注文住宅・新築一戸建てで後悔したこと<ペットスペース編>

2021.01.22 地域ライターE
可愛いペットと楽しく暮らすために、家を建てるときはペットのためのスペースを作ってあげよう! という飼い主の方のために、ハウスメーカー各社でもペットと暮らすためのさまざまな設備を提案するプランも増えています。


とはいえ、「一戸建てを建てたら、念願だったペットを迎えよう」とお考えの「飼い主初心者」の方にはイメージがしにくい部分もあり、「せっかく高い予算を割いて作ったのに何も役に立たない」「人の暮らしが不便になってしまった……」という後悔パターンもあるようです。

新築一戸建てを建ててから気が付いた、ちょっとした後悔」シリーズ、今回は「ペットスペース」についてのご回答を集めました!


猫のトイレ、むしろリビングにした方がよかったかも


どんなに気をつけてブラッシングしたり、定期的にシャンプーしたりしても、トイレのにおいは臭いに決まっていますよね。なので、猫ちゃんの「トイレスペース」は洗面所を広めにとって、作り付けの収納棚の下段を専用スペースにすることにしました。

洗面所なら一日中換気扇もつけておけるし、洗面やお風呂も近いから洗い物もしやすいし、長時間いることもないから臭いも気になりにくいだろうし、トイレも近いから猫砂もながしやすいし……。と我ながらいいことを思いついたな! と思っていたのですが。

洗面所って、そんなに長い時間その場所にいる、ってことないじゃないですか。歯磨きしたり手を洗ったり、お風呂の後に着替えをしたりってせいぜい10分程度。なので、猫ちゃんがトイレを使っていることに気が付くのが遅くなるんです。

「猫のトイレはすぐにきれいにしてあげないと、猫のストレスになるし臭いもきついから気を付けてね! 」と子猫を譲ってもらった友人に聞いていたのに……。

回数は1日せいぜい3、4回程度なわけだし、トイレを使ってすぐに捨ててしまったほうが部屋に臭いもこもりません。むしろ、リビングの一角にトイレスペースを用意しておいたほうがすぐに気がついて片付けられてよかったのかもしれないと思っています。

一度覚えたトイレの場所を変えてしまうのもストレスということで、1日何回か無駄に洗面所に足を運んでチェックしています……。
(Aさん・個人の設計事務所に依頼し、戸建てを建築後2年)


自動水栓はよかったのか悪かったのか……?


「長く使うものだから、水回りは最新の設備をそろえておこう! 」と決めていたので、キッチンシンクも洗面所も「自動水栓」機能のあるタイプになりました。

便利なんですよ、とっても。でもうちの子たちにも便利な機能になっていて……。

猫ってもともと汲んでおいた水皿のお水を飲むのが嫌いな子がいるんですよね。毎回新しく汲みなおして~と催促してくる子もいるのですが、わが家の愛猫は自動水栓の使い方を覚えてしまいました……。器用に洗面ボウルのふちに立って、顔でセンサーのあたりをくるくるっと……流れる水を横から飲んでいます。

水汲みをしなくても勝手に飲んでくれると言えばいいのかもしれませんが、時々つるっと滑って体ごとびしょぬれに。落ちなくても長毛種なので首回りが濡れて冷たくなったのを私の足にこすりつけられてびっくりします。

これを知っていたら、わざわざお高い自動水栓にはしなかったですね……。
(Bさん・ハウスメーカーで自由設計プランの一戸建てをたてて2年)


多頭飼いをするなら、専用部屋を用意するべきだった


初めてゴールデンレトリーバーをわが家に迎えたのは7年前です。家の購入と同時にペットショップを訪ね、家族全員一目ぼれしてしまいました。

もともと犬を迎えようという気持ちはあったので、ガレージから直接入れる掃き出しがある部屋を、収納兼ケージスペースにしました。病院に行くのにもケージを使いますし、車へ乗せおろしをするのにも便利だったのでこのアイデアはよかったのですが……。

すっかりゴールデンレトリーバーの魅力にハマってしまい、「多頭飼い」に憧れるように。

しかし、多頭飼いの先輩に聞くと、後から子犬を迎えるならはじめは距離がとれるようにしてあげたほうがいいし、今ケージを置いている4畳半程度の広さに荷物も入った部屋では距離が近すぎる、と言われてしまいました。当時多頭飼いをするとは考えていませんでしたが、「犬小屋程度のスペースがあればよい」というイメージでスタートしてはいけませんね。
(Cさん・地元建設会社で注文住宅を建築後7年)


「音」「室温管理」「臭い」対策アイテムはたくさんあります!

