「後から同居」をはじめた先輩ご家族に聞いてきました!

これが悩みの種だった! を解決できること間違いなし! 経験者だからこそのアドバイスをぜひ参考にしてくださいね。


寝室とトイレの導線

トイレの手すり
年を重ねると、これまでとは少しずつ生活もかわっていってしまうものです。

そのなかでも、特に子世帯との差が大きいのが「睡眠時間の変化」と、「夜中にトイレに何回か起きるようになる」ということ。ヒートショック対策としても、足音で子世帯の睡眠を妨げないようにするためにも、親世帯の寝室とトイレの動線は近くしておきたいところです。

トイレや洗面、お風呂のような「水回りの配管」位置を後から変えようとする場合、リフォームでも高額になったり、設置そのものが難しかったりといったケースがあります。

「将来同居するかもしれないので用意しておこう」最優先の専用アイテムは、「トイレと洗面」です。三世代の完全同居ということを考えると、トイレと洗面はできるだけ共有ではなく、専用の場所を用意しておきたい最低限の設備となります。

  • 将来親世帯専用にする可能性があるトイレは、引き戸にしておく
  • 介助できるようスペースを広めにとる
  • 洗顔もできる洗面ボウルを用意
  • 一階の玄関近くに洗面スペースを確保して日常の手洗いとしてコロナ対策にも有効活用
などの工夫をしてみてはいかがでしょうか。


将来手すりを付ける準備

階段の手すり
高齢者が安全に家の中を歩けるようにするために必要な設備といえば「手すり」。

とはいえ、まだ同居をしていないという場合は当然無くても不自由は感じませんし、同居を始めてからもすぐに手すりが必要になるかというとそうでもないという場合もありますよね。

廊下に手すりを設置したら掃除の手間がかかりますし、通路も狭くなってしまいます。

そのため、将来を見越しての手すりの設置は必要はありません。

ただし、一つだけ準備しておくとよいことがあります。それは、手すりを取り付けるための「柱や補強材」をあらかじめ用意しておくことです。

家の壁は主に石こうボードと壁紙を、柱に打ち付けてとめています。手すりを取り付けるためには、石こうボードではなく同じように柱に取り付けなければなりません。このとき、柱と柱の間隔が広かったり間柱が細かったりすると、「補強材」を追加で工事しなければならなくなります。

「今は必要ないが、将来ここに手すりを付けるかもしれない」という場所に準備をしておけば、自分で安価に手すりを取り付けることも可能です。


「今の意見」を親に聞くのはオススメしない

「将来同居するかもしれないし、建築費用の頭金も親が助けてくれるのだから、希望をしっかり反映させてあげよう! 家づくりに参加してもらおう! 」と先走ることはオススメできません。

「今の要望」と「将来の要望」が、必ずしも一致するとは限りません。一度意見を聞いておけば、今後も自分たちの意見をすべて反映してくれることを期待してしまうものです。

あくまでも、家を建てるときの要望と今後必要になる可能性のあるものは分けて考えるようにしましょう。


光熱費や食費は「今から」記録を取っておく

家計簿をつける女性
「後から同居」でもめ事を引き起こしてしまいがちなのが、「同居に当たっての費用の分担」です。

「親子なんだから水臭いことをいうな」
「小食の父母が増えたくらいで、生活費がそんなに上がるわけはないだろう」

こんな考えは大きなトラブルのもと。

光熱費や食費については、「何がどれだけかかっているか」を、初めからしっかりと分けて計算できるようにしましょう。そのためには、「同居する前はいくらの光熱費・食費がかかっていたか」の記録を取っておくことが大切です。

これまで家計簿をつけていなかった方は、新居購入をきっかけに家計簿をつけて、記録に残しておく習慣をつけてみてはいかがでしょうか?


玄関を広めにとる

シューズクロークのサンプル画像
アイダ設計「プランスタイルブック」より

「靴の脱ぎ履きをするだけだし、玄関はできるだけ小さくしてシューズクロークの面積を増やしたい」

最近流行のシューズクロークですが、将来同居を考えているなら、玄関のたたきスペースは広めにとりましょう。

目安として「靴の脱ぎ履きをしやすいようにする椅子を置いてももう一人が出入りできる」「車いすの方向転換ができる」広さがあるとベストです。

「今はそこまで広いスペースは必要はないし、やっぱりシューズクロークが広い方がいいなあ……」ということであれば、シューズクロークとの仕切りをなくす、もしくはロールカーテンなど取り外ししやすいもので仕切る工夫で対応するという方法もありますよ。


すべてをパーフェクトに用意しようとしなくてOK

「新築戸建て購入をきっかけに、今すぐ同居することになった」というケースを別として、子世帯が「将来何かあったときのために」と考えて用意するなら、今の生活を犠牲にするような形で準備をする必要はありません。

その「いつか」が来たときにどのような環境が必要になるかは、誰にもわからないからです。

また、介護のための設備導入については、自治体からさまざまな補助が出ます。たとえば、玄関に車いす用のスペースをつけたり、介助用の手すりをつけたりといった設備は要介護度によって費用の9割について補助を受けることができます。

「将来に備えて」すべてをバリアフリーにすることで、日々の暮らしやすさが後回しになっては本末転倒。

「今できることで、大きなお金も必要なくて、ちょっと気を付けておくと便利かもしれないこと」。

こんな感覚で検討してみて! と、先輩たちからはメッセージをいただきました!


家族みんなが快適な家づくり!

将来のことを見据えて家づくりを進めていくと、気になってしまうのが「平屋」。

スペース的に難しいかなぁと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、間取りの工夫次第で過ごしやすく快適な家づくりが叶います!


アイダ設計では、開放感のあるリビング中心の間取りが特徴の平屋住宅が登場! さまざまな世代に向けて独自調査を実施し、そこから導き出されたお客様の要望をもとにつくられました。

また、今ならアイダ設計の間取りと暮らしのアイデアがもりだくさんのカタログ『プランスタイルブック』をプレゼント中!!

家づくりを考えている方には、ぜひ手にとっていただきたいカタログになっています。


キッチンや家事スペースのアイデアも盛りだくさん! 家づくりで知っておきたい工夫をまとめたカタログです

カタログの申し込みはこちらから、もしくは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

実際に暮らしてみると、どうなの?「二階リビング」のメリット・デメリット

2021.4.16

子ども専用コーナーはこう作る!キッズスペースのアイデア実例集

2021.4.7

後悔しない家を建てるために!プロに教わる「家づくりノート」の作り方

2021.3.24

子どもの夜間診療は必須!家の近くにあってよかった、いらなかった体験談

2021.3.12

ハウスメーカーの家づくり「オプション」手配自分でする?それとも同じ会社に発注する?

2021.2.20

注文住宅で家を建てるなら「玄関」こそこだわりたい! 間取りのアイデア

2021.2.19

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります