住宅展示場で見るべきポイントは? 【これだけは知っておきたい!マンガでわかる家づくり 第2回】

2020.10.28 ミヤギトオル
マイホームが欲しい! と思いたったが吉日。とはいえ、マイホーム購入は人生最大の買い物……決心したからといって、何から進めていこう? と悩んでしまう方がほとんどではないでしょうか。

そんな方たちのために、家づくりで一番大切なプランの決定までの過程をイラストで分かりやすく解説する連載です!

第2回で取り上げるのは、「住宅展示場見学」。情報収集後のステップとなります。


充分に情報収集をしたら、次はいよいよ気になったハウスメーカーモデルハウスの見学です!

実際にお家を見ると、ふわふわと楽しい気持ちになってしまいますが……気を引き締めて、チェックすべきポイントに目を光らせていきましょう!


いざ、住宅展示場へ! でも、どんなところに注目すべき?

順調にマイホームについての情報も集め、いよいよ住宅展示場に行くことにした太一さんと花さん夫婦。

モデルハウス見学で後悔しないためにも、下準備をするようです……。


Q. 早速、気になる会社の展示場に行ってみることに。どんなところに注目すればいい?


A. 事前に収集した情報通り、わが家らしい暮らしのできる家が実現きそうかをチェック!



住宅展示場での確認ポイント!
  • 断熱性や換気システムなど、ハウスメーカーごとの独自技術はもれなくチェック!
  • ハウスメーカーの特に重視するポイントを聞いてみよう
  • 設置されている収納が使いやすいか確認をしよう
  • 標準仕様かオプションかの確認は絶対に!

モデルハウスの見学は、実際に家を見ることができるチャンス! 有効活用していきたいですよね。 

どういったところに注目すると、“後悔しない家づくり”に近づくのか、早速ご紹介します!


気になるメーカーが最重要視するポイントとは?

当然のことながら、ハウスメーカーごとによって最重要視するポイントは異なります。

「完全自由設計で、わが家の要望をすべて叶えてくれる! 」
「とにかく安全が第一! デザインはもちろん、耐震性も信用できる! 」
「コスパ重視で、予算内なのに満足のいく家づくりができる! 」

などなど、押し出しているポイントはメーカーによって違うもの。実際に見てみたら、情報収集のときに感じた印象とちょっと違った……ということもあるでしょう。

ギャップを感じたままの家づくりは後悔する要素の一つ。どんなポイントを最重要視しているメーカーなのかの確認は、些細ながらも大切なポイントだといえます。

家のどんなところにこだわっている? 各ハウスメーカーの特性を聞いてみよう


これから何年も生活をしていくマイホーム。となると、「どれほど快適に過ごせる環境か」は特に重要な確認事項ですよね。

断熱性を重視している、換気のために風の通り道を意識した間取りを取り入れている、換気システムを導入しているなど、その特色はメーカーによってさまざま。そういった断熱性などの独自の技術を、標準仕様としている場合もあります。

アイダ設計ZEH住宅「ブラーボゼネクト」の玄関の天井部分に設置されている脱臭装置。「ナノイー」と呼ばれる微粒子イオンを放出することで、空間をクリーンにキープしてくれる。

家族みんなが快適に過ごせる家を作ってくれそう! と確信が持てるメーカーを、ぜひ探してくださいね。

展示場にいるスタッフさんは、お家づくりのプロです! 構造や素材について気になることはなんでも質問してみましょう。

作り付けの収納は使いやすい? 個性が出やすい収納スペースは細かくチェック!


玄関収納やウォークインクローゼットパントリーなど、とにかくさまざまな種類がある作り付けの収納スペース。

実は、メーカー各社の個性が出やすい場所だということをご存じですか?

たとえば、玄関収納。ウォークインタイプか、クロークボックスが設置されているタイプか。この2点だけでも、機能は大きく変わりますよね。

靴だけでなく、傘や趣味の用品などの収納が可能なウォークインタイプのシューズクローク。玄関先で上着の脱ぎ着ができるように、コート掛けを取り付けても便利(アイダ設計・鈴鹿モデル店)

ウォークインタイプだけ取り上げても、その種類はさまざまです。ジャケットを掛けておけたり、季節もののアイテム閉まっておくスペースを設けている場合も。

どんなふうに、どんなものを収納したいのか。そういったことも考えながら、収納スペースをチェックしてみてください。

標準仕様かオプションかの確認は絶対に!


モデルハウスを見ていくと、「わが家もこんな家に……! 」とウキウキしてくるものですが、モデルハウスはあくまで理想の集合体。

予算内で理想を叶える、わが家なりのベストを見つけるのが現実の家づくりです。

「わが家もこんな家を! 」と、モデルハウスのような家を建てることができると契約まで突っ走るのはとても危険です。

材質や設備などは、もしかしたらオプションである場合もあります。気になる部分は、すぐにオプションか標準仕様なのかを確認することを徹底してくださいね。


実際に見るからこそわかる! わからないことはその場で質問&解決

実際にモデルハウス等を見ると、いよいよ家づくりが始まった! という実感がわいてきますね。そこで浮かれてしまう気持ちは、グッと我慢!

モデルハウス見学では、家づくりで後悔しないためにも、集めた情報通り“わが家にとって理想的な家”を作ってくれそうなメーカーかを確認するための場所です。

メーカーの押し出しているポイントと、わが家の要望がしっかりとマッチしているか、住んでからの「こんなつもりじゃ……」を無くすためにも、念入りにチェックしてくださいね!

第3回では、「要望整理」について解説していきます。お楽しみに!


アイダ設計でプロと作る理想のわが家

初めての家づくり。分からないことが多く、理想の家を作ることができるかな……と不安な方もいらっしゃるでしょう。

不安が多い家づくりも、プロと一緒なら安心! 完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計は、わが家の理想を叶えてくれるお家づくりのアイデアがとても豊富です。

今なら、アイダ設計では毎日を過ごしやすくしてくれるさまざまな間取りアイデアが掲載されているカタログを無料でプレゼント中です!


キッチンや家事スペースのアイデアも盛りだくさん!家づくりで知っておきたい工夫をまとめたカタログです

カタログの申し込みはこちらから、もしくは記事下のフォームから。メールアドレスの登録だけで、カンタンにカタログのダウンロードができます。

完全自由設計の注文住宅をローコストで実現するアイダ設計なら、こうしたアイデアの提案が得意。経験豊富な設計士が一から図面を起こすので、さまざま工夫が敷地の面積や形にあった形で実現できます。

お問い合わせやご相談は無料。ぜひお気軽にこちらのフォームからご相談ください。

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。

  1. ①当社事業(不動産分譲事業、注文建築事業)等の営業活動における訪問、ダイレクトメール、電話、電子メールによる勧誘
  2. ②顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④アフターサービス、定期メンテナンスの為の工事委託
  5. ⑤保険媒介代理事業
  6. ⑥ローン媒介代理業務
  7. ⑦その他当社の事業に付帯・関連する事項

その他個人情報の取り扱いについては、当社HPにてご確認ください。
https://www.aidagroup.co.jp/company/info/privacy.html

関連記事

見積もりってどう見たらいいの? ~イラストで誰でも分かる家づくり 第6回

2021.1.20

注文住宅の家づくり、間取り図についての打ち合わせで重要なポイントとは?

2021.1.18

SIC、DENって?間取り図の略語・用語を徹底解説!

2021.1.15

ハウスメーカーの探し方のポイントは?~イラストで誰でも分かる家づくり 第5回

2020.12.23

予算計画のポイントをわかりやすく解説!~イラストで誰でも分かる家づくり 第4回

2020.11.25

どんな家にしたい?わが家の要望をまとめよう~イラストで誰でも分かる家づくり 第3回

2020.11.9

この記事を書いた人

ミヤギトオル

漫画家
主にウェブで活動中。コーヒーを淹れるのが得意。お仕事のご依頼募集中です!