「家族全員、動物が大好き! お世話の大変さも全く気にならない!」というご家ばかり……とはいきません。特に、ペットを初めて飼う人がひとりでも家族にいるなら、

  • 音(鳴き声や歩く音)
  • 室温管理(高くなりがちな光熱費、人間との適温の差)
  • 臭い(糞尿・吐き戻しなど排泄物、体臭や布製品につく臭い)
これらへの対策はしっかりと取り組んでおきたいものです。
特に、消臭効果の高い壁紙や、乾燥させずに室温を快適にできる暖房など、家を建ててしまった後に改めて導入するにはコストがかかるアイテムについてはしっかり検討しておくことをオススメします!

「ペットと一緒に暮らす家の工夫」について、さらに気になる方はこちらの記事もぜひご参考くださいね!

【インタビュー】DIYで進化する、無重力猫ミルコのお家の“これまで”と“これから”

犬と一緒に生活するならこんな家!~コーギー“ニナ”と暮らす家 vol.1


ペットも人も快適に過ごせる! 理想の住まいをご存じですか?


アイダ設計注文住宅「ブラーボ・ゼネクト」は、高気密・高断熱ながらも価格を抑えた住宅だということをご存じですか? もちろん、自由設計です。

北海道レベルの断熱性を実現した「ブラーボ・ゼネクト」は、エアコン1台で家全体の温度を保つことが可能。一度暖めた/冷やした空気の温度がしっかり保たれるため、ペットのいる部屋だけのエアコンを付けっ放しにする必要がなくなります。

ブラーボ・ゼネクトが誇る“断熱性”がどうして大切なのか。かわいい猫と一緒にご紹介しましょう。





いかがでしたか? ペットだけじゃなく、家族の健康のためにお家の断熱性はとても重要です。

「ブラーボ・ゼネクト」についてのより詳しい情報は、こちらのフォームから資料請求ができます。


アイダ設計のZEH注文住宅「ブラーボ・ゼネクト」について詳しく知りたい方はこちら

注文住宅なら、作り付けのキャットウォークや、キャットフードの収納スペース、猫トイレを設置するスペースなど、自由設計なら、はじめから想定してつくることができます。

完全自由設計の注文住宅というと、価格が気になるところ。
アイダ設計の注文住宅は、ローコストながら完全自由設計。20代で家を建てた方も多数います!

ペットのためのお家づくりはもちろん、ご家族の理想をすべて叶えることができます! ペットも家族も満足する家を、プロと一緒に作りませんか?

作り付けのキャットウォーク

家づくりを考えている方には、ぜひ手にとっていただきたいカタログとなっています。

申し込みはこちら、もしくは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

猫も人も心地いい。スッキリ、キレイな部屋で暮らすには?〜DIYで進化する“無重力猫ミルコ”のお家

2021.5.7

猫も人も喜ぶ「住まいのリスク対策」〜DIYで進化する“無重力猫ミルコ”のお家

2021.4.5

自宅でドッグラン!? ワンちゃんも飼い主さんも嬉しいお庭のひと工夫

2020.10.19

心置きなく猫がくつろげるテレビボード~DIYで進化する“無重力猫ミルコ”のお家

2019.11.25

キャットタワーな本棚完成!~DIYで進化する “無重力猫ミルコ”のお家

2019.2.20

ぬくもりのあるインテリアはクリスマスにぴったり~DIYで進化する “無重力猫ミルコ”のお家 特別編

2018.11.13

この記事を書いた人

地域ライターE

ライター
建築住宅不動産業界担当営業経験10年&旦那が宅建士&父が元造園業経営&義父が不動産業経営! インテリアも整理整頓も大好物のフリーライターがみなさんの家づくりのお手伝いのため取材に走ります