注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと【アイランドキッチン編】

2020.12.02 地域ライターE
賃貸住宅では、なかなか選ぶことができないキッチンのスタイル。

「好きなスタイルのキッチンがある家に住みたい! 」

注文住宅で家を買うとなると、特にそう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「アイランドキッチンはいちばんの憧れ! 」という方に参考になる、「アイランドキッチンにしたけど正直後悔しているポイントがあるのよ……」という、実感たっぷりの体験談を集めました!


新築一戸建てを建ててから気が付いた、ちょっとした後悔」をテーマに集めたお話のなかから、今回は「アイランドキッチン」についてのエピソードをご紹介します。

【家づくりでの後悔とは? 家づくりの先輩たちの体験談】


キッチンが丸見えで、お客様をお招きしにくい


郊外で駅から遠いということもあり、敷地面積には余裕があったわが家。リビングは大きくとって、ワンフロア30畳の広々空間になりました。

そこでインテリアコーディネーターさんにオススメされたのがアイランドキッチン。

「アイランドキッチンはスペースに余裕がないと難しいのでマンションや分譲戸建てには少ないけれど、家族とのコミュニケーションをとりながらキッチンにいられるし、料理しながらテレビを見たり、の景色も眺めたりできますよ」と素敵なアイランド型キッチンのパンフレットを見せてくれて。

予算は上がってしまったけれどせっかくの広い空間を活かしたくて、勧められるままアイランドキッチンに。とても素敵な空間になりました。

しかしわが家には「素敵空間を素敵じゃない空間」にする人間が……。

アイランドキッチンの周りは、導線確保のため収納はほとんどおけません。夫も子どもも、ダイニングテーブルから直接手が届くアイランドキッチンの天板スペースに、どんどん物を載せていくようになってしまって……。

それがオシャレでかわいいものならいいんですが、健康のための青汁やらダイエット酵素やらストレッチ用のゴムとか耳かきとか……(泣)だんだん私も水筒やお弁当小物といった毎日使うアイテムを出しっぱなしにするようになってしまいました。

“素敵空間”だったはずが、引っ越して2年でおばあちゃんの家の昭和な風景がアイランドキッチンに出現しています。家族全員、インテリアにこだわりがあってすっきりキレイに暮らしたい! という方にオススメしたいですね……。
(Aさん・大手ハウスメーカーに依頼して戸建てを建築後2年)


ダイニングテーブル代わりに使おうと思ったら……


料理が好きで、「熱いものは熱いうちに食べてもらいたい」タイプ。揚げたての天ぷらなんか、作ったものをどんどん食べてもらいたい! と思っていました。

そこで考えたのが、アイランドキッチンの一部をそのままダイニングテーブルにしてしまうスタイル。子どもが小さないうちは、食べている様子を見ながら後片付けを始められたりもして、キッチンとダイニングが一体になっているのは本当に便利だな、と感じました。

木製のダイニングテーブルと違って、水滴がついたグラスをそのまま置いてしまって輪染みができる心配もないですし、子どもがいくらこぼしても掃除もラクなのは本当に助かりましたね。

1点だけ後悔しているのが、「足入れ」が悪いことです。普通のテーブルなら、天板の下に「足」を入れるスペースがありますが、箱の状態なので、どうしても足を開くか体を斜めにしないとテーブルとの距離が離れてしまうんです。

長時間は座りにくいというのが正直なところ。収納は削っても、テーブルのように足を入れられる空間を作ればよかったと思っています。
(Bさん・中堅ハウスメーカーで注文住宅建築後1年)


導線をきちんと考えないと、「大回り」に


夫婦二人とも料理が大好き。さらに、わが家の子どもたちも小さいころから料理のお手伝いをしたり、お菓子を作ったりが好きだったので、大きくなっても一緒にキッチンに立てるように、アイランドキッチンを選びました。

実際、作業スペースとしては広いのでみんなで一緒に料理を作るときはとても便利なのですが、シンクの裏側にも天板を広げて奥行きを取ってしまったのは少しやりすぎだったかなと思っています。

というのも、アイランドキッチンなので反対側に回ろうとすると、左右どちらかにぐるっと回りこまないといけません。「島」が大きければそれだけ遠回り。特に掃除機をかけるときはコンセントを気にしないといけないのが面倒です。ついつい「大きいほうが」と考えたくなるのですが、「必要最小限」という考え方も大事だったかな……と反省しています。
(Cさん・地元建設会社で注文住宅を建築後5年)


存在感があるからこそ! 後悔しないキッチンを作ろう

水回りの配線や換気扇の配置など、壁付けのキッチンよりも費用がかさみがちなアイランドキッチン。

それだけにデザイン性が高く、「家の中心的なインテリア」としての存在感が光ります。思い入れが強くなりがちですが、毎日の家事や生活に不便があっては本末転倒。

「起こりがちな失敗事例」については検討段階で把握して、自分と家族が納得できるか確認しておきたいところです!


わが家の理想を後悔なく叶えよう!

自由設計による、注文住宅づくりが得意なハウスメーカーなら、キッチンから洗面所まで家事ラクを意識したこだわりの間取りを実現。もちろん、外壁もお客様の納得のいくものをご用意いたします。

たとえば、全国に展開するハウスメーカー・アイダ設計が提案するのが、家事をスムーズにする回遊動線。キッチンからパントリー、洗面所、バスルームへ一直線の動線に、回遊性もプラス!

ウォークスルーパントリーにキッチン側からも、洗面所側からも入れるために、活用方法がぐっと広がります。

キッチンからパントリー、洗面所、バスルームまで一直線で家事がしやすい

パントリーは可動棚。置くものによって高さが変えられます。室内干しスペースとしても利用可能で、湿気がこもらないよう、すべり近くと天井近くに設置されています

「A」のキッチンはオープンな対面型、「B」のパントリーは独立した部屋でリビング・ダイニングから目に入らない形に。玄関・洗面所側からもパントリーに入れて、買い物後の荷物置きもラクラク。パントリーをウォークスルーにしたことによって、回遊ができる間取りになっています

こんなアイデアが満載のカタログをダウンロードできます!


いま、こうしたアイデアがもりだくさんのカタログ『プランスタイルブック』をプレゼント中!!
家づくりを考えている方には、ぜひ手にとっていただきたいカタログになっています。


キッチンや家事スペースのアイデアも盛りだくさん!家づくりで知っておきたい工夫をまとめたカタログです

申し込みはこちら、もしくは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。

関連記事

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~中庭編~

2021.4.12

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと~二階リビング編~

2021.3.15

新築一戸建ての「キッチン」で後悔したことは?年間トップ10を発表!

2021.1.2

「新築一戸建てで後悔したこと」の年間トップ10を発表!先輩たちが後悔したことは?

2020.12.30

注文住宅で家づくり! 人気の「キッチンパントリー」間取りアイデア集

2020.11.26

注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと【カウンターキッチン編】

2020.11.20

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります